フォーディ




 形式番号 FZ-100
 アーム パワーナックル
 レッグ コマンドウォーカー
 ウェポン ホーミングミサイル
 頭頂高 11.0m
 重量 29.3t
 センサー有効半径 14000m
 所属 地球政府・連合両軍

サイバーボッツ」に登場するVA(ヴァリアント・アーマー)。
FZ系列の基本機体である汎用高機動VA。

偵察、哨戒目的で作られた機体を改修したもので、運動性が高くとにかく小回りがきく。
パッケージの優秀さに加えて価格も手頃である。
また、コクピットブロック部のカスタマイズのしやすさは特筆すべき。
ゲリラ、テロリスト、女性パイロットなどに人気がある。
派生型VAとして四脚型のF・タランテラ、フロート型のF・キラービーが開発されている。

その運動性能を生かしたサマーソルトキック技「サンライズブレード」が得意技。
腕にはパイルバンカー状の武器「アイアンネイル」を装備。
サブウェポンとしてホーミングミサイルランチャーを装備している。
また「フォーディッドビート」、「フォーディッドブレイク」とボッツキャラの中では唯一ボタンのみの目押し技を持っている。

主な搭乗者は、連合軍の行う非道な生体実験から逃げ出してきた少女アリエータ。
逃走時にこの系列の機体を使うことが多い。因みにCVはかないみか女史。

+ストーリーのネタバレ
「『悲しみ』は打ち消せる、そう思ったの。」

コロニー連合軍の捕虜として、生体研究所へ捕えられた少女。
しかし、その捕虜と言うのは建前であり、実態は年端もいかぬ子供たちを捕え、
実験体にしているというものであった。

実験を恐れたアリエータは、連合軍のVAを奪い地球行きのシャトルへ忍び込み、
地球へと逃亡する。全裸で。
その途中で多くの仲間と出会い、連合軍とレジスタンスの戦争に巻き込まれていく。誰か服着せてやれ

因みに『実験』とは、人間の生体エネルギーを燃料とし、
地球圏を焦土と化す「最終兵器」の砲撃を打ち出すというものである。
コロニー連合軍上層部がどうしてこのような非人道的な作戦を決行しようとしたかは、
断片的にしか本編では語られていない
(地球の反対勢力であるレジスタンスを一網打尽にするためとか、
 G.O.Dが『人間への裁き』とか言ってはいるが)。

この「最終兵器」においてアリエータは重要な位置にいたようで、
わざわざVA部隊の隊長である、マリーを追っ手につけたり、
遠隔からG.O.D.が精神コントロールによって操ろうとしたりしている。
なぜそのような力がアリエータにあるのか、また彼女は何者なのかは本編ではこれも語られていない
(マリーのストーリーで「あなたの本当の家に帰りましょう」と言う発言があるので、
 少なくとも家はあるようだが)。

バオ・マオにはストーリー内で一緒にいることが多く、「ねーちゃん」と慕われているようだ。
また、マリーやガウェインサンタナ千代丸に、
コロニー連合軍の「最終兵器」の実態を伝え、彼らを行動させる切っ掛けとなる。
特に、サンタナのストーリーでは彼に助けられ、
「俺は白馬の王子様」とかプロポーズ一歩手前のようなことを言われており、
EDでは一緒にジャンク屋をやっている姿が見れる。

また、一回ほどワーロックに搭乗する場面もある。敵としてだが。



原作での性能

見た目どおりのスピードタイプで、
くらい判定が小さく機動力が高いが、技のリーチが短く威力も乏しい、中堅ないしは弱機体。

立ち回りは、ホーミングミサイルで牽制しつつ、
相手の攻撃を無敵時間のある「サンライズブレード」A1で潰す事を基本とし、
スピードを生かした低空撹乱戦法も必要になる等、なかなかに玄人向け。
サイバーEX込みのフルコン以外ではあまりダメージが出ず、
防御力の低さもあいまってダメージレースで負けやすい。
上記2つの技以外にあまり強みのある技が無いのもつらい所。
ただ、通常必殺技に無敵時間がほとんどないこのゲームでは、無敵昇龍はかなり頼もしい存在でもある。
まあダメージソースが半端ないくせに無敵昇龍まで持ってる機体もあるが…。

ちなみに、ボタン目押し技の「フォーディッドブレイク」は出すのが難しい上に発生が遅く、削り能力も無い。
…が、この技で相手を倒すと最後のアッパーのポーズがそのまま勝ちポーズになるという特殊な仕様で、
早い話がロマン技。
その様子はなんだか余韻に浸っているように見えてほほえましい。


MUGENにおけるフォーディ

  • kong氏製作
元ゲーとだいぶ仕様が違う。
詳しくは各ゲームの仕様サイバーボッツの項目を参照してほしい。
AIレベルの調整はもちろん可能。

  • Z.A.I.氏製作
1月に公開された原作再現風のもの。
こちらには、kuron氏のAIが公開されている。


出場大会

出演ストーリー