マリばと!


2004年に同人サークルであるDKソフトウェア開発室から発売された 姉妹(スール)対戦格闘ゲーム。
2006年には続編である『マリばと!+プラス』も発売された。
今野緒雪の少女小説『マリア様がみてる』を原作としており、おのおのの技や絆(後述)を駆使して戦う。
独特のシステムと軽快なゲーム性からそこそこの人気を獲得した。

登場人物

  • 『マリばと!』
福沢祐巳小笠原祥子、水野蓉子、藤堂志摩子、佐藤聖、
島津由乃、支倉令、鳥居江利子

  • 『マリばと!』追加パッチ Ver2.0

  • 『マリばと!+プラス』
蟹名静、細川可南子、久保栞

もちろん、原作では剣道をやっている支倉令以外には戦闘経験などあるはずがないため、かなり格ゲー補正がかかっている。
その分魔改造されており、ハチャメチャ度合いでは『Eternal Fighter Zero』といい勝負である。

+  自重しない山百合会の面々+α

また、手製のCVもついており、なかなかよく合っていて楽しめる。

システム

キャラクターは小さめで『The Queen of Heart』ぐらいのサイズしかないが、
ほぼ全員に空中ダッシュと2段ジャンプが搭載されているため、かなりスピーディ。
その他はかなり簡素であり、覚醒やガードキャンセルなどの細かいシステムはほとんどない。
せいぜい
  • ダウン後の1回のみの追い打ち可能
  • 吹き飛ばし攻撃はジャンプキャンセル可能
ぐらいである。
ガードを崩せる技も 投げ技以外存在しない ため、後述のシステムと合わせて、上級者同士だとかなりの長期戦になることもある。
必殺技ゲージは9本と多めだが、消費も激しいためあまり多用できない。

姉妹システム

このゲームが 「姉妹(スール)対戦格闘ゲーム」 と呼ばれる最大の理由が、このシステムである。
対戦する際に、キャラクターを 2人 選び、チームとするのである。
チームは2人とも同時に画面上に存在し、片方を操作し (アクティブ) 、もう片方は後ろについてくる (パートナー)
基本的に当たり判定はアクティブのみが持ち、パートナーは当たり判定を持たない。
また、パートナーの位置にいると少しずつ体力が回復していく(ただし赤い部分まで)。

それぞれのチームは必殺技ゲージ以外に「姉妹ゲージ」を持ち、消費してワンボタンでアクティブとパートナーを入れ替えられる。
ゲージは自然に回復していくが、 スールだったり仲良しだったりすると回復が速くなる
この交代は 食らい判定の途中だろうが超必殺技の発動中であろうが交代可能
そのため、交代した相手にカットされるので、コンボを決めるのが非常に難しくなっている。
ただし交代しても少しの間は当たり判定が残ってしまうため、即座に無敵になれるわけではない。
また、超必殺技にはタメや持続時間の長い技が多いため、発動→即交代で同時攻撃を仕掛けることも可能。

ダイヤグラム

何人か強めのキャラはいるが、人によって違うためあまりあてにならない。
そもそも2人一組が前提になる上に組み合わせも重要なため、ダイヤグラムを作る意味があまり無かったりする。
それにダイヤグラムを作れるほど有名なゲームじゃry

MUGENでは

何人かキャラクターが製作されているが、さすがに姉妹システムを搭載するのは難しいのか、
ストライカーを大量に呼び出す人間弾幕スタイルとして作られているものが多い。
まあ、原作どおりに作ると全員セシリアみたいになってしまうから仕方ないのだが。

最後に

長々と語ったが、現物を見た方が速いと思うので、一つ置いておく。

添付ファイル