アルクェイド・ブリュンスタッド







「わたしを殺した責任、ちゃんととってもらうんだから」

性別:女性
身長:167cm
体重:52kg
スリーサイズ:88・55・85
種族:吸血鬼(真祖)
クラス:吸血鬼(死徒)の処刑人
主武装:真祖としての身体能力

プロフィール

TYPE-MOON製作のPCゲーム『月姫』のメインヒロインかつ、月姫を題材とした格闘ゲームMELTY BLOODシリーズの登場キャラクター。
「真祖」と呼ばれる吸血鬼でその中でも王族に数えられる。
日光に当たっても平気だがニンニクは嫌い。血を吸わない(見るのもイヤ)変わった吸血鬼。
愛称は「アルク」「姐さん」「柚姉」など。
声優は、『MELTY BLOOD』では『うたわれるもの』のエルルゥ、『AIR』の遠野美凪、『武装錬金』の津村斗貴子でおなじみの柚木涼香女史。
テレビアニメ『真月譚 月姫』では生天目仁美女史。そのためアニメ版のアルクェイドを「柚姉」と呼ぶのは間違い。

名前の由来はドラキュラ綴りだと思われがちだが、
スタッフによると名前が中々決まらなかったので奈須きのこの別作品に登場するキャラクターの名前を使う事になっただけで偶然との事。

+ 能力・強さについて

+ 「真祖」について。原作ネタバレあり

+ 性格や『月姫』での経緯など。原作ネタバレあり

作品タイトル(月姫)がアルクェイドを指す等、名実ともにメインヒロイン的立場の彼女だが、
実は月姫の半分以上を占めるルート(通称遠野家ルート)では 後姿しか出てこない
そのため、メインヒロインなのに全攻略キャラのうち一番出番が少ない。
(その上、出番のある方のルートでもシエルルートだとその役割はヒロインと言うより…。)

メイン…ヒロイン…?

また月姫のファンディスクであり続編的存在でもある「歌月十夜」でも影が薄く(と言うか他の奴らがはっちゃけ過ぎ)、
おまけにMB無印のストーリーモードでも、最後の最後に美味しい役はあるものの出番が極端に少なく、
しかもカレーと違って操作キャラにもならない。
さすがにそれはメインヒロインとしてどうよという声でもあったのか、
「Re-ACT」のストーリーモード(アーケードモードに非ず)では隠しラスボス戦で操作可能になる(ノベルパートでのセリフと矛盾しているが)。

にも関わらず、公式サイトの月姫メインの人気投票では四回連続でぶっちぎりのトップをマークした。
ヒロイン(笑)などとは決して呼ばれない彼女の存在感の賜物であるといえよう。
出番ばかりが多いどこぞの伊達メガネとは違うのだよ!

+ 紳士的余談

参考動画


MELTY BLOODでの性能

攻撃力・判定ともに優れており、防御力も秋葉、ネロに次いで総合3位。
飛び道具はアークドライブのみ。
それも外すとフルコン確定なためやや使いどころが難しいが、全体的な性能に関してはメルブラの中では優秀な部類である。
近距離戦特化のキャラクターなのだが、ガードを崩す能力が弱いのが難点。
ダッシュはメルブラでは少ない方のラン型で、相手と接触するとそのまま相手の背面に回りこむ事が出来る等の特殊な機動も可能。
どーでもいいが「せーのっ!→追加C」がロックのハードエッジそのものである。

姫アルクについて


「余興だ、狩りをしてやろう」

性別:女性
種族:真祖
クラス:アーキタイプ・アース
主武装:真祖としての身体能力

『Actress Again』PS2版では、「借り物の体である」という設定での隠しキャラクターとして、
「アルクェイド(姫ver.)(ディスプレイネームはARCHETYPE:EARTH)」が登場した。
各スタイルの変更はできず、月食をかたどったマークの「イクリプススタイル」(ボス専用スタイル)のみである。
ボス専用だけあって、サーキットゲージの自動回復・攻撃力の上昇等いろいろとすごいことになっている。
また技名は全て「???」と表記されている。
言葉遣いが異なる他、技は通常のアルクェイド・暴走アルクェイドの使うものを統合した形であるなどの変更点がある。

性能としては「大会では使用しないで下さい」と言わんばかりの、尖兵命のアルカナと同レベル以上の凶キャラである。
中でもラストアークは ほぼ10割 を奪い去る技。まあ隠しボスなら仕方ない。
設定的に考えれば調整ミスではなく意図的なものだろう。
+ 姫アルクの強さ簡易まとめ
さらに、10年7月29日に稼動開始した「MELTY BLOOD Actress Again Current Code」にも登場することが判明した。
CPU戦で突然乱入してくるらしく、負けてもゲームオーバーにはならない模様。
そして11年10月14日稼働のVer1.07にてプレイアブルキャラとして遂に参戦。
カットイン、ドット絵、エフェクトも新規に改定されており、ファン待望のロングヘアー、ロングスカートで戦う姿を見せた。
彼女と完全武装シエルのドットは、フランスパン製作ではなくFate/EXTRAを手掛けたイメージエポックに外注して作られたものである。
(MBAAの時点で元からある登場、勝利等の一部ドットはフランスパン)
避けモーションが可愛い、むき出しの肩と腋がエロいと評判だが、
フランスパンのドットと違い他のキャラと並べた時の違和感や微妙に固い表情や動き、中割が従来のキャラより少ないなど、不評な点もある。
キャラクター性能はボスから格下げ。
広いリーチと発生保証の強い技が多く、立ち回り重視型になった。
最大の特徴がゲージ消費による空中浮遊。一人だけ出るゲームが違うと言われるくらいメルブラらしからぬ動きで翻弄できる。
そして台詞やストーリーはファンサービスが満載。詳しくは伏せるが、特にストーリーは最後まで見届けてほしい。

姫アルク自身のストーリー。

ver1.07以前の姫アルクはキャラ選択時に表示されるドット絵及びバストアップ絵
戦闘開始時のドット絵、技のカットインもドレス姿なのだが戦闘中のドット絵は通常のアルクェイドと同じである。
ドレス姿で戦ってくれない姫君にワラキアよろしく血の涙を流したファンが少なからずいたとかいなかったとか。よかったな皆!


