ケムラー


ウルトラマン』第21話「噴煙突破せよ」に登場した爬虫類に似た外観の怪獣
別名「毒ガス怪獣」。身長:35メートル、体重:1万トン。
デザインの段階では下顎が左右二つに分かれるようになっており、その名残として着ぐるみの下顎に割れ目がある。

+ 原作ネタバレ


MUGENにおけるケムラー

二代目ゼットンと同じくmuu氏が制作・公開した。
移植元はワンダースワンソフトとして発売された『ウルトラマン 光の国の使者』に登場したもの。
必殺技の威力が高めで、中でも超必殺技「ダークセント」は全部で2段ヒットするのだが
1段だけでもかなりのダメージ量であり、2段とも当たれば軽く7割はもっていてしまう。
また、四足歩行怪獣なので当たり判定が低く、キャラによっては立ち攻撃が当たらない事もある。
更にスペシウム光線が効かなかった劇中描写を反映しているのか、 飛び道具が効かない という特性も持つ。

基本性能は低いがワンボタンで技が出せるのでキーボードでも気軽に扱うことができる。

出場大会

凍結
  • 「[凍結大会] [ケムラー]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー




添付ファイル