マルコ・ロドリゲス



「見たか、極限流!」


格闘スタイル: 極限流空手
出身地: ブラジル
誕生日: 9月4日
身長: 183cm
体重: 91kg
血液型: A型
好きなもの: 修行用の丸太小屋
趣味: 絵本を読むこと(ディズニーの話はいつ見ても泣ける)
大切なもの: 黒帯、看板
好きな食べ物: チキンカレー、ラッキョウ、焼き鳥
嫌いなもの: ゴキブリ
特技: 裁縫
得意スポーツ: 砲丸投げ

餓狼MOWに登場する空手家。海外名は「Khushnood Butt」(同名のサッカー審判との混同を避ける為)。
モデルは漫画 『空手バカ一代』 のウイリー・ウイリアムズと思われる。
若い頃サウスタウンの極限流道場に挑戦するも、リョウ・サカザキに大敗。そこで極限流の奥深さに感動し、極限流に入門する。
現在は極限流ブラジル支部門下生で、師範直々に師範代に任命されている。その実力は折り紙付き。
極限流総帥のリョウ・サカザキをして「例え百獣の王でも奴の前では猫になるだろう」と言わしめ、
「黒きビースト」の異名で広く知られている。

EDでは、師匠にKOFの優勝報告に行ったところ、
リョウの山篭り中に道場の看板が奪われてしまい、門下生も一人になってしまったことが発覚。
リョウが山から帰るまでに看板を取り返すため、道場破りを探しに飛び出していく…
という、やはり続編を意識した内容だった(道場破りとして怪しいのは牙刀の父だが…)。
…が、本項冒頭のマルコの勝利ポーズを見てわかる通り、看板はマルコ自身が持ち歩いてるじゃねーかという
ツッコミ所があったりもする。

一言で言うと、濃い
カインに「脳まで筋肉で出来ている」などと言われるなど筋金入りの脳筋だが、実力は高い。
実際にストーリーではグリフォンマスクをトリと思って本当に食おうともした。
旧SNK公式サイトのキャラクター相関図では弱肉強食の間柄とされている。
(実はそのグリフォンとは声優が同じ花田光氏である)
一方でボス二人に勝利したときの評価では、カイン曰く「(一見馬鹿に見えるが)素晴らしい漢」、
グラント曰く「すごい漢」と、大絶賛されている。
北斗丸の勝利メッセージ「子供は寝る時間なり! 大人はムフフの時間なり!」など、
無駄に濃い外見と中身とのギャップが密かに人気。
プロフィールに書かれている修行用の丸太小屋がマルコステージであり、鉄球等の原始的な装置が見れる。
一体どんな修行してんだこいつ。
尚、試合前の演出で道着を着た熊と組み手をしている様子があり、
試合中も動物達が固唾を飲んで見守っている事から、リョウの言葉もあながち間違いではないだろう。
見守ってる動物の中にはもいる。早く逃げろ!間に合わなくなっても知らんぞ!

なお、極限流空手使いとして餓狼シリーズに正式出演したのはマルコだけ。
餓狼SPのリョウはあくまでドリームマッチのゲスト参戦だし。 なに?餓狼WA?あ~聞こえんなぁ
ギースと並んで龍虎シリーズと餓狼シリーズの橋渡しをしている、何気に重要なキャラだったりする。

その他『KOF MIA』ではリョウが溝口の事を「顔の濃さはマルコと良い勝負」と評していた。
また、二代目Mr.KARATEのバックストーリーでは極限流道場を訪ねたテリーに無理矢理試合を申し込んで負けてしまい、
それを聞いたリョウから「俺が帰ったら特訓」と言われてしまった。

MOWでの性能

極限流らしく、虎煌拳、虎咆、飛燕疾風脚、覇王翔吼拳、そして龍虎乱舞が一通り揃っている。
ただし虎煌拳の隙が大きく虎咆に一切無敵時間がないため、波動昇龍の戦法は使えない。
虎咆の判定は強いためできなくもないが、空振った時が悲惨。

その実態はMOWでも有数のガン攻めキャラ。
虎咆はブレーキング対応技であり、ブレーキングすると追撃が入る。ここから虎煌拳や超必殺技の極限虎咆に繋ぐのがダメージソース。
更に虎咆はジャンプ攻撃、小足、そしてMOW最強の中段である極限肘からノーキャンセルで繋がるため狙う機会が多い。
虎煌拳の威力が非常に高いため、基本連続技の威力はMOWでも1,2を争う。

他にも珍しい「移動する当て身技」である上段払い、下段払いを持つ。当て身成功時追撃可能で、発生がそれぞれ2F、3F。
更に当て身部分以外も上段(下段)が無敵になる、ゲージが溜まる、上下モーションが同じ、投げ無敵付加可能など、当て身技としては破格の性能を持つ。
守勢での暴れや、逆に暴れ防止に使える高性能技である。

