ジミー




"Next time, loser! "
名前 JAMES LEWIS(ジェームス ルイス)
年齢 24歳
誕生日 10月 8日
国籍 アメリカ
身長 183cm
体重 83kg
血液型 A
格闘タイプ 龍髄拳+ストリートファイト
好きなもの 強い対戦相手
好きな食物 パスタ、ビール
好きなスポーツ ストリートファイト
大切なもの コート
嫌いな物 顔の傷、敗北

プロフィール

弟のビリーとともに『レイジ・オブ・ザ・ドラゴンズ』の主人公であり、「赤龍」の龍力の使い手。
……もっとも、知名度の低いレイドラ勢の中でも影の薄いビリーよりさらに地味だが。*1
本名は「ジェームス・ルイス」。決して緑の野生児やら禿げ頭のマフィアではない。
他人に対して冷たい態度を取るが、それは過去の恋人の死が原因であり、本来は熱い男である。
モデルは『ダブルドラゴン』シリーズの主人公、ジミー・リー

ジミーは過去、弟のビリーと共に虐待から逃れるために生家から逃げ、サンシャインシティに住んでいた叔父の世話になるまで路上生活を送っていた。
しかし、サンシャインシティはギャングが支配していたため、危険性という点ではあまり変わらない生活だった。
そんな時、ブラックドラゴンに対抗するために新しい“龍力”の継承者を探していたリー老師と出会う。
老師から継承者としての可能性を見出された兄弟は、ジミーが「赤龍」を、ビリーが「青龍」の使い手となるべく龍髄拳の鍛錬を積む事になる。

ただ、ギャングから距離を置いていたビリーと違い、ジミーはギャングといつも関わり合いを持っていた。
ある時、サンシャインシティでもかなりの力を持ったギャングのメンバーになる事を拒否し、
この時のいざこざが原因で、自分の彼女であったマリアがギャングに殺害されるという悲劇が起こってしまう。
これに対し、ジミーとマリアに密かに思いを寄せていたビリーは激昂。復讐として、マリアを殺害したギャングを壊滅させる。
しかし、マリアの死にはジミーがギャングと関わっていた事が原因だという事がビリーの耳に入り、兄弟関係が決裂。
ジミーは老師の元を去り、ビリーとは別の道を歩み始める事になる。

なお、老師は“龍力”をコントロールする訓練を十分に積まないまま、自分のもとを出ていった兄弟の身を案じていた。
何故なら継承した“龍力”はあまりに強大で危険なものであり、己の力で制御できなければ、自ら“龍力”に呑み込まれて滅びてしまうからだ。
やがて、ジミーとビリーもこの事実を知り、それぞれ別々の方法で“龍力”に関する情報収集と、その制御の方法を探り始める事になる。

老師の元を去った後、ジミーは有名なストリートファイターとして生活していた。
顔の傷はこのストリートファイター時代に正体不明のファイターに付けられたもので、彼はこの傷にコンプレックスを持っている。
また、仕事を探し求めていた暗殺者のソニア・ロマネンコと戦い、彼女に一方的に惚れられてしまう。
その後ソニアは一方的につきまとっているが、昔の恋人の事で頭がいっぱいなジミーは相手にしていない。

ある時、龍力を鍛える修行をしていたジミーは邪悪な竜の共鳴を感じ、それまでに得た情報を元に、最終的にサンシャインシティへ戻る事を決意。
ブラックドラゴンに狙われていたソニアとしぶしぶタッグを組み、ブラックドラゴンを打ち倒そうと行動を開始する。
なおEDではマリアの墓を訪れているが、この時「闘いは終わりではなく何かの始まりのような気がする」と言っている。
これがビリーとの決着なのか、新たなるブラックドラゴンとの戦いなのかは不明である。

ちなみに開発メーカーが同じ『新・豪血寺一族-闘婚-』にゲスト参戦している。
ホワイト・バッファローとは親友同士であり、瞑想中の彼に代わって闘いを挑んでくる。
同じレイドラ勢のリンエリアスの乱入デモに比べると、ツッコミどころが無くて印象に残らない
こんなとこでも地味……まぁ出番すら貰えなかった弟に比べりゃマシだけど。
勝利セリフからすると、ホワイト・バッファローには今まで一度も勝った事がないようだ。


原作での性能

飛び道具・対空技・突進技と一通りの技が揃い、技バランスが取れている。
しかし必殺技の発生が総じて遅く、特殊技が使いにくい事もあって連続技に組み込みにくい。

地上戦は屈弱Pや遠距離立強Kで牽制しつつ、相手の反撃を横方向の判定が強力な弱「昇龍打」で刈るのが有効。
昇龍系なのでガードされれば反撃されるが、相手をに当てる手っ取り早い方法でもあり、
他にダメージソースが見当たらないために使わざるを得ないという方が正しいかも。
遠距離立強Kは判定強めのソバット系で、足元の食らい判定は小さくなるが、デュプレックス(タッグパートナーとの協力攻撃)で反撃される。
逆に言えばデュプレックス以外では反撃できないという事なので、相手のゲージ残量によっては強気に出していっていい技でもある。
特にゲージが空っぽの開幕時は狙い目だろう(デュプレックスは3本のパワーゲージの内、必ず1~2本を使うため)。
密着に近い間合いで出した時のみデュプレックス級の技で反撃されるものの、基本的には全く反撃を食らわない「ガン・ブロウ」を出すのも有効。
相手が牽制のつもりで出した技の隙にも強引に当てる事ができるため、安易に技を出せなくする事ができる。

