則巻アラレ

初期コスチュームVer.



「んちゃ!」

プロフィール

ドラゴンボール』でおなじみの鳥山明の連載デビュー作『Dr.スランプ』(ドクタースランプ)の登場人物で、事実上の主人公*1
1981年に『Dr.スランプ アラレちゃん』、1997年に『ドクタースランプ』として2度にわたってアニメ化されている。
アニメでの声優は第1期は小山茉美氏で、第2期は川田妙子氏。
第1期と第2期で髪の色が異なり、第1期は冒頭の画像の様に薄い紫色だったが、第2期では茶髪になっている。
なお、第2期ではキャラクターによっては髪型や顔どころか、血液型が原作と違うキャラまでいる。

失敗ばかりの自称天才科学博士*2、則巻千兵衛が作ったアンドロイド。
対外的には千兵衛の妹ということになっているが、一部の村人から娘扱いされることもある。
(千兵衛の祖父から母親の没年との矛盾を聞かされた際には「キャラメルのおまけ」だったと誤魔化されている)

千兵衛の設計ミスに(アニメ2期では落雷による事故に)より、地球をも壊す怪力の持ち主となっていて、
特技は『地球割り』。通常時の最高走行速度はマッハ1.5(推定時速1800km)だが、
本気モードだとマッハ3(推定時速3600km)にスピードが倍加する。
その強さは桁外れで、地球割り、恐竜を投げてを破壊、パンチの圧力で太陽を破壊するなど
アメコミの上位キャラ並みの強さを持っている(公式の戦闘力は発表されていない)。
『ドラゴンボール』が終了した時に出たジャンプの特集でもアラレちゃんのがベジットより強いとされており、
作者・鳥山明氏もアラレちゃんと悟空が戦ったらアラレちゃんの方が強いと思うと語っている。
ただ、アラレちゃんは作中で言い訳しようのない完全な敗北を2度喫しており、最強という訳ではない。*3

誰とでも友達になろうとする天真爛漫な性格(この為心がきれいと判断され、純粋な者しか乗れない筋斗雲に乗れる)。
趣味は「つおい」人と戦うことと、ウンチつつき。かなりのおとぼけだが数学の能力だけは優れている。

ロボットのために身体の成長がなく、平らのままな胸に悩む場面もあるが、理由はブラジャーを着けたいためらしい。
リメイク版ではヘソがないことで悩んだこともある。

なお、連載開始時の設定年齢は13歳で身長は139cm。
当初は4頭身あったのだが、連載が進むごとに頭身が縮んでいき、最終的には2頭身程度になってしまった。
このことについて、作中では「サイズの異なる複数のスペアボディを用意しているため」と説明された。
後期ほど小さくなるのは逆だろと突っ込みたくなるが。
実際のところは作者自身もよく分からないそうなのだが、キャラを小さく描くとコマが広く取れるからではないか、と
作者自身が推測している。
ちなみに続編『ちょっとだけかえってきたDr.スランプ』では、ターボ君が作った「おのぞみ変身マシン」で
高頭身の大人の女性の姿に変身した事もある。

チャームポイントとして眼鏡をかけているが、これは「ロボットなのに眼鏡をかける」という作者のシャレ的発想によるもの。
(作中では千兵衛の設計ミスにより、人間で言えば強度の近視に当たることが理由として設定されている)
なお、このアイディアは業界の垣根を越えて、科学者やロボット工学者にも衝撃を与えたとか。
また、コスプレを趣味とする為コスチュームのバリエーションも豊富で、セーラー服とブルマを組み合わせた姿にマントをまとったり、
浦島太郎になったりする。ネコ耳コスプレでの走りもあった。

作者の出身が愛知県ということもあり、名古屋弁が作中で積極的に使用されている。
(ただしアニメ版では一部似非名古屋弁になっている)
また、「ほよよ」「キーン」などのアラレ語は流行語にもなった。

上記の通り「人間的な悩みを持たない」キャラクターで、これは次作の『ドラゴンボール』の孫悟空にも通ずる。
感動話やシリアスな苦悩を極端に避ける傾向のある作者の、ある意味テンプレートといえる理想的な主人公である。

ドラゴンボールへの客演

悟空とは『ドラゴンボール』でも共演しており、ゲスト出演したキャラクターの幾人かは話の大筋にも絡んでおり、特にアラレは大活躍を見せている。
(第2期では、中盤におけるテコ入れの一環としてこの部分がペンギン村視点でリメイクされたりもしている)

またTVアニメ『ドラゴンボール超』第69話で再度ゲスト出演、悟空と再会を果たしている。
なお悟空は当時とは違い年齢や背丈が大人であったため対面当初こそ誰だっけ?とお互い思い出せなかったが、
後に悟空が思い出して「おめぇ(お前)、アラレだろ?」と言ったことで本人も「ほよ、孫悟空君」と思い出した。
この話ではカラーリングやデザイン等は第1期バージョン準拠(=髪色『紫』、CV『小山茉美』)で統一されている。
なお同話に登場する千兵衛博士やDr.マシリトもデザインこそ第1期に準拠しているが、CVは第1期担当者が故人のため第2期担当者がそれぞれ代演している。

