安栖頼子





      「やだやだもうやだぁ!

             家に帰ろうよ、ミケぇ!」
初出作品: アルカナハート
格闘スタイル: 趣味の魔術とミケの暴力
出身地: 国籍:日本/現住所:杉並区高円寺
誕生日: 6月24日(かに座、14歳)
身長: 149cm
体重: 44kg
スリーサイズ: B84 W59 H89
血液型: A型
好きなもの: 今川焼き(こしあん)、焼き芋
趣味: 古本屋巡り
苦手なもの: フレンチクルーラー (恨めしい)
特技: 魔術
家族構成: 祖父、祖母、父、母、姉、妹、弟×2
得意な科目: 世界史、美術
苦手な科目: 音楽
所属(学年、部活): 都立御苑女学園中等部2年A組 図書委員(旧図書館準備室の主)
キャッチコピー: 「自称魔王と哀れなオカルトマニア
関連キャラクター: リリカ - クラリーチェ



アルカナハートに登場するキャラクター。『やすずみ・よりこ』と読む。決して『安西(あんざい)』ではない。 バスケがしたいです……
担当声優は、頼子→伊月ゆい女史 ミケ→永野善一氏。
永野善一氏についてはストⅣエドモンド本田役等で格ゲー、MUGEN界隈では有名だろうか。
初代ドラマCD収録の際は唯一男性声優だったためにハーレム状態だった。
(なお現在はマーリンクロマシアスドロシーの仲間達、カズと男性声優が演じるサブキャラも増えている)

 見た目は、赤渕のメガネを掛けた赤毛で三つ網の髪形をしている極々一般的な少女。
 服装は、御苑女学院の制服の上にセーターを着て、
 マントと大きな鍔の有る尖がり帽子を身に着けている。
 頼子自身は、内気でオドオドした性格をしているが、
 自他共に認めるオカルトマニアであり、
 その手のよくわからない雑誌を3冊買うほどのマニア。
 しかし、最近は小遣いの大半がミケの好物である
 フレンチクルーラー代に消えてしまうため、金銭面で苦労している。
 基本的に気弱な為に行動力が伴わず、普段からミケに振り回されて手を焼いている。
 図書委員をしており、「旧図書準備室の主」と呼ばれるほどにまで入り浸って居る。

可能な限りトラブルを避ける性格だが、『2』では「聖霊庁秘蔵のマジックアイテムから好きなもの1つ」という報酬に釣られ、自ら積極的に動いている。
この時のやる気の入りようは相当なもので、ストーリーモード中での会話でもその点を指摘するものが度々ある。

リリカとは馬が合うのか仲が良く親友同士。ただし、召喚術に細工をされるなど、些細な悪戯をされている。
不完全な形とはいえ自称魔王のミケを召喚し、その助けを得て魔のアルカナ「ディウー・モール」と契約する等、潜在的な魔力はかなりのもの。
キャサリン京橋をもって「ホンマの化けモン」と言わしめるほどの聖霊力も有しており、御苑女学園内で最大クラスなんだとか。
しかし持て余している面が大きいためか、はぁとが「稀代の聖女」とされるような特別な扱いは受けていない。
(漫画版だと「赤い髪の聖女」という情報だけ得ている聖霊庁のシスターにはぁとと間違えられ、捕まりそうにある場面はあったが)

ちなみに、初代では美凰春日舞織ミルドレッド・アヴァロンに次ぐ戦闘力を持ち、
リリカからはセクハラまがいの事を言われている(まがいと言うより、本当に親父臭いことを言っている)。

ミケについて

自称魔王の悪魔(聖霊)で、本名はミケランジェロ

頼子が簡単な使い魔を召喚しようとした時、リリカのいたずらで勝手に魔王級の魔物を呼び出す術式に変えられてしまったために召喚されてしまう。
しかも、頼子の召喚術が不完全なものだったために杖のような姿になってしまった。本人としては不本意のようだが適応し、それなりに楽しんでいるらしい。
普段は黒猫の姿に擬態しており、戦闘時には頼子の身に着けているマントと帽子になる。
魔王を自称するだけあって、元は聖霊界の「魔界」と呼ばれるエリアにおける三大勢力の一翼を担っていた人物。
数十年前に神依と戦ったことがあり、その戦いで弱ったところを、春日舞織の母によって
当時の環境省境界維持対策本部の地下施設(現在の都立御苑女学園の地下)に封じられ、厳重な監視下に置かれてしまっていた。
リリカの父ライゼルとも親交があり、彼が人間界に行った事で興味を示し、暇つぶしとして頼子の呼びかけに応じた結果がこれである。

成り行きとは言え、契約を結んだ頼子を引きずり回し、自由奔放にさまざまな場所へ赴く。
好物はフレンチクルーラーで、頼子の小遣いを勝手に使い込んでは食べてしまう。
『2』でミケに用意された報酬はフレンチクルーラー1年分。ちなみに、頼子の技名はすべてミケが命名している。
+ そして(ネタバレ?注意)

