暴走アルクェイド









「称えなさい・・・あの禍々しい朱い月を・・・!」

性別:女性
身長:167cm
体重:52kg
スリーサイズ:88・55・85
種族:吸血鬼(真祖)
クラス:堕ちた真祖(魔王)
主武装:空想具現化、吸血衝動

プロフィール

MELTY BLOOD』シリーズに登場するキャラクター。
その名の通り吸血衝動を抑えきれずに暴走、凶暴化したアルクェイドの姿だが、
本人ではなく何らかの原因(大抵タタリだが)で具現化された、いわゆる偽者。
声優はアルクェイドと同じ柚木涼香女史。


『MELTY BLOOD』の無印では志貴の記憶と会いたくないという感情や、
街に広がる噂に相応しい「吸血鬼」をタタリが投影したモノとして、
『Re ACT』ではアルクェイドの吸血衝動を元に白レンが具現化したモノとして、
『Act Cadenza』では吸血衝動の一部が空想具現化により一人歩きしだした影として、
『Actress Again』では『Re ACT』同様吸血衝動を元にオシリスによって具現化されたモノとして登場する、

天真爛漫なアルクェイドとは対照的に非常に凶暴かつ残忍な性格。
知性はアルクェイドと同程度にあるのだが、人のカタチをしたもの全てを殺害対象としている等、
七夜志貴同様殺しだけが目的であり、『殺すために殺す』だけの存在。

アルクェイド同様高い身体能力と空想具現化能力を持つが、
タタリが汲み出せる力の限界で、肉体のスペックの3割程度の力しか出せない。
(つまり、吸血衝動の抑制に70%の力を回しているために通常は30%までの力しか出せないアルクェイドと同レベル)
ACでの空想具現化で現れた暴走アルクェイドも本人曰く「自分が100人いても本物には及ばない」とか。
ただしアルクェイドのような正常な真祖のように、
吸血衝動の抑制に力を使う必要も、星からの出力制限もなく、
ただの人間にも容赦なく力を行使できるためか、通常の戦闘力では特に見劣りはしない。

無印メルブラでは三咲町に空想具現化にして固有結界である『千年城』を創り出したりもしている。

正式名称は暴走アルクェイドだが、スタッフ内では「悪いアルクェイド」略してワルクェイドという名称で呼ばれており、ファン内でもその呼び名が定着している。
ちなみに『Act Cadenza』以降の英語表記は「Red Arcueid」。それ以前はアルクェイドと同じ「Arcueid Brunestud」だった。
通称は主に「ワルク」「イカ姐さん*1 そのある意味表情豊かな顔グラフィックから「顔芸姫」とも。


上記のように脳内も言動もぶっ飛びまくっているのだが、
一部のファンでは 萌えキャラ扱い されている。
いわく「普通のアルクより エロかわいい 」らしい。
どういうことなの・・・

+ だがしかし

参考動画


ゲーム中の性能

暴走系のお約束として攻撃面の強さが光り、
攻撃力および火力はもとよりパワー型であったアルクェイドを上回る。
防御力はやや低めに設定されているが致命的なレベルではない。

発生が早い(4F)上に判定が強く「神の空中B」の異名をとるJBや、
相殺判定がつき空中コンボの締めにも役立つJ2C(通称「キャベツ」)など、
空中戦を主体とする同シリーズでは重要な空対空の性能に優れている。
そしてワルクにとって最も重要とされる、大きな赤い輪を放つ飛び道具「アルトシューレ」(通称「イカリング」)。
地上でも空中でも出せるが、空中版は豪鬼の「斬空波動拳」のごとく斜め下に飛ぶ飛び道具で、
発生の早いA版と一瞬停止して本体がやや後ろに下がるB版とがあり、牽制力が高く非常に使い勝手が良い。
これの使い方でプレイヤーの力量が量られると言っても過言ではない。
EX版も受身不能で本体に攻撃判定が出るのでコンボの締めに役立つ。

地上においては中距離以遠の牽制に便利なA版「アルトシューレ」、
発生が早く奇襲にも切り返しにも使える移動技「ヴァイス・カッツェ」、
空中ガード不能の対空技「アルトネーゲル」(通称「ゆとりウォール」)のほか、
見切りにくい中段技であるBE版B、とやはり優秀なものがそろっている。

リバーサルには動作中完全無敵のEX版「アルトネーゲル」のほか、
移動中無敵で空中ガード不能の打撃投げ「カルスト・イェーガー」が強力。
特に後者は後ろに投げ飛ばされた相手が画面端でバウンドするので、
画面端を背負った状態で出せばそのまま拾って空中コンボにもっていき、体力をごっそり奪っていける。

下方向に強い技が無いことや薄めの装甲を鑑みても実力はトップクラス。
『Act Cadenza Ver.A』では二強の一角(一説によると最強)とされ、
『Ver.B2』でも六強と呼ばれる上位陣の中に収まっている。

