ハニー

「はにほー」



エロゲ界随一の古参会社、アリスソフトを代表するキャラクター。
多くの同社ソフト内に登場しており、いわばアリスソフト版スライムとも言うべき存在。
アリスソフトのゲームを原作とした『BIGBANG BEAT』にも当然の如く参戦している。
セガの『ファイティングバイパーズ』のキャラではない。

見ての通り、埴輪である。ハニ太郎とか言わない。
だが発声器官はちゃんとあるのか、「はにほー」や「あいやー」という珍妙な鳴き声を時より発する。
また時には人語を話すこともあり、知能に関しても決して低くはないことが窺える。

ゲーム内での主な役割は雑魚敵
大抵は恐れるに値しない相手だが、魔法系の攻撃に対しては絶対的なまでの耐性を持っているという設定があるため、その系統の攻撃が存在するゲームでは少し厄介。
特殊攻撃のハニーフラッシュは絶対命中かつ防御無視な性能なことが多くとても厄介。
そしてやはりというか、種類も結構な数が存在しており、色違いで赤いやつがいるのは大体予想がつくだろうが、他にも
ヤクザ双頭三つ首スーパーヒーロー自爆ハニーと、そのバリエーションはやたら豊富というかカオス。
果てはハニーキングという王様すらいたりする。
ハニーキングは隠しボス的な存在として登場することもあり、その強さは概ねウルティマでのロードブリティッシュ並。
ワイルドアームズシリーズでいえばラギュ・オ・ラギュラのような立ち位置といえば大体わかってもらえるだろうか。
それもそのはずで、このハニーキングはロードブリティッシュと同類で、正体はT・・・・おや、誰か来たようだ。
また、人間との間に子供を設ける事も可能な様であり、ハニ彦という人間との間に生まれたハーフハニーも存在する。
…どうやって子供作るんだとか考えてはいけない。
ハーフなため魔法の完全抵抗は持たないが、魔法抵抗値はかなり高い。


なお、作品によっては雑魚敵以外の役割を担うこともある。
その種類は戦国の世で天下を賭けて戦う武士やバーのマスター、果てはハニワ教という名の宗教の神(後述)など、多岐にわたる。



大番長におけるハニー


全国編序盤より登場するには登場するが、基本的に本編のストーリーに(雑魚としても)絡んでくる事はほぼ無く、自分から会いに行って仲間にする以外はダンジョンに潜った際に敵としてたまに現れる程度。

ハニワ教の神 。闘京近辺にある大量のゴミが捨てられた島「夢の島」に居を構え、素晴らしき教えハニワ教を広める為に日夜行動(?)している。
なお、夢の島に赴くとハニワ教の信徒であり 眼鏡っ娘 であるハニワ教の娘(本名:前田転子)がいつもいるので、基本的にハニーの代わりに彼女が狼牙に入信を勧めたり説明してくれる事になる。

ハニワ教に入信すると、信者の義務として月に一度(ゲーム内では8ターンに一度)宴への参加を強制させられる。
この義務を破った場合、直後 大量のハニーが聖城学園へ攻め込んできて強制的にバッドエンド になるので、入信する場合は良く考えてする必要がある。

逆にその月に一度の参加以外にこれと言った義務は無く、それどころか宴へ参加すると汎用ユニットのハニーが仲間に一体加わる事になる(イベント内容次第で時々加わらない)。
ぶっちゃけユニットとしてのハニーは相当強い 。魔法耐性はシステムの都合上ろくに再現されてないのに。
最初から信頼度(時間経過で低下し、これが下がり過ぎるとユニットが離脱してしまう)が低下しない「絆」状態で仲間に入り、治安・収益の内政能力が高い上に給料もゼロなため、軍団にいるだけで役に立ち邪魔にも一切ならない。
戦闘面でも、宴に参加した段階で加入する強さが異なるものの、一貫してゲーム内で貴重な遠距離キャラであり初期能力も高い。さらに、通常はレベルアップの度に増加する次レベルへ必要な経験値が全く増えない為、他のキャラと比べ異常なまでに成長速度が早い。
そんなユニットが、「イベントを起こすと自動的に」加入するわけである。もちろんユニット数の制限といった加入によるデメリットもほとんど無い。
ハニワ教バンザイ