超必殺技も性能がよく、覇王翔吼拳は通常版だと受身不能バグ(仕様とも)を用いて虎砲カウンターから追い打ちで当てる等の芸当が可能で、潜在版に至っては発生8Fと過去シリーズの覇王翔吼拳の中でも抜群に発生が速く長い無敵もあり、
様々な場面で確定状況がある。主に上段/下段払い後など、少し間合いが離れた時の追撃などに使う。
また虎咆の強化版である極限虎咆は発生0Fなので虎咆BRからの追撃に。無敵もあるのでリバサや対空にも。
画面端かつTOP中なら近D→弱虎砲BR→弱飛燕疾風脚→超秘極限虎砲で体力を半分以上吹っ飛ばす。

隠し潜在能力である龍虎乱舞はリョウやロバートが使う物とは性能が違い、ロックしない乱舞技となっている。
この技は山崎のドリルのように、暗転中にボタンを連打することでLv1からLv4へと性能が変化する。
Lv3までは発生0Fであり、主な場面は削り殺し。なんとガードしていても 強制ガードクラッシュで2割5分 持っていく。
Lv4は発生3Fと遅くなるが、威力が激増するうえ空中の相手にフルヒットするため、虎咆や上段払い後の大ダメージが欲しい時に用いる。
余談だが、乱舞発動の暗転の際に叫ぶ「ひっさーつ!」というボイスが「ピッカーン!」聞こえるため、
自分で効果音を叫びながら突進するというなかなかマヌケな状況に見えたりする。

これらの技の性質から、攻めた時がとにかく強い。
特に中下段の二択から全く同じリターンが取れるため、起き攻めだけで殺し切ることも可能である。
爆発力だけならMOWでもトップ3に入るだろう。

弱点は、「弱攻撃に一切キャンセルがかからない」という致命的な欠陥が存在すること。
一応弱攻撃連射キャンセルを空キャンするという難易度の高い入力でごまかせるが。
他に牽制技がいまいち使えなかったり、ジャンプ攻撃や中下段ヒットからのダメージは大きいが牽制ヒット確認からのダメージが低かったりと、
相手にペースを握られると途端にもろくなるところも難しい。
この辺の事情で、牽制技が強いカインキム兄弟牙刀、爆発力や体力の差の関係でケビンにはどうしても不利がつく。
以前グラントも辛いと言われていたが、ジャンプに合わせて上段払いを振っていくだけでかなりのプレッシャーになるうえに、
グラントが実質中下段2択でダメージを取りにくいため、ワンチャンで逆転を狙える事が分かり5:5~6:4なのでは?という声もある。
ダイヤグラム的には中の下程度だが、4強と2準強が強すぎるだけであって十分戦えるキャラに仕上がっている。




「ワシのカラテはまだまだ未熟…

 されど心は錦ゴイ!」

MUGENでのマルコ・ロドリゲス


  • M.M.R.氏製作 餓狼MOW仕様
現在は入手不能。高い再現度を誇り「龍の教え」(極限流連舞拳)と「虎の教え」(極限流連舞脚)、
3ゲージ技「真覇王吼孔拳」「真極限虎咆」が追加されている。
T.O.P.位置は選択したカラーによって変わるようになっている。
DOS時代のキャラのためポートレートが色化けしているのと、
なぜかデフォルトのlifeが1200、attackが165になっている点に注意。
(Projectileのダメージに関するDOS版とWin版の仕様の違いのせいで、
Win版で使用すると真覇王翔吼拳フルヒットでTOP中でなくとも即死する)

  • Thedge氏製作 KOFアレンジ
ディスプレイネームが、海外名の「Kushnood」になっている。
SEやスプライト、技の性能やコマンドなど、全面的にKOFの極限流キャラ風にアレンジされている。
龍虎乱舞は1ゲージ版がロック式、2ゲージ版がMOW風の連打式。
また2ゲージ当て身技「龍虎断払い」が追加されている。 こちらも完成度は高い。

  • kn氏製作 餓狼MOW仕様
MOWキャラに定評のあるkn氏が新たに作成したマルコ。
攻撃判定やフレーム数など殆どの面で原作再現で、例によって抜群の完成度。
なぜか大ポトレは別のマルコになっているが、sffファイルの中に本人のものも登録されているので安心。
AIは誠治氏によるものが公開されている。
ジャストディフェンス確率やTOP位置も変更できるよう作られている。

時々、通常投げの頭突きで相手が異様な方向に飛んでいく現象が起こるが
marco_n.cns内の[State 810, turn 2]を探し、
[State 810, turn 2]
type = TargetFacing
trigger1 = time = 0    ←この行を削除すると修正できる。
trigger1 = !var(2)
value = -1

  • R@CE AKIR@氏製作 CVSアレンジ
MUGEN1.0専用。
2013年8月13日に公開されたマルコ。
海外製だがディスプレイネームは「Khushnood Butt」ではなく「Marco」になっている。
簡易ながらよく動くAIもデフォで搭載されており、めちゃくちゃ強い。
「Infinite Fighting Forum」という海外サイトで公開されている。


「これぞ極限流! 絶対無敵のコブシだッ!」


出場大会

更新停止中
凍結

出演ストーリー