振り回し回されてはいるものの、決して2人の仲は悪いわけではなくミケは頼子の素質を信じている。

「あの…ミケ、多分そんなに悪くないですよ?」
「すっ、少しは悪いのか!?おい、頼子!?」


キャラクター性能

全体的にリーチが長く中距離戦を得意とする。

特徴的なのはコマンド成立後に魔方陣を描き(↑↙↗↖↘↑(他3通りあり)で五芒星を描く)、
一定時間さまざまな技を強化する「古のタリズマン(通称「儀式」)」である。
ただ初代や『FULL!』の頃はただでさえ潰されやすいのに、相手のアルカナによっては見てから潰すのが非常に容易で最弱キャラとも言われ、冬の時代が続いた。

しかし、『2』になってから「儀式入力中相手の動きが止まる」「儀式成立時に吹き飛ばし判定&長い無敵が付く」
と非常に優秀でその名の通り、安全に儀式を成立させられる「古のタリズマンを安全に作る方法(通称「安全儀式」)」というゲージ技が搭載され、
彼女の冬の時代は終わりを告げた。
…と思いきや、今度はこれを利用した『儀式強化→強化中にゲージが溜まる→再び儀式強化→以下略』という常時強化戦法が非常に強く、
というか強くなりすぎてしまい、安易に対戦では使いにくくなってしまうという頼子使用者にとっては悲しい事態に。
(現在ではゲージ効率が見直され、ある程度のテクニックが必要となったため以前ほど猛威は振るっていない)
ちなみに通常の儀式の方も確定状況などが増えたため、初代の頃に比べればかなり使いやすくなったと言える。
また、通常の儀式の方が強化時間は長いため、ゲージのことも考えて出来る限り普通の儀式を狙った方がいいだろう。

また、「安全儀式」の驚異的なところは、もちろん儀式成立のしやすさにもあるのだが、
上記にもあるような儀式成立時の吹き飛ばし&無敵という追加効果(ちなみにこれ自体は通常の儀式成立にも存在する)である。
この作品は起き攻めが非常に苛烈であり、ダウン時は如何に相手の起き攻めを凌ぐかが重要である。
しかし頼子はリバサでこの技を使うだけでその起き攻めを一方的に拒否でき、仕切りなおしに出来るばかりか
儀式強化状態にまで入れるという至れり尽くせりな状況にすることができるのである。
とはいえ、ゲーム全体では比較的入力が甘いものの、その中において特筆するほどの入力精度が試される儀式入力が安定することが大前提だが……
とにかく彼女を使う上では如何に儀式を成立させるか、または儀式失敗時のフォローを如何にするかが重要である。

『3』では「ゲージがあらかじめ溜めた最高値まで常時自動回復する」という仕様上、ラウンドが進めば
『2』無印以上の超ゲージ効率となってしまうためか、「安全儀式」の仕様が前述のものから「一定ダメージ分の攻撃を無効化する結界を張る」というものに弱体化。
その代わりに儀式の成立パターンが星形の他に簡易パターン、通称「三角儀式」が追加された。
この三角儀式は効果時間は短くなるものの画数が少ないので圧倒的に簡易に、そして短時間で成立させることが出来るために強引にねらえる場面が増えている。
さらに入力の難易度が低いので儀式によって初心者にとっては若干高めになっていた頼子の敷居を低くしている。
ランクとしてはかなりの強キャラ。
通常技が判定は弱いもののリーチがあり、突進は儀式成立前もなかなかの高性能など儀式がなくとも最上位キャラとも十分立ち回れる。
ただ、無敵技や崩しのバリエーションなど物足りない部分は確実に存在するのでやはり安定して勝つには儀式は必須と言える。
色々とマニアックなため人口が少ないので、わからん殺しが多発することも特徴。


契約アルカナは魔のアルカナ『ディウー・モール』
多くの人の首をはねることに快楽を得、生きがいを感じていた処刑人の男がやがて異端とされ、
自らが首を刎ねられることになり、死後その純粋すぎる狂気故に高次の存在となった。
ギーァ同様、「純粋」が負のベクトルに働いても高次の存在になれるという例示である。
まったくもってはぁとふるではないが何、気にすることは無い
本来は頼子に呼び出す事が出来るような相手ではないが、顔見知りだったミケに呼び出され無理やり契約を結ばされた。頼子の魔力と引き換えに力を貸している。
頼子は人間としては桁違いの魔力を持っており「彼女ならいつかディウー・モールを手なずけることができる」とミケは信じている。
ちなみにこれまでに登場した契約アルカナの人型系では、唯一の男性モチーフ。骸骨だが。
(単に男性であるというならオホツチも該当する。)

