ホウオウ


「よくここまでこれたな。ほうびに、わたしのさいこうけっさくをおみせしよう。」
「シテンオウロボそのヨン、ホウオウ!うちゅうのチリにしてしまいなさい!」

任天堂がファミコンで発売したロボット格闘ゲーム『ジョイメカファイト』に登場するキャラクター。
同作品の最終ボスである。
よく伝説のポケモンと混同されがちだが、初出はこちらが先。ブラッキーといいスターマンといい、同じ任天堂のキャラクターだから間違えられてもしょうがない

イワン・ワルナッチ博士が製作したワルロボの中でも最高傑作。
あらゆる部分の性能が高く、通常技でさえ他キャラの必殺技並の威力を持つ
キャラクターとしてはバランスのいいタイプなのだが、「非常に高いレベルで」という枕詞がつく。
特にクエストモードの難易度スペシャルのホウオウは鬼のような強さで、半人前の技ではとても倒せない。

そしてジョイメカファイトのシステム上、高火力コンボで瞬殺したりタイムアップまで粘ったりという戦法は取れない。
しかもジョイメカのステージにはがないので、壁まで押し込んでハメ殺すことも不可能。
スタートボタンを押してポーズをかけ、休憩を挟みつつじっくり追い詰めることも可能といえば可能なのだが、
ホウオウのような強キャラとの対戦は非常に精神を磨耗させられる。


恐ろしきホウオウの4つの殺ロボ技

  • 「ホウオウキャノン」
    • ←↓→+AorB ダメージ12POW双葉社の攻略本ではホウオウクラッシュとダメージが入れ替わっており誤表記で18POWになっている
本作最強の飛び道具。アッパーを撃つような構えから青い光弾を打つ。
コマンド入力時に→か←の十字キーを押すと、弾のスピードが調整できる。
だが 速い 。もっとも遅いスピードでも、他キャラの飛び道具より格段に速い。

双葉社の攻略本ですら「防御が無難」「すかさず防御」と 回避することにサジを投げる ありさま。
ジョイメカの飛び道具は 相殺できないうえにケズリ機能がある ので、防御しているだけではいずれ死んでしまう。
ちなみにジョイメカの削りダメージはすべて1/4。つまり4回当たることは1回命中することに相当してしまうのだ。
回避のコツとしては、弾を見るよりも発射音を聞いてジャンプするほうがいいだろう。
あまりにも弾速が速いため、意外なタイミングで飛び越えることができる……こともある。
サスケのようなスピードが売りのキャラは、回避して懐にギリギリ飛び込める……?
また、発射前の構え状態の隙が長めなので見てから出の早い突進技(例えばジャイアントのダッシュストレートなど)で潰す事が出来る。
ただ、そんなに余裕があるわけじゃないので最初から潰すつもりで待っていないと間に合わない事もある。

Bボタンで出した場合はホーミング機能がつく。さらに発射直後に十字キーで軌道修正ができる。
そして 速い 。撃った方が相手の出方を確認してから弾の軌道を操作する余裕はないし、撃たれた方はもっと余裕がない。
コマンドを入力した直後に十字キーを入れるくらいのタイミングでないと使いこなせない。
しかしCPUはAIの特権として普通に使ってくるのでタチが悪い。

弱点は他のキャラの飛び道具に比べて硬直が長いこと。
それでも空中ダッシュや攻撃避け、グレイズなどのシステムのないジョイメカ勢には非常にキツい。
いわゆる弾幕が「物量で埋め尽くす」のだとしたら、ホウオウキャノンは「じりじりと追い詰めてくる」弾幕。
しかし、まずこの弾幕をくぐりぬけねば勝利には届かないのだ。
ライフが少なくなるとあまり使わなくなるが、そのかわりにホウオウクラッシュがお目見えすることとなる。

  • 「ホウオウアッパー」
    • AB同時押し ダメージ 24POW
天高く拳を振り上げる技。昇龍拳のように飛び上がったりはしない。
喰らった相手はものすごい勢いで画面外+画面端まで吹っ飛ばされる。
この技があるせいで、キャノンを飛び越えても全然安心できない。
キャノンの硬直が長くてもホウオウアッパーの発生1フレーム だからである。

またジョイメカには 空中ガードがない ため、うかつな飛び込みはアッパーの的でしかない。
判定がどこまであるのかは詳細不明だが、こちらもホウオウキャノン同様にスキが大きいのが救いか。
モーションも全体的にゆったりとしているため、アッパーを誘うことができればこちらのターンである。
サスケのように足の速いキャラならば、攻撃を回避したスキをついて投げに行くこともできなくはない。
また、ホウオウアッパーは出だしに無敵時間が15フレーム存在するため突進技で抵抗しても吹き飛ばされてあぼーん、というのも定番である。

一歩間違えればキャノンかアッパーの餌食。刺すか刺されるかの刹那の瞬間を狙って行くしかない。
初心者はこの二枚看板の猛攻を凌ぐコツをつかまないと、何もできずに倒されてしまう。
……やっぱりガン待ちしてチャンスを狙うしかないのか?