その他の作品でのアルクェイド

最近は魔法少女「白き月姫ファンタズムーン」を名乗り、『フェイト/タイガーころしあむ アッパー』へ出張。
「単なるコスプレなので基本的に変身前と性能の違いはない」と明言されているので、ドット絵の腕に覚えのある方はこちらの作成に挑戦してみるのも一興だろう。
ただし必殺技は魔法(魔術)っぽい技になっており、全ての人物のHPを1にする「偽・空想具現化(マープル・ファンタズムーン)」 と、
全員のタイガーポイントを等分する「秩序再構成(みんな仲良くネ)」というなぜかバクチ技な構成である。
これで分かるファンタズムーンの活躍
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24976275 http://www.nicovideo.jp/watch/sm12608186
+ そして……(某型月作品の大きなネタバレ有り)

MUGENにおけるアルクェイド

MUGENではアレンジ版も含めて数体ほど存在しているが、ほとんどのキャラが公開停止しているので見る機会が少なくなっている。
現在、正式に入手出来るのはシロト氏の「朱い月」や41氏の「アーキタイプ・アース」、
「ダークアルクェイドMk-II」、「死徒アルク」、システムが一癖変わった「幽子(仮)」ぐらいであろうか。

+ ちょっとこ丸氏製作
+ Kuro氏製作
+ 41氏製作
+ Rajaa氏製作
+ QWERTY氏製作 「アルク&ワルク」
+ 586氏製作 「ダークアルクェイド」
+ シロト氏製作 「アルクVer朱い月」
+ シオン好きの名無し氏製作 React仕様
+ シオン好きの名無し氏製作 「アルクェイド(マッスルボマー風アレンジ)」
+ りゅん氏製作「魄」
+ QK2key氏製作「幽子(仮)」
+ humi氏製作「死徒アルク」
+ 極楽主義者氏製作「月姫」
+ M3氏製作 「アルクェイド(ヴァンパイア風)」
+ みかえる氏製作 「Arcueid MA」
+ Felicity氏製作 「フェリクェイド」
+ りゅん氏製作 「Archetype_Earth KOF13アレンジ」


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ 一覧



「楽勝~!ぶいにゃのだ~」

*1
人間の誕生に不安を覚えた星(=地球)の呼び声を聞いてやってきた月のアルテミット・ワン(月の系統樹の唯一最強の生命体)。
転じてタイプ・ムーン(月そのもの)である。
男性で既に故人だが、何故か未だに死徒二十七祖の三位に数えられている。必殺技は月落とし。詳細は不明だが、文字通りのことをする技らしい。
人間の誕生に不安を覚えた「地球」に地球を守る為の協力を持ちかける。実は滅んでしまった自分の国の代わりに美しい地球を手に入れるのが目的。
ガイア(地球)にもアラヤ(霊長)にも属さない自分がいずれそれらの『抑止力』に滅ぼされると予見し、
それらに邪魔されない星(地球)のシステムに属する肉体を作ることが狙い。
そうとも知らない地球が、月の王である「朱い月」を参考に、自らを守る為の「地上の王」を作ろうとして作り出した星の分身が「真祖」と呼ばれる生命体。
しかし朱い月が作り上げた法則により全ての真祖は深層意識に「朱い月」を迎え入れる場所を内包し、
後継者足りうる状態になった時には「朱い月」が憑依して「地球のシステムに属する朱い月」として転生する…はずであった。
だが生まれてくるのは器になり得ない劣化コピーばかりで、後継者が生まれる前に「朱い月」自身が
遠坂凛の大師父に当たる 空条承太郎っぽい性格の爺 「魔導元帥」:キシュア・ゼルレッチ・シュバインオーグに滅ぼされてしまった。
原作時点での後継者候補はアルクェイドとアルトルージュ*2の2人だが、どちらも朱い月が憑依する域には達していない。
いつの時点でそうなったかは不明だが、自らのコピーである真祖たちも「朱い月」の復活を恐れるなど、悪者として認識されている。

なお、前述した深層意識内の「朱い月」を迎え入れる場所は、真祖の人格の影、生まれたままの性格を維持する空白となっており、
「朱い月」と呼ばれながらも未だ朱い月は憑依せずアルクェイドの影に過ぎないその側面は、たまにアルクェイドの人格の表面に出てくる。
普段のお気楽口調と違って厳かな口調で通称「姫アルク」と呼ばれる。
なお、本文にあるようにMBAAではディスプレイネームが「ARCHETYPE:EARTH」と表示されるが、この名が何を意味するのかは今のところ不明。

*2
アルクェイドの姉にあたる存在で、死徒二十七祖の第九位。死徒と真祖の混血らしい。
本編に登場はおろか、名前が出ることさえ稀(MB本編と『歌月十夜』の短編、『character material』にそれぞれ一回ずつ)。
「見た目が14歳くらいのロリ」「死徒の実質的な頂点」「魔法少女っぽい二段階変身」「ガイアの怪物を従えている」「月姫2のヒロイン(予定)
といったオイシイ設定が揃っている為か、二次創作では頻繁に登場する。
なお、アルクの髪が短いのは過去にアルトルージュと戦った際に奪われたためで、取り戻すまでは伸びない……
が、MBAA以降では朱い月が表層に出て姫アルク化した際は伸びている。