トリッキー型のアルカナで相手を毒状態にできる技や自分や他人の位置に干渉する技が特徴。
体力とゲージをじわりじわりと減らす「毒」を付加する溜め攻撃や「アンプワゾネ」(ただし、一定時間の経過や相手の攻撃を受けると効果が切れる)。
瞬時に相手の背後や頭上にワープできる「デシリュール」や、自分と相手の位置を入れ替える超必殺技「ミルワール」を持ち、使いこなすことが出来れば、他のアルカナには不可能なコンボや立ち回りを可能とする。
全体的に癖が強いのと能力補正もパッとしないため、人を選ぶようにも見える。
だが毒の効果が拘束時間の長いコンボと非常に相性がよく、補正がいまいちでも火力は十分。
極論を言ってしまえば『毒を付加してコンボさえ出来る』のであれば、それだけでも地味に強力なので汎用性はかなり高い。
また、のような他の見栄えの良い独特のコンボが大抵補正などの関係で魅せコンになるのに対して、
ミルワールを利用したミルワコンはかなり実用的かつ非常に見栄えが良いなど、実はなかなかの強アルカナに分類される。

その中でも特に5Bから確定で毒付加効果付きの溜め打ち上げ攻撃が入り、さらにその後もコンボを継続できるきら様との相性は非常に良い。
特にミルワールを利用し、事実上コンボにフライングアルマゲドンを組み込んでしまう「確定フラマゲ連携」は一度に6割~7割程の体力を奪い去っていく
相対するプレイヤーにとっては魔きら様は「恐怖の魔王」以外の何者でもないだろう。さすがきら様は本当に頭の良いお方

『すごカナ』では悪名高きミルワールバグがあったが、2.6になって修正された……と思ったら、残っていたらしい。あれ?
現在、『3』ではえこのクリティカルハート(カズくん巨大化)の暗転にあわせてミルワールを発動させると無限に巨大化するバグが発見されている。
更に、アルカナブレイズを絡めた永久まで発見された。
これほどまでにバグが多いのはある意味ディウー・モールの設定とマッチしてる気がしないでもない。

実は、頼子対策として使われることが多いアルカナ。
これは儀式を見てからミルワールを使うことにより打ち上げ後だろうが強化儀式だろうがどんな状況でも儀式を中断させることができるため。
相手が魔を選択した場合、ゲージを一時的に減少させる以外儀式を使う意味はなく常時通常状態で立ち回ることを要求される。
+ 判明している永久


MUGENにおける安栖頼子

  • うる氏製 MVCアレンジ仕様
サムスピ風このはなどでおなじみのうる氏によって作られたのがこの頼子である。
当然アルカナシステムは搭載されておらず、アルカナ技は「魔」のものが通常の必殺技・超必殺技扱いになっている。
また原作にはない飛び道具を持っていたり、全体的にゲームスピードが早いのでプレイヤー操作時は原作と同じ感覚で使えない点に注意しよう。
5ゲージを消費する「ディウー・モールご乱心」は全画面判定だが味方にもあたってしまう
性能的にはMUGENアルカナ勢の中では上位クラスの強さに入る。

fdec氏、発破氏、君麻呂氏によってAIパッチが作成されている。
また第2回エルクゥ未満作品別チームトーナメントにおいて、うp主が作ったAIが公開されている。
このAIはすごいビーム脳で相手によってはビーム連発だけで封殺可能である。

  • 布団氏製 原作再現版
2012年3月25日に公開された、犬若なずなも作成している布団氏の頼子である。
基本的には2仕様だが、一部3の仕様も入っている。
今のところアルカナは魔の他が搭載(魔はランクール、聖はアルカナブレイズが未搭載)。
も搭載されているが、なずなと同じく未完成。
また特殊カラーも搭載されており、
11Pで各ゲージ常時MAX・『3』仕様の「三角儀式」解禁、12Pでさらに諸々のステータスが向上する。

AIパッチもなずなと同じく紅炎氏のものが、奇しくも誕生日の6月24日に公開された。
レベル設定をはじめ、ガード関連のレベル、『儀式』/『安定儀式』の使用率、アルカナの設定も可能。
ガードレベルを上げる簡易学習モードも起動する。
アルカナは現時点では『愛』のみに対応。設定はしていないが『時』でも動くことは可能とのこと。
設定次第だが、デフォで強前後のクラス相手に一歩も引かない試合を展開してくれる。
スタートこそ低調ではあるが、ゲージが3以上溜まり出すと『安全儀式』を発動させて怒涛の追い上げを開始する。
こうなるとガードの固いAIや、喰らい抜けガードキャンセル・無敵抜け…等の切り返しがないキャラは 地上にいるとミケに削られ
不用意に空中に跳ぶともろに連続ドリル突進(『降り注ぐ魔界の報復』×n)の餌食となる。
たとえ追い詰めても 例によって『安全儀式』でリバサ されるため、最後の最後まで油断ができない。
CPUが『安全儀式』を容赦しなくなった結果がこれだよっ!


余談だが、初代アルカナハート勢で最後にmugen入りを果たしたキャラだった。
(非PCボスキャラのミルドレッドよりも遅かった)
ただこれは通常攻撃のスプライトが頼子とミケで別々だったり
超必の仕様が特殊だったりして再現が難しいというのが理由としては大きいためであった。


「ミケ、頑張ろうね。」

出場大会

+ ...

プレイヤー操作


出演ストーリー