ロック系必殺技

始動の技をヒットさせると相手を一定時間固定して攻撃するタイプの必殺技。「 ロック技 」とも言う。
ロック・ハワードロックマンやロック・リーは勿論、ロックミュージックとも関係ない。
龍虎乱舞に代表される乱舞系の必殺技が判りやすい例。
また、MUGENの場合は投げ技全般もこれに分類され、総称して「 ステート奪取技 」「 ステートを奪う攻撃 」などと呼ばれたりもする。

このロック系必殺技、作者によっていくつか種類があり、大まかに別けると
  • ヒットした瞬間に自分・相手を共に固定して攻撃を当てる演出を決める演出型
    例:NAO&M.氏のAKOFレオナのアルティメットストームなど
  • ヒットしたら当たり判定を残しつつ拘束し、次々に技を当てていく連続技型
    例:Tatsu氏のSVCダンの必勝無頼拳など
の2種類が存在する。
ちなみに後者は厳密にはロック系乱舞ではなく突進乱舞技(突進技の延長として技を複数回繰り出す)と呼ばれる部類の技である。

後者は一寸したことでカス当たりになる事が多いため、確実性を取る場合前者のほうが多い。
また、演出型でも自分に喰らい判定が残る・自分と相手の双方に喰らい判定が残る・相手に喰らい判定が残る・演出中に攻撃判定が残ったまま
など、やはり技や作者にとって様々である。
シングルでは相打ちにでもならない限りあまり問題ないのだが、
タッグだと上記の性質によってはダメージが跳ね上がったり演出がズレてしまったりなど色々と妙な現象が起きたり与えたりする。

例をあげると
  • 敵に喰らい判定が残るロック系必殺技を当てた後、演出中に相方が吹き飛ばす技を敵に当てたことでロックが外れて一人乱舞
  • 敵に喰らい判定が残るロック系必殺技を当てた後、演出中に相方が一撃でダウンするが複数回判定が出る必殺技をヒットさせ、結果複数ヒットによる大ダメージを与える
  • 自分に喰らい判定の残るロック系の必殺技を当てた後、敵の相方が演出中に自分を攻撃したため自分の演出は中断されたのに相手は喰らいポーズをとりっぱなし
  • ロック系必殺技の演出中に喰らい状態になった敵の相方を巻き込む
といった物である。
タッグ動画で何か妙な現象が起きた場合、まずこのロック系の必殺技絡みで妙なことになってないか確認してみると良いだろう。

+ 「ステート奪取」とは?