地上戦を続けていると相手がカウンター攻撃を出してくる時があるが、ジミーならばそれを誘って反撃する事も可能。
キャンセルできる通常技を当てた際にカウンター攻撃を出された場合、ジミーが特殊技の3+弱Pを出す事でガードポイントが発生するため、
カウンター攻撃をガードし反撃する事ができる。もし相手がカウンター攻撃を出していなくても、3+弱P後にキャンセルをかけて
弱「キャノン・キック」を出せば反確は免れるので、対カウンター攻撃の選択肢として使える。
だが、3+弱P→弱「キャノン・キック」の間に隙があるので、そこにデュプレックスや空中ガードなどで対策してくる可能性も考えられる。
何事も過信は禁物という事で。

対空は弱「昇龍打」にしたい所だが、空中ガード可能なのがネック。バックステップなどで仕切り直すか、チェンジで安定しておくといいだろう。
カウンター攻撃が異常に速いので、ゲージに余裕があればそれを出すのも悪くない。
「ヒート・ドラゴン」は突進攻撃で、ヒットすれば全段入るが、ガードされてしまうと中段派生・下段派生・派生無しのいずれも、
前転で回避されてしまうのであまりオススメはできない(各種派生が全て無効にされてしまうのはいくらなんでもどうかと思うが)。

このようにちょっとばかし癖があるためか、ダイヤグラムでは下の上辺りに位置している。
余談だが、ジミー同士の対戦で半キャラ分くらい離れて同時に挑発を出すと、手がパックンフラワーみたいになる。

+勝利時のセリフ集
VSビリー
ずいぶんと腕が落ちたな。
どけ邪魔をするな!

VSリン
ずいぶん強くなったな。
修行にはげめよ。

VSラデル
たたきのめされる気分はどうだ?!
けっこうこたえるだろ。

VSアニー
小娘相手でも手加減はしない主義なん
だ。

VSカサンドラ
お前もわけありって感じだな。
だがここで負けた事は幸せかもな・・。

VSオニ
イキがるのも命がけだって事が
わかったか!

VSペペ
まだまだ、俺には勝てないぜ。

VSプパ
ムチャをしすぎるぜ。
おとなしく勉強でもしてろ。

VSアリス
魔に魅入られたか・・ある意味俺も同じ
かもな・・・。

VSエリアス
祈っても何もかわりはしない。
ムダだ・・・。

VSジョーンズ
俺をだれだかしっていて、挑戦したなら
お前はすごいぜ。

VSカン
ショーじゃないんだからな。
手加減はできねぇよ。

VSソニア
邪魔をするな!いつも手加減をするとは
かぎらないぜ。

VSジミー
その同じ顔が気に入らないんだよ!
きえろ!

VSアブボ
ずうたいがデカいだけか。弱すぎる。


MUGENにおけるジミー

+RYO2005氏製作
  • RYO2005氏製作
レイドラキャラに定評あるRYO2005氏によるジミー。
各種システムから必殺技まで、きちんと搭載されている。
厨忍氏によるAIも公開されているが、このAIは投げを有効に使ってくるため、状況によっては投げキャラ並みにブンブン投げまくり、
その上ゲージ技の威力が低いため「ゲージ技じゃなくて投げが必殺技なんじゃないか?」などと言われたりする。

また、新たにshao氏によって外部AIが公開された。
AIレベル、ガードレベル、反応速度レベル、回避行動レベルが調整可能。
その他、3X性能変更スイッチ、ヒートドラゴン(強)追加攻撃性能変更スイッチが搭載されている。

+厨忍氏製作
  • 厨忍氏製作
RYO2005氏のジミーを改変し、より原作再現とアレンジを強化したもの。
デュプレックスのシステムが異なっており、原作でのソニアとのデュプレックスの他に、オリジナルのビリーとのデュプレックスも使う事ができる。
レイドラとは思えないド派手な演出は、正に主人公としての証明である。その後に追撃できないけど…。

ニコニコMUGENではラスボスの方が有名。
でも地味に出演回数を伸ばしているから、この調子で頑張れ主人公。

+大会ネタバレ注意
しかし、七星祭【テーレッテー】では大会システムを完全に理解。
ランセレ運にも恵まれ、数多の参加者をことごとくテーレッテーしまくった。
その活躍から処刑人」「北斗神拳伝承者と視聴者に称された。

+ジミーが葬った犠牲者たち
当然、星取りランキングはダントツの1位であった。

+さらにネタバレ注意
その後、同うp主の闇鍋ダンジョンロケテにて、七星祭でリョウ覇王翔吼拳(一撃技)を前転で回避し続け、
無想転生」ならぬ「無想前転」とコメが付けられた事から、これが仕様 となり「哀しみを背負ったジミー」と視聴者から呼ばれた。

そして、闇鍋ダンジョン公式版にて愛乃はぁとと共に「チーム七星」として参戦。
他チームと比べて恐ろしいまでの連携を誇っていたのだが、とにかく運が無く(最後の試合が特に酷い)、ラスボスに到達できなかった。
まぁ闇鍋ダンジョンのおまけ動画では、その鬱憤を存分に晴らす事に成功していたが。


「心配するな。
 ブラック・ドラゴンが俺の前にたちふさがったら倒すまでだ・・・」


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止

出演ストーリー


その他

週刊「載ってねぇ」
ダブルドラゴンのジミー・リーと混同されてしまい「ジミー・リー」として紹介されてしまった。


*1
とは言うものの、作中でのキャラ付けはぶっちゃけ主人公と言うよりはライバルに近く、
ビリー&リンのEDではビリーはジミーとの決着を付けるためにリンと決別してしまうし、
ビリー&ジミーの特殊EDでもビリーと殴り合いの末に袂を別っている。