G・ヴァイス





形式番号 GP-V4
アーム フォースクロー
レッグ トレッズ
ウェポン ホーミングミサイル
頭頂高 12.3m
重量 46.1t
センサー有効半径 5700m
所属 地球政府・連合両軍

サイバーボッツ」に登場するVA(ヴァリアント・アーマー)。
汎用性VAガルディンの派生機体で、脚部にトレッズ(所謂キャタピラ)を装備。
トレッズの出力をアップし、地上格闘戦を重視したモデル。
オロチ部下ともの必殺技ともアルカナハート3の主人公とも関係ない。

F・タランテラ同様に、近距離有視界戦闘において最も信頼性の高いクラッシャーアームを装備し、攻撃死角を減らしている。
相手をアームで掴んで地面に叩きつけるといった戦い方はタランテラと同じだが、
相手を掴んだあと上空高く飛び上がり、相手をぶん回して叩きつける等、タランテラ以上に戦い方は豪快である。
投げ間合いが広く威力の高いコマンド投げ「ボディスクラップ」を持ち、
これが空中投げとしても使用できる為(この場合さらに間合いが広い)、
キャタピラロボのお約束として通常移動力は遅いのだが、共通システムである「ブースト」の存在でカバー出来るので、機動力の高い投げキャラとなっている。
サブウェポンとしてホーミングミサイルランチャーを装備。

ゲーム中の性能

インストカードや見た目のインパクトからして「キャプチュードヴァイス」をメインと捉えがちだが、
キャプチュードヴァイスは打撃投げで使い勝手が悪く、リスクが極めて高い為、
実際には前述のコマンド投げ「ボディスクラップ」がメインとなる。
この技は地上でもそこそこ吸い込むのだが、空中投げとして使った場合だとほぼ開幕の距離で投げれるという強烈なリーチを誇る。
この間合いの広さのお陰で、ダッシュからの攻め、ガード後の割り込み、飛んだ相手を落とす対空等、仕掛けるチャンスも非常に多い。
おまけに投げすかりモーションがなく、失敗時にも隙の少ないAが出るだけ。
ダメージも並機体で2.5割、追い打ち含めて5割近く減らす威力があり、総合的にはゲーム中最強のコマンド投げといえる。
とりあえず『ボディスクラップでなんとかなる』といっても良いほど万能で、
『空中ホーミングミサイルで適当に固めて、ダッシュキャンセルから投げる
ぐらいの単純な戦法ですら、他のVAにとっては脅威となる。

サイバーボッツは、そもそもガードや空中での安全性(空中ガード、空中機動が優秀、空中コンボが皆無)が高く、
それに対する各種投げが重要で、その投げの威力と範囲が強力なヴァイスは、
最近の見解ではブロディアレプトススーパー8と並んで四強の一角、ともすれば耐久力の高さ等も含めて最強とも言われる。
ワーロック論ずるまでも無く最強なので、大体数えられない)

解説動画(12分50秒~)

なおトレッズの特性として『移動速度が出るまでに若干間があるが最大速度は速く、前後の移動速度差も無い』為、機動性は案外高い。
逆に空中での機動性は悪いので本来の空中戦は苦手だが、空中ボディスクラップで強制的に地面に引きずり落す事が出来る為、
空中戦が得意なはずのライアットヘリオンに対して天敵状態、という逆転現象が起きている。
連続技に関してはあまり得意とはいえないが、空中からのノーゲージフルコンで5割持っていったりもできるので油断は禁物。

また、相手の位置をあまり考えずに撃っても牽制になるウェポンのホーミングミサイルも地味ながらかなり優秀だったりする。

サイバーEX「G・タイフーン」は暗転から判定が出るまでに若干間のある投げ技。
切り替えしとして使うには不向き。投げ属性の為、ガード硬直と食らいポーズの相手にはスカってしまう。
しかし、その遅さと特性からダッシュA1キャンセル等で使うと、ガードしようがA1がヒットしようが極めて回避が難しい連携として機能する。
(硬直/仰け反り終了時に判定が重なるタイミングになると、ガード硬直キャンセル以外ではまず回避不可能)

移植版の参考動画

MUGENでのG・ヴァイス

  • kong氏製作のもの
おなじみのKong氏アレンジで、元ゲーとだいぶ仕様が違う。
詳しくは各ゲームの仕様サイバーボッツの項目を参照してほしい。
AIレベルの調整はもちろん可能。
  • kuron氏製作のもの
上記のKong氏のものを改変し原作に近づけたもの。
デフォルトでAIもついており、原作強キャラの実力をAI戦でも遺憾なく発揮する。
が、AIが対人モード設定だとメイン技のボディスクラップを全く使ってくれないので注意が必要。
まあボディスクラップを使用する対AIモード設定だと今度はその凄まじい投げ間合いによりAIレベル最大時には時として同氏製作のラスボスをもスクラップにしてしまう凶悪さを発揮したりするが。
なぜか(というか名前つながりで)こっちのほうのボイスにもなる。


出場大会

出演ストーリー