脳噛ネウロ


「この『謎』はもう、我が輩の舌の上だ」

週間少年ジャンプで連載されていた漫画『魔人探偵脳噛ネウロ』の主人公。「のうがみ-」。
アニメ版の声優は作者の師匠の漫画でも主人公を演じていた子安武人氏。
以前から似ていると言われていたエディっぽい声である。
人の悪意に住み着くエネルギー「謎」を唯一の食糧とする魔人で、元々住んでいた魔界で「謎」を食べ尽くしてしまったため人間界にやってきた。
なるべく地上で目立たないように最初に嗅ぎ付けた事件の関係者であった桂木弥子を探偵に仕立て上げ、
自分は「助手」として猫を被って『謎』喰い(なぞとき)のために活動する。

素の一人称は「我が輩」。ただし助手としての皮を被る際には「僕」と称し、態度も極めて礼儀正しくなる。
嫌いなものは何故かカピバラ(魔界のカピバラは都庁並のサイズ)。
名前の由来は作中で触れられているとおり「神経」を意味する「ニューロン (Neuron)」のもじりである。



推理材料を探したり犯人役を黙らせたりするために「魔界777ツ能力(まかいななつどうぐ)」という能力を使ったり、
そうでなくても卓越した頭脳と、頑丈な肉体ドS精神で向かうところ敵無しかと思われるが、
魔人にとっての酸素である「瘴気」が人間界では皆無のため、最強状態から徐々に弱体化しており
劇中の大事件において幾度か死の寸前まで追い込まれている。

実際魔界でもかなり力のある魔人であり、設定や弱体化が進んでいなかった時の描写によると
  • 銃弾を瞬きして受け止めた(かすり傷一つ受けていなかった)
  • 一億度の業火にも耐える(ただしプラス人肌程度で限界)
  • 光速並のスピードで行動できる(魔界のラジオ体操はプログラムが兆ぐらい多く、これらを5分で終わらせるため、おのずと手足が光速で動けるようになる)
  • 体が切れてもその場でくっつく
  • 核爆弾でも殺せない

頭脳の方も「謎解きに必要とあらばどんな難解な学問でも即習得する」「複雑極まりないなセキュリティプログラムもものの数分で理解し破る」等、
文武両道でチートというとんでもない完璧超人ぶり。
とまぁトンでもない化け物なのだが前述した通り弱体化が激しく、物語が進むにつれ普通の銃で負傷したり、
再生能力が魔力の低下でカバーできなくなり吐血したりと普通の人間にどんどん近づいていった。(それでも人外の領域だが)
ただ人間界に来るまでの経緯などは断片的にしか語られるのみに留まっており、「かなり上位の魔人」との事らしいがその正体には謎が多い。

しかしそういった性格と能力を持つが故か、常に他人は目下であり、目線がそもそも違うため極端にデリカシーが無く、他人の気持ちが一切理解出来ない。
(そもそも基本的には興味すら持てない、理解する気が無いわけではないがさっぱり分からない、感情的な会話が必要な場面でも基本的に暴力が出る)
そのため、合理性の入り込む余地の無い感情的な障壁の突破・看破や、他人との交流の確立、心情に訴えかける解決策が出来ないという、
「感情」が多く絡む「(殺人含む)犯罪」においては唯一にして致命的とも言える最大の弱点が存在する。

上の画像の鳥のような「素顔」も基本的には隠しているが、「食事」の際は一瞬だけ元に戻る。
また連載初期には一度だけ旨そうな匂いに釣られてボーっとし、素顔を人前でポロリしてしまった事もあるなど、たまにお茶目な面も除かせる。
ただし基本は ドS なので他人からすれば洒落にならないような『お茶目』も多々存在する。

ラスボスであるシックスとの決着がついた後は衰弱により魔界に帰るかどうかを迷っているところを桂木弥子にハッパをかけられ魔界に一時帰省する。
その際に「奴隷」だの「ミジンコ」だの言っていた弥子のことを『相棒』と呼ぶ。
そして三年後、飛行機に乗っている弥子の前に再び現れる。
ちなみに魔界に帰る時には口に魔界と繋がる門を持つ魔人(青ひげが生えているが女性)の力を使ったのだが、
数日かけて門を広げてもまだサイズ的に足りなかったのか、もうお嫁にいけないとメソメソ泣くほど酷い目にあったようだ。

