チーターマン


"WE ARE CHEETAHMEN!"

アクティブ・エンタープライズ社開発のアクションゲーム。
長兄アポロ、次兄ヘラクレス、末弟アリエスの三兄弟が、悪の科学者ドクター・モービスに立ち向かうというストーリー。
正式タイトルが『CHEETAHMEN』なので本来は「チーターメン」と読むべきなのだが、現在はこの呼び方が主流。
まぁスーパー戦隊だって5人居ても『〇×マン』だしね


+チーターマンのストーリーと詳細。Action 52付録のコミックより
彼らは元々は普通のチーターの子供だったのだが、15年前に悪の科学者Dr.モービスとその助手サイゴアによって捕まり、
動物と人間のハイブリットである亜人間を生み出す薬の最初の実験台となってしまう。
ちなみにこの時彼らの母親は彼らを守るためにモービスに立ち向かったが、敢え無く銃で殺されてしまっている。

Dr.モービスによって育てられ、チーターの戦闘力と人間の頭脳を持つ「チーターマン」へと成長した彼らであったが、
モービスに街を襲えと命令されると「育ててくれたことは感謝しているが、その計画はどう考えても間違っている!」
と拒否してしまい、モービスに追放されてしまう。何でモービスに育てられてこんな正義の心が芽生えたんだ?
その後、自分達の母親を殺したのがモービスではないかと疑った三人は再びモービスの所を訪れるが、
モービスは新たに心もコントロール出来る亜人間の薬を開発しており、それを使って生み出した新たな亜人間、
ジ・ハイエナホワイトライノスカベンジャーをチーターマンにけしかけてくる。
3人はそれぞれの能力を使って新しい亜人間達を倒すが、肝心のモービスとサイゴアには空飛ぶバリアによって逃げられてしまう。
チーターマンの抹殺を企むDr.モービス。三兄弟は世界をドクターモービスから、そして地球を脅かす悪者たちから守るために、
正義の戦士チーターマンとして戦う決意を固めたのであった!!やってやるぜ!

と、実はバックストーリーはこんなにシリアスな内容なのだが(それでも突っ込みどころは多い辺り流石である)、
実際に出てきたゲームはアレである…。何この燃えるストーリー!ゲーム化したら面白そう!!
それでも初出の『Action 52』のトリを飾るメインのゲームであり、スタッフはフィギュアやTシャツなど
グッズ展開も真面目に企画していたほどだった。
……スタッフ自身は大真面目に作り、グッズ展開も考えられていた糞ゲーってどこかで聞いたことあるような(ry

+『Action 52』収録、初代『チーターマン』のストーリー

これまでの51のゲームをクリアしたあなたは(つまりプレイヤー自身。表記はアクションマスター
突然テレビ画面の中に吸い込まれてしまい、チーターの3兄弟と協力して悪のモーゼス軍団に立ち向かう…というストーリー。*1
ただしゲーム中にアクションマスターは登場せず、これまでのゲームと同じようにチーターマン達を操作してサポートする。
この初代『チーターマン』は有名になった『2』やこれまでの51のゲーム同様、依然として非常に大量のバグが
存在するのだが、豊富な隠し扉やベルトコンベアステージ、描きこまれた背景など、
総じて2よりはマトモな完成度のゲームになっている。
ちなみにこの初代『チーターマン』、「それまでの51のゲームからやってきた悪者たちと戦え!」と説明書に書いてある通り、
登場する敵キャラはボスの亜人間を除けばほとんどがこれまでのゲームの使い回し…ゲフンゲフン、
他のゲームからの再登場となっている。おかげで統一感が全然無いし、他のゲームの自機が敵として出てくる。


ちなみに、『Action 52』はジェネシス(北米版メガドライブ)版も存在し、
そこにも『チーターマン』は13番目のゲームとして収録されているが、
森の木の上にいるオリに入れられたチーターの子供を助けるゲームになっており、ストーリー的には全く関係ない。
画面はメガドライブらしく綺麗だが悪くいえばどこまでも無難な作りになっているため(それでも完成度は低いし)、
ファンからの評判は芳しくない。あの神BGMも違うものに差し替えられてるし。
+『チーターマン2』のストーリー
前作でチーターマンに敗れ去ったDr.モービスは新たな亜人間のエイプマンを開発し、
再びチーターマンに挑戦をしかけてきた。…というストーリー。
前作でジ・ハイエナやホワイトライノ、スカベンジャーは倒されてしまったらしい。
登場する敵は一応は動物や昆虫型が多く、前作より統一感はある。竜巻だの透明剣士だのも出るが。
ちなみにバグで5・6面は登場しないが、改造ロムによって強引に行ける5・6面は前作『チーターマン』のステージの流用である。
+三人のチーターマンの紹介
  • アポロ
「他者の命を奪うのは間違っている」
チーターマン三兄弟の長男でリーダー的存在。豊富な知識と技術を持つ兄弟の知恵袋でもある。
戦闘、哲学、環境、科学、電子工学、天文学に関する多くの本を読み、世界についての様々なことを学んでいる。
クロスボウの達人であり、連射が可能なボウガンによる遠距離攻撃を得意とする。
ただしこのボウガンは直線的にしか飛ばない上に弾速が遅いため、スピードの速い敵や空中の敵に非常に弱い。
何より他の兄弟が可能な空中浮遊バグが使えないため、最初に登場する自機ながら非常に苦労することになる。
その分ボス戦は楽だが。
ニコニコの本家プレイ動画では彼の登場パートはいつ頃からか、視聴者は彼に対し日々の悩みを一方的に吐露する
「アポロのお悩み相談所」 となっている。勿論アポロは一切返事はしないのだが…。