  • 「ホウオウクラッシュ」
    • ←ためA ダメージ20POW
    • 空中で↓B(空中版) ダメージ20POW
こちらが逃げに徹していると、高速の飛び蹴りであるホウオウクラッシュで襲いかかってくる。
空中判定でガードしてももほぼ隙がなく、当たれば当然のようにダウンする。
飛び道具で潰せないことはないが、CPUのホウオウのAIはあまりこれを使わない(キャノンとアッパーを軸とした攻めるAI)。
こちらが飛び道具を出していたら勝手に突っ込んできた、なんてこともある。

どのタイミングで出してくるのか読みづらく、反応できても超スピードと強判定のせいで相討ちになること多し。
ちなみに空中からも↓+Bで出すことができ、非常に凶悪なハメに移行できるのだが、CPUはあまり使ってこない。
もっとも、うまくガードできても……

  • 「ホウオウブレイク」
    • 相手の近くで→or←+A ダメージ18POW 双葉社の攻略本でホウオウクラッシュと誤表記入れ替わりで12POWになってる
    • 相手近くで→↓←or←↓→+A(強化版) ダメージ 26POW
発生1F の必殺パワーボム(CPUはほぼ確実に投げてくる)。
この技でダウンさせた相手にめくり気味のホウオウクラッシュを重ねれば永パに移行できる。
よって空中版ホウオウクラッシュは 回避・撃墜に失敗した時点で1ラウンド取られる ということになる。

ダメージを見れば分かるとおり、ホウオウクラッシュをもろに喰らうより ガードして投げられたほうが被害が少ない
仮にホウオウブレイクではなくホウオウアッパーが出てもガードは可能だからどんと構えよう。何か間違っている気もするが。

ちなみに、ジャイアントと同様に隠しコマンドを入れることで威力が上がる。
対戦で使うと確実に泣きを見る。 もちろん対戦相手が。


とまぁ、遠・中・近いい技がそろっているホウオウ。
だがスキの大きさを狙っていけばなんとかなる……かもしれない。
双葉社の攻略本によると「弱点は無い」。技のスキさえ注意すればOKと太鼓判を押されてしまう。
なおCPU戦のオススメはオールマイティなキャラであるホノオだったが、
紙面に載っているプレイ写真はすべてサスケであった 。何の嫌がらせだ。
おそらく誤植だったのだろう。というかこの双葉社の攻略本は やたらと誤植が多い おのれホノウ!
+ ……もっとも

余談ではあるが、必殺技「ホウオウアッパー」で相手を画面外まで吹っ飛ばして倒すと、
画面外の演出が無視されるのか相手が落ちてこないまま爆発音だけが聞こえる。
文字通り「ウチュウのチリ」にされてしまうというニクい演出である。
また、技などがスーパーザコに近い為、これらはプロトタイプだったのではないかという説もある。


MUGENにおけるホウオウ

yamabe氏、とけい氏、卵寒天氏、雑魚氏の4体が存在している。
  • yamabe氏作 原作風
独自の計算式で威力を計算しているため、やや威力は淡白。
(1ライフの体力(80)*3(ライフ数)*4(MAX体力補正)≒1000で計算)
立ち上がりのホウオウの目や、イントロ時に点滅するのが特徴。
ジャンプ時前後移動を1回だけできる、ワザ名表示、くらい中無敵、空中ガード不可、タメのシステムなどこだわりがあり、スタンも搭載。
ホウオウはスタン値が高く、また(通常の)パンチでしかスタンさせられないという特色を持つためお目にかかれることはまずないと思われる。
アッパーで敵をウチュウのチリにするシステムも搭載している。
  • とけい氏作 アレンジ仕様
ホウオウキャノンを乱射する3ゲージ超必殺技「ホウオウ・インフィニティシリンダー」が追加された一方で、
攻撃力が大幅に落ちたアレンジキャラ。(原作ではアッパー及び投げ4発だけで1R奪うことが出来る)
原作では只の背景だったワルナッチ博士も一緒に登場しており、エネルギー補給を行うことも可能。
但し、ワルナッチ博士が撃墜されるとエネルギーが暴走して 即死する ので注意。
現在伊吹川氏のサイトで代理公開されているホウオウは全体的な技の威力が上がったうえに、
ワルナッチ博士が撃墜出来ない仕様となっている。
OPとEDやステージが付属している。
クモ氏が強化AIを作成していたが、公開場所の管理放棄(Yahoo!ブリーフケース終了に対応しなかった)により現在入手不可。
  • 卵寒天氏作 アレンジ仕様
現在は氏のブログ閉鎖&MediaFire解約に伴い入手不可。
原作のいいとこどりに加えて一般的な格ゲーのシステムをいくつか取り入れており、
攻撃力や各技の発生、くらいモーション中が無敵であることなどはそのままに、
ダッシュしたりバクステしたり通常技をキャンセルできるようになったりしている。
そのため連続技が可能な上、元の威力も高いため通常技やアッパー等からの追撃次第で凄まじいダメージをたたき出すことも可能。
クモ氏、IX氏によってAIが公開された(クモ氏のAIは現在入手不可)。

参考動画(18:53から)

某氏の発言によるとクモ氏AIのホウオウは「ソルに匹敵する強さを持つ」とのこと。まさに最終ボスにふさわしい。
食らい中無敵とだけあってギルティギアのようなキャラだとコンボしようとして反撃され涙目になることも。

+ 原作風パッチ

+ 大会ネタバレ注意

  • 雑魚氏作 CCホウオウ
卵寒天氏作の改変。CCとは「チェインコンボ」の略称。
本家と同等の火力と喰らい中無敵の仕様はそのままに、コンボで永久ができるようになったためさらに理不尽さが増している。
カラーごとに性能が変化しており、現時点では6Pまで搭載されている。


出場大会

更新停止中
凍結

出演ストーリー