しかし、アークドライブである『プルート・ディ・シュヴェスタァ』の性能はというと、
空想具現化で生み出した月を落とすというスケールのでかい技なのだが、
攻撃判定が出るまでに 4秒近い タイムラグが存在する上に、
発生から終了まで高笑いしたまま盛大に隙だらけになる
『Act Cadenza』でこの仕様は修正され、発動後に動けるようにはなったが、
一番の問題は一発でも攻撃を食らうと技が消えるということ。
発動直後も隙が大きいままで、高い威力と仕様がかみ合わないぶっちゃけロマン技
まぁ、暴走アルクは全面的に優秀な技多いうえに、
メルブラの攻撃系のゲージ周りはEXエッジに持っていくことが多いので別談問題もないのだが・・・。

最新版『Actress Again』ではよく考えた立ち回りが必要とされているが、
注意さえすれば本来の強さが発揮できる。特にフルムーンスタイルの固めは非常に強力。
またハーフムーンスタイルでは、まさかの運送技が追加されていたりする。

参考動画


MUGENにおける暴走アルクェイド

⑨氏製作のものととま氏製作のものが有名だろうか。

  • ⑨氏製作の「暴走アルクェイド」
『Ver.B』の暴走アルクェイドをほぼそのまま再現している他、
オリジナル技「プルート・レーゲン」が独自に追加されている。
これは一回のコンボ中に同じ技を使えないという制限を解除する技。
氏も説明書で「バランスブレイカー」と明記しているだけあり、
同梱のAIではレベルに関わらず使用してくることは無い。
気になる方は実際にプレイして確かめてみよう。
現在はMBAA仕様に移行したため公開停止になっており、2011年12月1日以降の動画での使用は禁止されている。
(12月1日より前に開かれた大会での継続使用は許可されている)

  • ⑨氏製作の「暴走アルクェイド」(AA版)
同じく⑨氏により『Actress Again』の再現を目差して作られたワルク。
各種スタイルもきっちり再現されており、しかも固有システム・基本行動・必殺技のそれぞれがスタイルを選択できるようになっている。
ゲーム中の性能の項目でも触れているように運送技が新しく搭載されているため、また新たな枠での動画出演が予想される。
だが、2012年3月13日の更新でmugen1.0専用になった。

また、某ロダにて匿名の方によるAI(winmugen版用とmugen1.0版用)が公開されている。

  • とま氏製作の「暴走アルクェイド」
『Re ACT FT』をベースにシールドカウンターなどを追加している。
初期の動画でよく見られ、『Re ACT』そのままの勝利画面が印象的。
旧版準拠ゆえ高火力で、妙にシールドの上手いAIも搭載しているが、
少々コンボ精度が甘かったり、前述の「プルート・ディ・シュヴェスタァ」をぶっぱなしたりする。
AIレベルによってはゲージ自動回復や常時MAXなどの効果もつく。
なお、来焔眞氏が製作および更新を引き継いでいたが、iswebライトのサービス終了に伴い、現在は入手不可能。
…に見えるが実はDLページは残っているので氏の他キャラと同じく アドレス指定 でDL可能である。

  • 柏木すみたろう氏製作の「ワルクェイド」
初代『MELTY BLOOD』をベースとして様々なアレンジを加えられたもの。
無印版ベースのためか他2人のワルクと比べ非常に動きがもっさりしている。
ロマンキャンセル、サイクバーストなどGUILTY GEARのシステムが取り込まれており、を模したオリジナル技も持っている。
無印性能ゆえか、コンボ補正や逆根性値もほとんどないようで、1コンボの火力が凄まじいことになっている。
AIも搭載されており、ムラが激しいが勢いにのった時の爆発力は絶大。
ただ動作の遅さの問題で、コンボゲー出身のキャラには立ち回り面で完封され為す術なくやられることも。
氏のサイトが閉鎖されたため現在は正規の手順で手に入れる事は不可能。

  • シオン好きの名無し氏製作 React仕様
制作理由は現状まともに手に入るワルクがいないんで作ってみようと思ったからしい。
デフォルトAIは未搭載だが、shao氏によるAIが公開されている。AIレベル、ガードレベル、原作に近づける性能改変スイッチなどが設定できる。

他にも、ラファエルアルマロスを製作したみかえる(石)氏が改変した「Cruelty Blood Arcueid」が存在する(現在ZIRU氏のサイトで代理公開中)。

「あはははははははは!さあ今度はアナタの番よ志貴!
わたしと同じように、バラバラになってから蘇ってみせてよね……!」


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結

出演ストーリー


*1
これは上記のイカリングと呼ばれる技が強みである事と、
勝利セリフの中に「どうなってるのよ、軽く撫でただけで裂きイカになるなんて、貴方何様だっていうの!」
という、理不尽かつ不可解であると共にインパクトの強いものがあった事からなにかとイカのイメージがついてまわっていたため。