作者の松井優征自身が単行本で「この作品は推理物の皮を被った単純娯楽漫画」と言っているように
『ネウロ』は従来の作品の王道なんぞガン無視するような個性的な描写が多い。
例えば、エキセントリックな構図、読者に推理をさせる気があるのか疑いたくなるようなトリック
犯人が理解不能な動機で人間離れ…というか人間をやめたような豹変をしたり、
所々出てくるパロディ(ある時はパンチハメだったり、また高所恐怖症の説明の時には先生だったり)はもちろん、
下手したら漫画家生命を絶たれそうなブラックジョークを交えるのはよくあることである。

作品自体のメインテーマは人間進化可能性であり最初は人間を見下していたネウロがとある事件から人間の可能性に興味を持ち、
最終的には「『究極の謎』を生み出す可能性のある種族」として高く評価するようになる。
その過程で遭遇した誰にでも化けられる怪(物強)盗との因縁、電脳空間のプログラム人格
「悪意を進化させた新人類」を名乗る集団との戦いなど(特に物語後半)は戦略戦寄りのバトル漫画としての側面を持っていた。
そういう意味では『ジャンプの異端にして王道』とはよく言ったものである。
基本的には「主人公の成長する姿」の描かれることの多いジャンプでは異例とも言える 進行に伴い弱体化していく主人公 だが、
ネウロの弱体化した分は「もう一人の主人公」である弥子の成長がカバーするという形式になっており、その意味でも王道は外していない。
またネウロ本人も謎を解いていく中で、その内面は徐々に変化しており、単純に弱体化しているだけではない。

物語の主人公であるネウロと弥子の二人は共通して食へのこだわりがあり「食事」「グルメ」といったテーマが陰に据えられている。
特にネウロはまさに命よりも食欲を優先して行動しており、とんでもなく高い知性を持ちながらそれは食事をするための道具に過ぎず、
究極的には本能にしたがって生きている。
高い知性をもった蛮人とでも言うべき、理性や叡智を冒涜したある種不気味な人格を形成している。
作者自身が絵がそれほどうまくないことを自覚しており、わざと特徴的な画風にすることで抽象表現に挑戦している箇所も見受けられる。

+ 魔界777ツ能力
+ 魔帝7ツ兵器
MUGENでネウロが連れてくるストライカー(しもべ)たちの紹介。
桂木弥子
+ あかねちゃん
+ 至郎田正影

JUMP ULTIMATE STARSでの性能

ネウロ/弥子というセットで知属性キャラとして参戦。4コマには力属性バージョンもある。
ゲームの開発時期の都合上かなり初期の状態での参戦なので、
5コマまでしかなくサポートキャラもなし、魔帝7ツ兵器を始め強力な能力も使えないと、やや扱いは小さめ。
弥子をぶん回すというとんでもない強攻撃(原作再現であるが)など動きはユニーク。その分当てづらい攻撃も多い。
またガード不能攻撃を使うと、弥子が原作では危うく使わずに済んだ能力の餌食になってしまっている。
見た目に反してパワー、体力ともにかなりのものだが、やはり原作再現で 場にいるだけで必殺魂が減ってしまう
また動きも基本的にのっそりしており、長身痩躯の外見からは想像もできないが、かなりのパワーキャラとして設定されている。
4コマの必殺技は「犯人はお前だ!!」と「食(えじき)」。
「犯人は~」は弥子が前方を指さしてレーザーのようなものを放つ技。射程は短いが当たるとダメージと同時に必殺魂を奪える。
「食(えじき)」は前述の至郎田正影が飛び出し、前方を叩き潰すという大技。
何気にネウロの必殺技で最強の威力…というか 4コマの必殺技全般で見ても最強クラスだったりする 。ただ軌道が独特なので当てにくい。
味方でもなんでもないのになぜ協力するのかはな謎だが…。
5コマの必殺技は「犯人はお前だ!!」と「一(ひとりきり)」。
4コマの「犯人は~」より射程・威力共に強化され、当てやすくなっている。
「一(ひとりきり)」は原作における重要な犯人の一人、「アヤ・エイジア」が出てきて特殊な歌でサポートしてくれる。
ダメージはないが、当たると必殺魂減少と混乱を巻き起こす。やや発生は遅いのでカウンター気味に使うと良い。


MUGENにおけるネウロ

『JUMP ULTIMATE STARS』のドットを基にしたキャラが製作されている。

Viewtiful9氏製作
チェインコンボやゲージ吸収技などと搭載した面白い性能になっている。
しかし、ジャンプ攻撃が無いの等の理由で動画ではめったに見られない。

樹(ju)氏製作
こちらはジャンプ攻撃も搭載。蓬莱氏によるAIも搭載されており中々強い。
また原作での死にかけカラーも選択可能。
…分かってらっしゃると言わざるを得ない
現在は2016年のフリーティケットシアター終了によるサイト消滅で入手不可。

出場大会


+ 余談
+ おまけ