この話では悟空以外にもベジータビルスと初対面しており、ベジータを簡単にあしらっている。
ベジータはアラレがギャグ漫画キャラだと即座に察知するものの健闘及ばず「アラレキック→頭突き」のコンボで退場を余儀なくされ、
後からやってきたビルスに対し「でっかい猫さん」呼ばわりをしタイミングが悪かったのか、ビルスに危うく破壊されてしまう状況であったが、
ビルスが腹痛を起こし退散したため事なきを得た。もし破壊できなかったらと思うと実行しなくて良かった

ドラゴンボールのゲームでも悟空vsアラレというドリームマッチが実現している。
ファミコンの『ドラゴンボール3 悟空伝』でエンディング後に好きな相手と戦うことができるのだが、
ここでタイミング良くアラレちゃんのカードを引けば対戦が可能。
ゲーム本編はマジュニアを倒したところまでなので、青年悟空との戦いになる。もちろんマジュニアより強い。
この時は「次のシリーズ(サイヤ人編)の敵」であったラディッツも隠しで戦う事ができるようになっており、
ラディッツの方が強いという数値設定だった。

『Sparking! METEOR』のIFストーリーでは少年悟空との対決が用意されている。

原作やリメイク版で因縁のあった桃白々やブルー将軍(あと面識のないはずのナム)とは特別な掛け合いもある。

ゲームにおける則巻アラレ

ゲームでの活躍としては『ファミコンジャンプ 英雄列伝』にも仲間になるキャラクターとして登場。
最終決戦では『流れ星 銀』のラスボスである凶暴極まりないヒグマ・赤カブトを 「あそぼ!」で1発KOできる
……というか 懐かせて戦意喪失させる ことができたりする。ありえん……。
赤カブトともあろうものがアラレに懐いたりするはずがないだろうから、
赤カブト派としては「ここに出てきたのも影武者だったのではないか」という説を唱えるファンもいる。
あまりの戦闘能力の違いから命の危険を察したのかも知れないが、赤カブトならその場合服従より死を選ぶだろうし……。
しかし「飢えた獣とて、時には温もりに屈する」説も少なくない。

余談だが、本作で背景にモブとしてたびたび登場する二頭身にデフォルメされたウルトラマン怪獣が横井孝二氏に大きな影響を与え、
のちのSDガンダムが生まれるきっかけにもなっている。

(以上、Wikipediaより一部抜粋、改稿)


MUGENにおける則巻アラレ

  • googoo64氏製作
世界のナベアツ、シーマン、ザビーなどの変n……ひと味違ったキャラに定評のあるgoogoo64氏製作。
画像やボイスは第1期のものが使われており、様々なコスプレでの攻撃や、
ペンギン村の仲間達を呼び出して蹂躙したりと賑やかなキャラクターとなっている。

  • A.T(Aoi Minazuki)氏製作 JUS仕様
ABAB氏のソニックをベースに製作されており、
超神氏の『ドラゴンボール』キャラ準拠のゲージ溜めや、上記のgoogoo64氏版のペンギン村の仲間達蹂躙等が搭載されている。
(勿論、それぞれの製作者に許可は頂いているとの事)
一時期公開停止され、後に無限ロダで再度公開されたが、現在は同ロダ自体の閉鎖で入手不可。
+ あからさまに厨房なのだ!

出場大会



*1  
当初はタイトルの『Dr.スランプ』が示す通り、則巻千兵衛を主人公に据えて毎回発明品で失敗するという方向性で連載開始されたが、
担当の鳥嶋和彦氏の強い主張により、(鳥山氏は抵抗感を覚えつつも)主人公をアラレに変更して展開される事になった。
この時点で4話までのネームが完成していたため、結果として4話までは千兵衛、5話以降はアラレが主人公という展開になる。
単行本のコラム漫画では、千兵衛が鳥嶋氏に「おまえが主人公なら人気はゼロだっただろうな」と言われるネタがある。
ドラゴンボールも鳥嶋氏の一言で天下一武道会をやってから人気が爆発しており、とても有能なお方である。

*2  
ただし、宇宙船やタイムマシンなど凄い物も製作している辺り、あながち間違ってもおらず、
ドクター・ゲロやブルマにも負けない発明家ともいえる。作者の鳥山明も『ドラゴンボール』の事を顧みたうえで、
「独力でタイムマシン・人造人間・宇宙船を作った千兵衛って、天才ですね」と発言している。
なお、『ドラゴンボール』では悟空の壊れたドラゴンレーダーを修理しようとした際は「複雑な構造だ」と苦戦し直すことはできず
(実際に修理したのは息子のターボ君)、世の中には自分以上の天才がいて、それも女(ブルマ)だと聞いて呆然としていた。

*3  
明確に負けているのがキャラメルマンシリーズに数回と茶ビンの精霊。
その他、エネルギー切れでピンチになったり、スポーツイベントやレースなどで負けた事もある。
レースに関しては、一回目とリメイク版ではスッパマンによる八百長だったが、二回目のレースでは正々堂々の勝負でボロボに負けている。
だが審議の結果、運転手が乗ってない車の参戦だったことでボロボは失格になり、その後アラレ達で改めてボロボの優勝祝いをしている。

ガッちゃんやぶち切れ状態になった摘突詰(つんつくつん)の方が強いと見られる描写も見られ、ペンギン村のポテンシャルは異常に高い。

「ばいちゃ!」



添付ファイル