  • ヘラクレス
「俺は戦いたくはない…」「だが、おまえとは戦うしかなさそうだ!」
チーターマン三兄弟の次男。大柄な体格で空手の達人だが、性格は穏やかで心優しく争いを好まない。
バグにより無限にジャンプすることで空中浮遊が可能であり、地上の敵の殆どをスルーして動ける。
というか他の兄弟に比べて当たり判定が大きいため、マトモに敵と戦おうとするととても辛い。
ガッシリとした体型のためかコメントでは「兄貴」と呼ばれて親しまれている。
ただしゲーム中は何の説明もなく突然彼にプレイヤー操作が移るため、初見の視聴者に突如筋肉ムキムキになったアポロと間違えられることも…。

  • アリエス
「亜人間どもを倒すぞ!」
チーターマン三兄弟の三男。兄弟で一番小柄だがその分スピードに優れており、
カラテ映画に感化されて会得した棍棒の武術と生まれ持ったチーターの能力により、最強の戦闘能力を持つ。
…のだが、有名な2ではバグのため彼が主役の5・6面がプレイ出来ないためニコニコでは影がとても薄い。
反対に初代では1・2面のプレイヤーキャラが彼なため、思う存分こちらで活躍させることが出来る。
ヘラクレス同様に無限のジャンプによる空中浮遊が可能だが、当然これまたバグである。

余談だが、長男と次男がギリシャ神話にちなんだ名前なのに彼だけを表す名前を持つが、
本来はアレスという名前だったのをスペルミスした説と、広義には牡羊座にはギリシャ神話の最高神ゼウスを指す場合があり、
確信犯でつけた説があるが、会社が倒産している以上真相は闇の中である。ちなみに読み方を変えるとエアリーズになる。

ニコニコ動画において伝説のクソゲーとしてにわかに話題になり(正確には話題になったのは『チーターマン2』)、
それから数日とたたないうちにMUGEN入りをも果たした。
原作のゲームはというと、実は『チーターマン』というゲームソフトは単品で存在せず、
1991年発売のミニゲームコレクション『Action 52』に52番目のゲームとして収録されて発売された。
また、1992年には続編である『Cheetahmen II(チーターマン2)』が開発された。
肝心の内容はというと、ぶっちゃけ「未完成品」そのものの出来で、数多くのバグはもちろん、
不安定な挙動、あげくにはクリア条件が超難解という以前に、バグやら設計すらされていないゲームである。
要するに、本当にゲームとして完成していないのである。

しかし、一貫して流れるBGMがかなりの良曲で、この曲の様々なアレンジが投稿された事から、
認知度は格段に跳ね上がった。
+余談
このBGMの人気にドワンゴが著作権を買い取ろうという話が出た。
紆余曲折あって当時の開発者と接触できたが
「あの事は無かった事にしたい。忘れて欲しい」と断られ、お蔵入りになってしまった。
やはり糞ゲーを作ってしまったという事が汚名なのは、世界共通なのか…。

その他、癒し系日常4コマ漫画『』のキャラクター、成実ゆいと黒井ななこのキャラクターソングの一つ、
「Yui's Hundered_Days_Nana's_Bells track maker:r-midwest」がどう聞いてもチーターマンの影響を受けており
ここからニコニコで連鎖的に流行の火がついた可能性もある。

他にも細かい内容や経緯があるのだが、それらは こちら を見て貰うと良いだろう。


MUGENにおけるチーターマン

MUGENではアフロン氏によって作られていた。(現在は公開停止)
このキャラと対戦する際には専用BGMがかかる。
重力を無視したジャンプと隙の小さい攻撃、そして3兄弟の交代を駆使して戦うテクニカルキャラ。
攻撃やジャンプの際の音飛びや、ヘラクレスとアリエスの空中浮遊バグも勿論再現している。

life値の設定が他キャラと異なり、「設定した数だけ攻撃を受けるとKOされる」という仕様。
初期値は6となっており、6回攻撃を受ければ倒される。なので、他のキャラ並に設定してしまうと恐ろしく硬くなる。
デフォだと、かみキャラの一種といえるのだろうか(残機的な意味で)。
ところが、このキャラに通常キャラでまともに攻撃を当てるのはかなり難しかったりする。
なぜなら被ダメージ間隔があり、食らい中の約0.5カウントは無敵になるからだ。
また、一切の即死攻撃が利かないようである。本当に効かないのであれば神キャラ殺しに…なれるかもしれない。
(当方、ソル=バッドガイトキで確認)

また夫氏が「チートマン」という改変キャラを公開している。
耐久力と火力がほんのりアップした他、30秒に一回即死当身を放つ。どうしてこうなった。

他、敵キャラであるエイプマンも、MUGENキャラとして公開されていた。

"LIVIN-LARGE!(やってやるぜ!)"

出場大会

更新停止中

出演ストーリー動画


*1
というストーリーだが……実際には Action52の全てのゲームをクリアすることは物理的に不可能である。
大体チーターマンの概要を見れば想像がつくと思うが、殆どのゲームがクリアする気分すら失せるようなクソゲーであり、
他にも「敵の攻撃が激しすぎてクリア不可能」「ステージの端が行き止まりになっている」 「そもそも選ぶとゲームがクラッシュする」 など、
もしかしたら何個かぐらいはEDも用意されているのかもしれないが、まずクリアという概念がこのゲームにあるのかも微妙である。
なので、ぶっちゃけチーターマンはゲームを起動させてすぐに遊ぶことが出来る。何のためのバックストーリーだ。