リューサン


「私の名はブルーゲイル。ヴァナを駆ける一陣の風・・・」


概要

オンラインゲーム『FINAL FANTASY XI』における竜騎士の通称。主にネトゲ実況版にて使われている。
大元となるネタの起源は、同作における竜騎士への声援「キャーリューサーン」だと思われる。
オリジナル竜人キャラとは関係ない。ましてや某同人作家とも関係は…実はちょっとだけある
+キャーリューサーン

∧∧ /) キャーリューサーン!!    )
( ゚∀゚)/  )\__          )
/!≡)  ≧δ`∋          )  希 望 と 書 い て
(/´U   (`・ω・) PT ドウデスカ? )   
.      ノ| 竜|)   ∧∧     )   妄 想 と 読 む ん だ よ ね …
     (( ノ ̄ゝ ∩(゚  )∩    )
_______○_____ノ
         o
     __/(             /(
   ∈´ δ≦        <゚了ノ (  ?
   (・ω・`)         (  "⌒ヽ______
    OO⊂)          ι⌒ζノ丶─"

オンラインゲーム、「FINAL FANTASY XI」の追加ディスク、「ジラートの幻影」にて登場したエキストラジョブ。
竜騎士といえばそれまでのFFでも印象的なジョブであり、その実装を今か今かと待ちわびたユーザーたちは多かったものの、
調整不足やバグが多く、攻守ともに他ジョブに圧倒的に見劣りしてしまうという有様だった。

実装当初からこうした竜騎士の現状には不満の声が上がっていたが、バトルバランスの調整が最も難しいジョブである事もあり、
その状態で放置されている期間が非常に長く続いてしまう事になる。
そのため、竜騎士という弱いジョブを使っているとレベル上げのパーティーにもイベント戦パーティーにも
中々誘われず、パーティーの誘われ待ちをするエリアで一人座り込んで「誘ってください」を掲げる日々も必然的に長く続いた。

そうした哀愁あふれる姿が次第にネ実民にネタにされるようになっていき、
「竜騎士が『マッチ売りの少女』の如く、チヤホヤされる自らの幻影と現実のギャップに苦悩する」というAAなどが投稿されるようになっていく。
この頃には「寿司を奢ってもらえる事になっても身分が低いので忍者や赤魔道士がトロを食っている中、添え物のガリしか食べられないようなポジション」という意味で
「ガリ」という蔑称で呼ばれることがあったり、「見た目に対して防御力が貧弱」なことから紫プラモなどとも揶揄されていた。

「リューサン」もネタにされる中でご多分に漏れずキャラクター化が進んでいき、以下のような人物であるとされる事が多い。
  • 種族はエルヴァーンの男性。どんな時でも竜騎士のトレードマークである兜を脱がないため、素顔は不明。
  • 装備は勿論竜騎士AFのドラケンアーマーと竜騎士の武器であるランス系を愛用。
  • 初対面の相手に「(ヴァナを駆ける一陣の蒼い疾風)ブルーゲイル」とかっこよく名乗るが、絶対にそうは呼んでもらえない。
    • 今までバカにしてきた相手を見返そうとする時や調子に乗った時にもこの名乗りをするが、その後どうなるかは推して知るべしである。
    • 「ブルーゲイル」がどこから出てきたかは実はよくわかっていない。
      • 普通に考えると見た目が青っぽく、天を駆けることから蒼い疾風=ブルーゲイル…という厨二かっこいいネーミングと推測される。
      • アニメ『戦闘メカザブングル』のオープニング曲にも同様のフレーズが登場するため、ここからの引用の可能性もある。
  • 何故かモンスター専用技のはずの紫電の槍(ライトニングスピア)を使える場合がある。妄想の場合もある
    • 使用する際には周りの人が「やばい、紫電の槍(ライトニングスピア)だ!」というのがお約束である。
    • この独特の表記はFF11内の読み物「漆黒の一角獣、現る!」に登場し、イクシオンというモンスターによって使われている。
      • ネ実民に厨二かっこいい読み方がウケ、「やばい、○○(△△)だ!」という言い回しが流行っていた。
      • 「スピア」とついているが、実際に槍で繰り出す技ではなく、黒いユニコーンのような外見のイクシオンがその角から放つ電撃による範囲技である。
  • 長年の不遇に耐える精神力を持つ人間の鑑であり、非常に紳士的。ガリで我慢するなど真の意味で謙虚な性格をしている。
  • 唯一の友達であり相棒である小竜のMikanの事は溺愛している。Mikanの事になった時だけは周囲が目に入らなくなる。

その後、「エースジョブ」という概念がネタにされて登場してからは
竜騎士はエースの中でもリーダー的な立場とされたり、子竜を大事にする良識的な人ととられることが多い。
「リューサン」が癒し系キャラとして一人歩きを始め、竜騎士自体が活躍したり失敗したりした時に「キャーリューサーン」「キャーリューサーンw」と応援に使われる言葉として定着した。
「エース」という呼称が定着してからの扱いはエースのページにてより詳しい概要が書かれている。参照の事。
なお、現在の竜騎士はこの頃からすると考えられないような強化が入っており、以前のような弱ジョブではなくなってきている。

ちなみに、「嘘だっ!」の竜騎士はVの竜騎士が元ネタで、FF11のリューサンが元ネタではない。



MUGENにおけるリューサン

某スレにおいてリューサン氏が作成したものが存在している。
声はブロントさん同様に製作者自身と、コンバット越前のものが使用されている。

長らく手を付けられていない状態だったが、4月下旬にマンドラフ氏によって
カットインと新技、そしてレベル調整も可能なAIが作成された。

更に内藤614氏のボイスパッチ(パッチを作ったのはマンドラフ氏)が搭載された。
また、9月下旬に時折巨大化したりするバグ(SFFに登録された画像の大きさがバラバラの為、CNSで大きさを調整していた為)を
解消するパッチがまゆポン氏によって作成された。

かなり古くから存在しているキャラクターにも関わらず、ニコMUGENにおける出番は殆ど無い。
まあ彼に限らずFF11キャラは除いて出番が少ないのだが

しかし、某ストーリー動画にて主役を張ったことにより知名度が(多分)大幅に上昇し、
前述した通りAIも作成された為、今後の活躍が期待される。

……が、その後発生したFF11ロダのデータ消失によりDL不可となり、さらに2012年3月をもってLODA.JPが閉鎖したため現在は入手不可。


AIボイスパッチ搭載のリューサン(2:20から)
+...

\     、 m'''',ヾミ、、 /   
  \、_,r Y  Y ' 、 /';,''    
  、 ,\ヽ, | | y /、 ,;;,,'',  
   \、\::::::::::/, /,, ;;,    
   ヽ\ o 、 ,o / { ;;;;;;;,,   
   丿 [ \|:::|/ ]  >"'''''   
   >、.>  U   <,.<        
  ノ  ! ! -=- ノ!  ト-、       
..''"L  \\.".//_ |   ゙` ]

「やばい、紫電の槍(ライトニングスピア)だ!」



関連項目


出場大会

出演ストーリー動画