R・ライトニング





 形式番号 RF-009
 アーム チェーンスパーク
 レッグ トレッズ
 ウェポン ワイドレンジミサイル
 頭頂高 11.2m
 重量 41.2t
 センサー有効半径 11500m
 所属 コロニー連合軍

サイバーボッツ」に登場するVA(ヴァリアント・アーマー)。
RF系列の基本であるレプトスの脚派生機体で、脚部をトレッズ(タンク型脚部)に変更した拠点防衛用VA。

ある程度の長時間戦闘に耐えうる発電ユニットの開発に成功したため、スパークアームとして戦闘用VAに導入したのがこの機体である。
腕のスパークアームより電撃を放ち、相手のVAを痺れさせて動きを止めることが出来る。
遠距離では直線状に電撃を放つ「スパークルレーザー」、
近距離では自分の周囲に電撃を落とす「サンダーレイン」を使用して戦う。
「スパークルレーザー」の射程は非常に長く、画面端にいても相手に届く。対空技としても使用可能。



連合軍のサイボーグ兵士、シェイドのストーリー初期の機体として登場することが多い。

原作の性能としては、現状ぶっちぎりの下位ランク機体であり、最下位にもっとも近い機体といわれる。
これといった強みを持った通常技が立ちA2ぐらいしかなく、近距離戦闘が苦手で攻め能力はいまひとつ。
かといって遠距離戦闘が得意というわけでもなく、待ち能力も高いとはいえない。
コマンド技がことごとくガードされたら反撃確定で、A2「サンダーレイン」に至っては地上ヒットした相手のダウン受身後に反撃が間に合うという有様。
棘車輪で突っ込む突進技「ローリングギア」は発生が早く判定もでかい上に空中でもだせる等、メインとなる必殺技だが、
溜め技であるために使いづらく、ガードされれば軽く跳ね返り反確となる。
跳ね返りが空中判定なので一部機体からは手痛い反撃は受けないのが不幸中の幸いか。
ウェポンの誘爆ミサイル(スプレッドミサイル)は、他のミサイル系の技と違い、
破壊されても爆発が残り(1発当たり)2ヒットする為、足止め、固め性能が高い。

立ちA2は短い「スパークルレーザー」のような技で、斜めにも出せ判定も強いが、
同技と同じく発生が遅く硬直も長い為、それほど頼れる技でもない。
連続技も切り返しもノーゲージだとほぼローリングギア頼みで常にハイリスク。
空中の機動性も悪く、空中からの攻撃、牽制能力もいまひとつ。
ミサイルによる固めでイラつかせ、如何にカウンターを当てるか、というなんとも頼りない戦法が勝負となる。
ただ、実際の対戦では使用者の少なさやCPU戦で常に雑魚位置で出る事からか、わからん殺し的にそこそこ勝てたりする

そんなライトニングだがサイバーEX「サンダーシェイキング」の性能は意外と良く、
暗転から弾を投げるまでの間は無敵で、生成中の弾にも感電判定があるのでカウンターとして使うには申し分ない。
そこらへんがライアットとは一味違う所。


MUGENではkong氏製作のものが存在するが、元ゲーとだいぶ仕様が違う。
詳しくは各ゲームの仕様サイバーボッツの項目を参照してほしい。
AIレベルの調整はもちろん可能。

またkuron氏が上記のキャラを改変し、原作に近づけたものも公開されている。

出場大会

削除済み

出演ストーリー