そして入信後に行えるもう一つのイベントを実行すると、宴同様ハニーが加入するほか、
死亡時に消費されて体力・気力が全回復して即復活するアイテム「ハニージッポ」が手に入る。
戦闘による気力の消費を考慮して各ユニットをローテーションさせる大番長のゲームバランスをガン無視できる極悪アイテムである。
ただし1個しか所持できないので、消費するたびにイベントで貰い直さなければならないという難点もある。
また、宴に一定回数参加すると 眼鏡っ娘 のハニワ教の娘が脱ぎます(普段の服的な意味で)。しかも二回発生し、そのうち一回は濡れ場に発展する事に…
ハニワ教バンザイ まぁ嘘はついてない。

繰り返すが、そんな多数のメリットを得られるハニワ教を入信する事によるデメリットは月に一度のイベント参加のみである。
逆に言えば、いろんなキャラクターとのイベントを起こすのが一種の目的となる大番長のゲーム性的には(全国編は100ターンまでなので大体10~12回程度)行動が制限されるというのは案外煩わしい。
ゲームに慣れて攻略が安定するとデメリットの方が大きくなってくるので、いわゆる初心者救済イベントと言ってもいいだろう。

ちなみに、ハニーは設定上は「性別不明」だが、ハニワ教の娘との絡みなどその言動はどう見ても(ry
しかも結構性癖がマニアックであり、そして 眼鏡っ娘 好きである(アリスソフトの中の偉い人も眼鏡好きらしい)。



BBBにおけるハニー



隠しキャラで、見ての通りの人外ネタキャラ枠マスコットとも。
ちなみに原作のハニワ教の娘(前田転子)もちゃんとエンディングで(台詞だけ)登場している。

まんぼう同様体が小さく(むしろ 陶器 )。

剣装備と杖装備という二つのモードを使い分けるキャラ
剣モードはコンボ向けの必殺技が多い代わりに下段技がなく、杖モードはかなり挙動に癖がある代わりに飛び道具が豊富で下段技やガード不能技があるという尖った性能。

剣モードで使える必殺技「埴輪炎の剣」が凄まじい威力を持つ為、これを組み込む回数に比例して火力が増大する。
その為、基本的に杖モードで崩すか剣モードで立ち回って事故らせ、コンボでごっそり体力を奪う事が主な戦法となる。

とにかく性能に癖が強く、全体的に性能が低い。おまけにモードチェンジに当たる特殊技「装備変更」を使用することでも少量ながらPゲージを消費してしまう事、杖モードのある種独特すぎる挙動から常に現在のモードを意識した立ち回りが余儀なくされる。

言ってしまえば「火力だけのキャラ」である。
まぁ火力があるだけまんぼうよりは分からん殺しで食っていけなくも無いとも言えるが…。

備考として、杖モードで使える「埴輪ファイアボール」「埴輪ライトニング」の最大タメはアギトの「蜂の巣」同様、BBBでは数少ない削りダメージのある技。
あと、専用ステージと思われる夢の島に割り当てられているBGMがなぜか主題歌のインスト版逆に専用BGMがないとも言えるか。



MUGENにおけるハニー

MUGENでは⑨氏製作のものが存在。
氏の他のキャラクター同様、原作再現重視の完成度の高いものとなっている。
ちなみに製作動機は「まんぼうと同じく誰も作らなさそうだから」だそうな。
最新版は Mugen1.1専用 になっているので注意。
shao氏によるAIが公開中。5段階のAIレベルや11段階のガードレベル、反応速度レベルなど10種類以上の設定が可能。

jackpack氏がWinMUGEN版用AIを公開している。
Songfu氏がボイスパッチを制作していたが、すでに公開終了。

さらに、アナグラム氏制作のゴールデンハニーも存在していた。
こちらは巨大だが移動できない置物キャラで、グラフィックは闘神都市IIIのものを使用している模様。
巨大置物キャラを勢作するための雛形という扱いで、技や勝利ポーズは搭載しているが、攻撃判定も食らい判定もない。
下記の動画で公開されていたのだが、現在は入手不可。

+ 余談:業界No.1

出場大会

更新停止中
凍結
  • 「[凍結大会] [ハニー]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー