スカポン


「じまんのおわらいロボじゃ。たさいなわざがみりょくじゃぞ。」

任天堂がファミコンで出したロボット格闘ゲーム『ジョイメカファイト』に登場するキャラクター。
同作品の主人公であり、リトル・イーモン博士によってお笑い用に作られたロボット。
楕円を組み合わせたシンプルなフォルムにピンク色の外見、1ドットの点目と愛らしい容姿をしている。
本作のオープニングではホノオのような顔つきで目が大きく眉毛が生えていた。

ゲーム開始時点ではカンサイへ修行に行っていたが、イーモン博士の共同研究者のイワン・ワルナッチ博士が
研究所のロボット7体を全て連れて行き、世界征服に乗り出したため、イーモン博士によって呼び戻され、戦闘用ロボットとして改造された
基がお笑い用のため、技もどこかユーモラスなものが多い。つまり主人公(笑)ならぬ主人公(お笑い)。
名前の由来はおそらく「スカポンタン」。

敵に上位互換スカポカーンが居る。

ちなみにスマブラシリーズへの参戦が打診されていたのだが、
当時は「オトナの事情」により登場することはできなかった。
一時は桜井氏も「あきらめてください」と言うほどだったが、
X製作中に著作権問題が解決されたため辛うじてシールとしてのみ出演することができた。
今後のスマブラでの出番に期待がかかる。

主人公にも関わらず主力技が溜めコマンド昇龍拳に代替する技を持たないなど性能的にはあまりスタンダードではない。
移動速度が遅いが間合いは長く、 自分の頭と同形状 の飛び道具「トンデケー」を持つため、立ち回りにはそれほど困らない。
突進技である「ローリングスカ」は追加コマンドで軌道や威力が変わり、赤く点滅する最長コマンドのものはイーロボ中最大の攻撃力を誇るが、その分初心者には扱いにくいかもしれない。


MUGENにおけるスカポン

とけい氏のスカポン
「ローリングスカ」が一部アレンジされており、赤点滅のローリングスカがランダムの大ダメージを与える上に、
たまに相手を気絶させる仕様になっている。
ただし、対空版のローリングスカが搭載されていない。
また、勝利するとBGMと共に原作エンディングでのダンスを踊ってくれる。
クモ氏によってAIパッチが作成されていたが、YAHOO!ブリーフケース終了で入手不可。

山辺氏のスカポン
基本的には原作再現だが、スタートボタンを押しながら決定することで
性能や必殺技等が同作のボコボコホウオウのものに変化する。
全バージョン対応のAIを搭載していたが、現在はスカポンのAIでのみ動作するようだ。裏キャラカラーだとバグでナゲだけ変化する。
現在ダウンロード出来るスカポンはver1.0用の記述になっており、そのままでは旧mugenでは動かない。
旧mugenで使う場合はdefファイルのSt0をskapon.-2_hiに、st1をjmf.cnsに書き換えてあげよう。

址乃マツリ氏のD4スカポン
上記の山辺氏のスカポンを参考にして作成されたD4仕様のスカポン。
モーションは元のFCグラフィックに負けず劣らずの滑らかさで完成度は高い。
操作が4ボタン式(弱強パンチ+弱強キック)になっており、それに伴って新しい通常技も追加されている。
他にも二段ジャンプや超必殺技が使えるなどといった格ゲー風味のアレンジが施されている。
2016年4月のフリーティケットシアター終了によるリンク切れで現在入手不可。

デフォルトでAIは搭載されていないものの、5%オフ氏による外部AIが公開されている。


他にも、たまご寒天氏の「スイカポン」、まいたけ氏の「MC翡翠」、Hohei氏作成の「セキポンキ」というキャラが存在。
ただし前者は公開先のブログ及びMediafire解約により現在入手不可。


出場大会

凍結

出演ストーリー