桂木弥子






「犯人は…おまえだっ!!」



 誕生日:3月10日
 年齢:16歳
 身長:159cm
 体重:43kg
 座右の銘:「まず白米ありき」

週間少年ジャンプで連載されていた漫画『魔人探偵脳噛ネウロ』のもう一人の主役でヒロインで
アニメ版の声優は『マリア様がみてる』の福沢祐巳、『Fate/stay night』の遠坂凛などでおなじみの植田佳奈。
捜査が難航していた父親の殺人事件を解決してくれた脳噛ネウロの傀儡として「探偵」の役柄を演じることになった少女。

…と書けばよくある探偵もののキャラクターっぽいが、そこは「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」であり、並の扱いではない。

まず、ネウロにいじられまくる。
「ミジンコ」「ゾウリムシ」「便所雑巾」等の言葉攻めは当たり前、頭を掴まれて放り投げられたり、
殺害状況の再現を無理矢理やらされたり、SM紛いの仕打ちを受けたりと何かにつけて苛められて、
ぶっちゃけ、命の危機に陥ったことも一度や二度ではなく、
ヒロインであることを投げ捨てて(?)ギャグ漫画ばりのを見せまくっている。

もう1点は
例えば
  • 進学先の決め手は学食の味(それだけで超難関進学校へ)
  • わんこそば 300杯 を軽く平らげ、旅館のバイキングを 30分 で食い尽くす(しかも たった一人で
  • 水中で長時間息を止めながら海底の貝を食べる
  • 事件解決のため警視庁の捜査資料室に篭った際出前で 約26万円 かかった(もちろんたった一人で)
  • 私コンクリートでもバターと醤油で炒めたら食べられると思う
  • ファミレスで1食8000円
  • 健康なときは、串ごとジャンボ焼き鳥を喰らう。
  • コマ枠外の登場人物紹介に毎回好きな食べ物が載っていたが、最終的に 「ぶっちゃけ口に入れば大体好き」 と総括される
等エピソードを挙げるとキリが無く、ほとんど人間とは思えない(というか刑事や被害者も含めてこの作品では マトモな人間の方が少ない
しかも食べる前後で 体型は全く変わらない、無論貧乳も
流石にには興味を示さないようだが…(ただし、お菓子を持った幼女に危険な視線を向けた経験は有り)。
その為誰にでも化けられる怪(物強)盗に誘拐・洗脳された際は、「燃費効率が悪すぎる」という理由で
普通の食事量で済む様に肉体改造(体質改善的な意味で)されたりしている。

またそれゆえ食にこだわりがあり、母親の料理が 壊滅的チェーンソーを使ったり、メタリック獣臭のするバレンタインチョコを作ったりと もはや料理じゃない )な事もあってか料理が上手く、
そのままでは泥臭くてとても食べられないピラルク(格ゲーマーの中ではの好物として知られている)を見事に食べられるように調理した事もある。
(ただし彼女は泥臭い生の状態でも結構食べていたが)
ネウロの「謎」への執着にも、自分の「食」に通ずる所があるからか、理解を示している。

そんな彼女も、幾度か事件を経験するうちに犯人の心理に興味を持ち始め、進んでネウロの協力をするようになり彼と対等の立場にいたいと思うようになる。
物語が進むうちに「人の心」が関わる問題には人間心理にはまるで疎いネウロに代わって彼女が担当するという形に落ち着く。
そうやって研ぎ澄まされた人間観察力・相互理解力は前述したネウロの命の危機において犯人側にとって予想外の戦力として逆転を生み出してきた。
ただし、父親を惨殺された経験から、親しい者が亡くなるという逆境に弱く、
その為に、一時期ネウロと断絶状態になる事もあった。

しかし、最終的にはネウロにして驚くほどの進化を遂げたと言わせる程に精神的に成長し、
大人になってからはその人間観察経験を活かし、探偵業のみならず、
テロリストとのネゴシエーター等も引き受けている。
また、ネウロが一度魔界に帰る際に今までの「奴隷」などではなく「相棒」と呼ばれている。

余談だが、探偵事務所の壁に塗りこめられた死体がネウロの魔力で髪だけ動き出した、
髪キャラ「あかねちゃん」と合体し、長髪になった彼女のことは弥かねちゃんと呼ばれる。



MUGENにおいてはD4クーラなどでお馴染みのあなろぐ餅米氏によって手書きで製作されており、
やはりこちらでもネウロにいじられている。そして氏の作品の例に漏れず エロい (原作の180%増し。バスターブリス、同作者の肉壁やられ等、ことごとく対応済み)。
鉄壁は崩れた、 今だ!
「妄想を掻き立てられる」と言う意味では原作の方が遥かにエロいが
ネウロに振り回され、投げつけられ、蹴り飛ばされる姿がそのまま必殺技になっているのだが、性質上ほとんどが打撃技、突進技ということになり、相手によっては反確となる場合も多い。
投げ技にはあかねちゃんと笹塚が現れ、超必殺技にはサイが出現し彼女のような技を決めるなど、原作再現度も高・・・い?
超必投げも搭載していて、こちらも原作に登場した拷問技をもとにしているのだが、その動きや演出はを多分に意識したものに。
飲食店関係及び食材系のキャラとの特殊イントロがある。


また、最近になってSilvan氏の手によるAIも公開された。


出場大会


削除済み

出演ストーリー