セーラージュピター




「しびれるくらい後悔させるよ!」


年齢:14〜16歳
身長:172.5〜175cm
誕生日:12月5日
誕生石:トルコ石
星座:射手座
血液型:O型
好きな色:ピンク
好きな食べ物:チェリーパイ、ミートローフ
苦手な食べ物:なし
好きな教科:家庭科
苦手な教科:物理
趣味:バーゲン
特技:料理
嫌いなもの:飛行機(両親を亡くしたトラウマによる)
将来の夢:お嫁さん、ケーキ屋さん、花屋さん



武内直子の少女漫画『美少女戦士セーラームーン』の登場人物。木星を守護星に持つ、雷と勇気のセーラー戦士。
担当声優は旧アニメ版では篠原恵美氏、リメイク版『美少女戦士セーラームーンCrystal』では小清水亜美氏。
実写版では安座間美優氏が演じた。

本名は「木野 まこと」(きの-)。
「まこと」と言ってもこいつらに追い回されている男でも土佐弁の空手少女でもCCOでも悪戯レベルの復讐を繰り返してる子でも喧嘩百段のごっつい漢でもアイドルでもない。
ないのだが…身長も高くて喧嘩も強く、喋る言葉も男言葉、そして夕立の中麻布十番(シリーズの舞台)にやってくる原作初登場シーンのクールさもあって
一見すると怖い人に見える。
だが実際は心優しく、上記の趣味や夢でわかるように女の子女の子している。
…というか結構生活感にじみ出過ぎなんだがこの娘。

過去に失恋しており、その影響か非常にほれっぽい性格である。
…のだが、惚れる理由はことごとく『先輩に似ている』という点だけだったりする。
どう見ても共通点がなさそうな男達なのだが、とにかく○○が似ているらしい。

アニメ31話で セーラーマーキュリーのスカートの中を覗いて赤面する』 というシーンがあったため、
この二人のカップリングは同人方面での定番となっている。

戦士としての能力は、強力なを使った技がメインになっている。
さらには格闘戦も得意であり、セーラーチームの中でも荒事担当である。
とにかく近距離・遠距離どちらでも非常に高い破壊力を誇る。

……とまあ、「気は優しくて力持ち」を地で行くキャラクターであるため、当時の子供達からの人気は今ひとつ低かったのは否めない。
「高い身長」「大人びた容姿」「パワー系キャラ」など、1990年代のアニメ的流行に背を向けたキャラクター性から
当時の『大きいお友達』(大友)からの人気も奮わなかったのも否定できない。

また、原作者から強いプッシュが行われていたセーラーヴィーナス
当時の大友からの人気がぶっちぎりでトップだったセーラーマーキュリー、
フェティッシュなキャラデザインがマーキュリーとはまた別のファン層を掴んでいたセーラーマーズと異なり、
強くプッシュしてくれる層が居なかったのも災いしたのかもしれない。

戦闘においても「セーラームーンを活躍させなければならない」という演出上の要請から良くて牽制役、
最悪噛ませとしての役割が割り振られる事が多かったのもその傾向に拍車をかけていたかもしれない。

その結果、子供向け商品ではちびうさとの、
同人業界ではセーラーマーキュリーとの抱き合わせカップリングが多数を占めるという結果に……
もちろんどちらがメインかは言うまでもない。

……お前らそんなにロリがいいのか畜生ッ!(血涙)

…と、ここまで書くと全く人気がなかったのかといえば、実のところそこまで無いという訳でもない。
言うなれば、上記にある「アニメ的流行から背を向けたキャラ性」というのを好む層がおり、
また趣味や特技が家庭的なものなので、ここから母性本能を感じるという事でのファンが居たりした。
…まあ結果はそれだけの「狭いゾーン」にはまる大友の支持、とも言えるのだが。
こういった「ボーイッシュなルックス+家庭的な性格」のキャラがより広範囲な支持を得るのは2000年代に入ってからである。

+ 余談



MUGENでは

格闘ゲームをはじめとしてかなり多くのゲームに出演しているが、
アーケードの横スクロールアクションのドットとアニメーションカットインを使用し、SFC格ゲーの技を搭載したものがサクラカ氏によって公開されている。
投げ技が多く、攻撃力が非常に高いため接近戦でアグレッシブに戦っていける。
超必殺技「シュープリームサンダー」は、ダメージもさることながらヒットすると 防御力が半分になってしまう ため、
追撃を入れられると恐ろしいことになってしまう。
なお、氏の他のセーラー戦士同様、超必殺技発動時の5種のカットインアニメは全てアーケードのものである。

また、サクラカ氏のものを元にAkagiK氏が改変したキャラクターも公開されている。
こちらは各種技の性能変更だけでなく、チェーンコンボやガードキャンセル等の追加システム搭載、カットインのスキップ機能付加など大幅に手を加えられている。
AIは搭載されていないが、HEESEY氏による外部AIが公開されている。
+ システム・技紹介

また、Poshpsylocke氏の「Sailor Moon X」のものも確認されている。
「Sailor Moon X」の例に漏れず、必殺技の威力がかなり高い。
現在は氏のウェブサイトからMUGENのコンテンツが無くなっている。

kamekaze氏のものも確認されており、こちらはmugen1.0専用。

過去には他にも、Kamek氏によるSFC版仕様のもあったが、氏のサイトが消失した模様。

出場大会

更新停止中


添付ファイル