ジャン=ピエール・ポルナレフ

『我が名はJ=P・ポルナレフ』

『我が妹の魂の名誉のために!』

『我が友アヴドゥルの心の安らぎのために…』

『この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる!!』


プロフィール

名前:ジャン=ピエール・ポルナレフ(Jean Pierre Polnareff)
国籍:フランス
星座:射手座
血液型:AB
髪の色:シルバーブロンド
瞳の色:ブルー
家族構成:なし(3年前まで妹がいた)
身長:185cm(髪の毛込みで193cm)
体重:78kg
趣味:スポーツなら何でも
好きな映画:『がんばれベアーズ』
好きな色:黄金色(ゴールド)
好きな女の子のタイプ:その時の気分
スタンド:銀の戦車(シルバーチャリオッツ)
性格:
彼は退屈でコツコツやることは時間の無駄と考えている。
たとえ危険を冒してでも近道を選び夢はどこまでも追求する。
なにごともズバッと率直に行動し思ったことは正直に話す。
だから、自惚れが強く融通のきかない奴と他人に思われることがある。
しかし、彼と目的が一致した場合、これほど心強い味方はいない(原作16巻より)。

ジョジョの奇妙な冒険』第三部『スターダスト・クルセイダース』(旧題:大いなる未来への遺産)に登場したスタンド使い
第五部のクライマックスにも重要人物として登場している。
濃い美形担当ナルシストのイタリア男スライムナイトとは関係ない。
勿論『ジョイメカファイト』の没キャラとも無関係。

愛称はポル、ポルポル君、カメナレフなど。
花京院典明同様、額にDIO肉の芽を埋め込まれ、敵として香港でジョースター一行の前に現れた。
(OVAではストレングス内部にて、ジョースター一行の撃破と引き換えに情報を得るために登場し肉の芽は埋め込まれてない)
タイガーバームガーデンでのブ男との戦いの後、空条承太郎により肉の芽がなくなってにくめないヤツになった。
3年ほど前、最愛の妹シェリーを謎の両右手の男に殺されており、その仇を探し旅をするうちにDIOと出会い、
まだ見ぬ仇への復讐心に付け込まれたことで部下となった*1という事情を自身の口から語り、
承太郎らのエジプトへの旅に同行することを一人で勝手に決めたのであった。

各種媒体の担当声優は、後述する格闘ゲームでは同作のアレッシーも演じている垂木勉氏、
OVA版では森功至氏、ドラマCD版では山口健氏、5部ゲー『黄金の旋風』では根岸朗氏、『オールスターバトル』では平田広明氏
TVアニメ版では洋画吹き替え等でお馴染みの小松史法氏が、アレッシーに子供にされた時は
『スーパーストリートファイターIV』『ストリートファイター X 鉄拳』のいぶき
機動戦士ガンダムUC』のオードリー・バーン等を演じた他、スケベな少年役にも定評のある藤村歩氏が演じた。

+ キャラ設定

+ スタンド「銀の戦車(シルバー・チャリオッツ)」

+ あ…ありのまま 今起こった事を話すぜ!

+ なにを お探しかね?


ゲーム『ジョジョの奇妙な冒険』でのポルナレフ

武器持ちなのでリーチと判定に優れ、その上発生が全体的に早く、さらにコンボがよく繋がる。
多分ヴァニラに次ぐコンボゲーキャラ。ただし一撃一撃が軽いので火力に乏しい
でも突進技の「レイダーツ」でコンボ→レイダーツ→ダッシュでループできちゃったりするのであまり問題にはならなかったり。
また、本体モード中の強力な崩し技「シューティングスター」でのガード不能連携や回り込みでガード方向撹乱など崩しもやっかい。
対空も近~中距離では「アーマーテイクオフ」、密着時の昇り中段等にはタンデムで斬り上げを単発で出したりとゲージさえあれば万全。
遠距離での奇襲や牽制として「ラストショット」もあり、元々のゲージ回収率の高さも加えて器用に立ちまわることが可能。
ダイヤグラムでは承太郎と同じくらい、もしくはやや上位に位置づけられている。

ちなみに←タメ↓タメの技を持っているが、同じカプコン作なのでおそらく狙ってやっているのだろう。
(攻略本では「猛スピードを再現しつつゲームバランスを取るためにタメ技にした」との説明がある)

そして忘れてはならないのが『未来への遺産』で追加された3ゲージ消費の
レクイエムの片鱗』だろう。
シルバー・チャリオッツに「矢」(スタンド能力者を更なる可能性へと導く)が刺さり
その直後謎の空間が広がり、広がりきると発動。
第五部に登場した「シルバーチャリオッツ・レクイエム」が現れ、相手を眠らせる。
眠っている間は無防備なので追撃可能。
なんと相手が暗黒空間だろうと問答無用で眠らせる。
時よ止まれッ!と似たような技だが、ダメージ補正がかからないのでリターンはこちらの方が大きいことも。
発生は非常に遅く対人戦ではまず決まらない。スタープラチナ・ザ・ワールドと同じく魅せ技である。
だがこの技こそ彼の真髄、遠方から油断している相手の不意を衝いて使うのも良いだろう。

この「矢」のエピソードは当時連載中だった第五部のものであり、非常にタイムリーな追加技であった。
また、勝ちセリフに五部を意識した「未来で会おう!イタリアで…」というセリフが追加されていたりする。
これに対し『黄金の旋風』のポルナレフとディアボロの戦いでは本作のポルナレフのテーマが重厚なオーケストラアレンジで流れるというファン泣かせの心憎い演出を見せてくれる。
チャリオッツ・レクイエムのテーマにもアーケードモードの対戦前デモシーンのBGMが使われている。
カプコンのジョジョに対する愛の深さが感じられる。
アレンジ http://www.nicovideo.jp/watch/sm12974563 原曲 http://www.nicovideo.jp/watch/sm15638115


参考動画 http://www.nicovideo.jp/watch/sm1763638

「ブラボー!おお…ブラボー!!」


おまけ 発生確率256分の1(=0.390625%)の出来事 http://www.nicovideo.jp/watch/sm3785301


MUGENでのポルナレフ

  • 出雲氏作
基本的に原作再現だが遠隔操作はなし。オリジナルの当身技も入ってたりする。
また『レクイエムの片鱗』は原作通りヴァニラ・アイスの暗黒空間でも眠らせることができる(MUGENの仕様上100%というわけではないようだが)。
場合によっては狂、神キャラクラスでも眠らせられるため使いようによっては大きい武器となるだろう。
…まあ上記のキャラ性能にもあるとおり所詮ロマン技なのだが。
またこの技、タッグ時だと味方まで眠らせてしまう無差別技でもある。但しダメージなどは無いので実害はほぼない。
どうでもいいが、この技でスレイヤーポパイ等のキャラを眠らせると、本当に眠っているように見えてしまう。
現在は保管ロダ「MUGEN補完用アーカイブ」にて代理公開されている。

AIも欅氏によるパッチが公開されている。コンボルートの追加や立ち回り修正など、結構頻繁に更新されている。
壁際では強力なコンボを狙ってきてかなりの強さを持っている。
ただし上記のレイダーツループは封印してるようで若干火力不足気味。
だがデムで補えるレベルではあるし、あくまでも「ジョジョの上位キャラ的に」であり1ゲージ6割とかできちゃったりするが。

また某所にて早くもOVA版・CD版・5部ゲー版・ うろジョジョ 版ボイスパッチが公開されている。

  • HealTheWorld氏作
車椅子に乗り、眼帯を付けた5部版のポルナレフ。
基本的には通常のポルナレフと変わらないが、ミリオンスピットがコマンド技に変化、強攻撃で矢を使うなど細かい部分が変更されている。
AIは欅氏のものを改変したものが搭載されている模様。
2014年には「レクイエムの片鱗」の動作が無敵化され、更に新技「レクイエムの真価」、「俺っていつもそうだ」を搭載して再公開された。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24828603

  • にまめ氏作
2012年1月28日に公開された。出雲氏のポルナレフの改変であり、より原作再現を目指したものとなっている。
更新でデフォルトAIが搭載され、オリジナルの2ゲージ技として『黄金の旋風』のスタンドシュートが追加された。
また、オッサン氏によりうろジョジョパッチが公開されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20660888

なお、アレッシーによって子供化させられた状態のポルナレフ「ポルナレフ・ボーイ」もMUGENキャラとして製作、公開されていた。
製作者はパッパラパー氏。
ただし、こちらはSkyDrive解約で入手不可。

「今のおれには悲しみで泣いている時間なんてないぜ」

        痛みはあるが気にしたりヘコたれてるヒマはねーーー」

「傷ついた体でも勇気がわいてくる

                                『正しい事の白』の中に俺はいるッ!」



出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ 一覧

*1
DIOが明らかにザ・ワールドでないイバラ型のスタンドを見せるシーンの一つ。
ファンの間で何かと物議をかもしたが、後に公式で一応の説明がなされている

*2
ちなみに2014年のTVアニメ版においては、 ポルナレフの方がガイルっぽくなる事態 が起きた。
サムネをご覧の通りである。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24142346

*3
勘違いされがちだが、妹が殺害されたのは3年前の事なので、10年近く続けたという訓練の動機はその事件とは関係が無い。
結局その後理由が語られることは無かったため、事情は今でも不明なままである。
対アレッシー戦でも判るとおりスタンド能力自体は子供の頃からあったので、それを制御するために修行していたと言う可能性も十分考えられる。
というか昔の夢は漫画家とか言ったりするような男なので、どこまで本気なのかよく分からない。