典韋




「んぁあ!!」

典韋(てんい、ピンイン: Dian Wei(ディェン・ウェイ)? - 197年)は、
中国の後漢末に曹操に仕えた人物。陳留郡已吾の人。字(あざな)は伝わっていない。

歴史上の典韋

主に曹操の護衛として活躍した武将だが、その護衛期間はわずか3年ほどであり三国志初期に戦死してしまった。
そのため活躍場面は少ないのだが、個人戦闘力では許褚呂布などと共に「三国志で一番」とまで言われている。
この三者では呂布より典韋と許褚の方がワンランク上か?というところだが典韋は早死にしてしまっただけでなく、
親衛隊は役職上呂布ほど前線に出ない事もあり、はっきりと誰が最強だったかははっきりと決められない。
しかし後の世でエピソードが追加、誇張されて伝えられる武将は少なくないが、
典韋と許褚はその必要が無いくらい最初から強者だったと伝えられていた。

最初、張邈に仕え、誰も持ち上げられることができなかった牙門の旗を片手で持ちあげた。
夏侯惇に見出され配下となり、たびたび戦功を挙げ、司馬となった。
堂々とした体格で力もずば抜けて強く、『大双戟』や『短戟』という武器を愛用していた。
ちなみに彼の持っていた大双戟は八十斤(約20kg)もある一種のハルバードであり、
槍の側面に二つの刃が付いているからとも、それを両手に一本ずつ持って振り回していたからとも。
また若い頃、知り合いの劉氏のために町の顔役である李永とその妻を殺し、
白昼堂々市場を歩いたが誰も捕まえるどころか、近づく事すらなかったという。
こんな男がいる限り曹操の暗殺なんてまず無理な話であり、曹操陣営には裏切り者が少なかったという。

しかし張繍征伐に参加し、降伏した張繍が謀反を起こした時、曹操を逃がすべく部下と共に死にもの狂いで戦い、殉職。
この時の典韋は恐ろしい強さであり、手に握る大双戟を振るう度に敵の矛はバキバキ折れ、
(恐らくは出血と負傷により)大双戟が持てなくなるや、敵の矛にも怯まず腰の剣で大暴れしたという。
そして、ついに部下を全員失い全身至る所に傷を負い、体から血を噴き出しながらも敵に突進し、敵兵二人を両脇に挟んで絞め殺した。
更に突進して数人を殺し、相手が近づけずに居る中、敵を睨み付け、大声で罵倒しながら息絶えたと、正史に残る。

瀕死の状態でありながら、自分を殺しに死に物狂いで襲ってきた兵士二人を、それぞれ片方の腕で、二人まとめて絞め殺した事になる。
これは成人男子を、低く見積もっても子供扱い出来る程の腕力がなければ不可能であり、
典韋が三国時代最強の候補に挙げられる理由の一つである。
まぁ力だけで強さが決まるわけでもないが……。

なお、張繍が謀反を起こした原因は、彼の伯父(?)の未亡人に目をつけた曹操が、無理矢理自分の愛人にしてしまい、
その事を張繍が恨んでいると知った曹操は張繍を暗殺しようとしたが、逆に張繍にバレてしまい反逆されてしまった、というもの。
しかも、この戦では曹操の甥(曹安民)に長男(曹昂)まで戦死しており、
先に亡くなっていた長男の生母に代わり長男を養育していた曹操の正室(丁夫人)は、余りの成り行きに激怒、曹操と離婚してしまった。
曹操本人は息子より典韋の死を悲しんでいた。自重しろ人材コレクター。
ちなみにこの後、曹操は本妻の下に謝りに向かった。これは当時としてはかなり珍しい事だったりする。
結局許してもらえなかったけどね

『三国志演義』における典韋

張邈の配下であったが他の者と衝突して殺人を犯して山中に逃亡。
虎を追いかけていたところを夏侯惇に見出され推挙されるという形で曹操に仕えている。
その怪力から曹操に「古の悪来(殷末時代の怪力で知られた官僚)のようである」と言われている。
また黄巾の残党を捕らえようとしたところに許褚が現れて身柄を争っている。
そして最期にして最大の見せ場である宛城の脱出では、張繍側の策によって愛用の双戟を盗まれたものの、
敵から武器を奪ったり素手で蹴散らす事で活躍し、曹操を逃がす事に成功。
典韋本人は弓兵部隊の一斉射撃を受けるという、壮絶な死を遂げた。

三國無双』シリーズにおける典韋

3D格闘ゲームだった初代からの古参であり、シリーズを通してハゲスキンヘッドで厳つい。
強面な顔つきや粗暴な口調、シリーズを通して世紀末な服装とは裏腹に忠節を人一倍重んじる人物である。
史実の都合上、残念ながらストーリーにおいて彼が登場できる戦場は少なめ(一部作品では条件付で本来の死後の年代の戦場に参戦する事はある)。
ちなみに使用武器に関してだが、何故かなかなか双戟を持たせてもらえなかった
(まあ、4までは孫堅の武器である古錠刀を周瑜が使用していたり劉備が双剣使いじゃなかったりしたので…)。
三国無双~真・三国無双4まではハンドアックスガントレットを装備しており、
大きくシステムやキャラ武器が変更された真・三国無双5では、なぜか鉄球を装備する事になった。
ちなみに4では、馬超と同郷ながら後に魏に仕えて関羽と死闘を繰り広げた龐徳が双戟を装備している。
5では、何故か張遼が双戟使いに…。
真・三國無双6以降では相変わらず斧が得意武器ではあるものの、武器を自由に持ち替えられるようになったが、
双戟は双に変更された(鉞は斧のことであり、戟とは別物)。DLCや後の作品では短戟が追加されたのでようやく史実通りに出来る…のかもしれない。


格闘ゲームにおける典韋

1993年に台湾の「熊猫軟體股扮有限公司(Panda Entertainment)」によって制作されたPCゲーム、
SangoFighter(正式名『三國志 武將爭霸』)』、および1995年に発売された続編の『SangoFighter2(『武將爭覇2』)』に登場。


MUGENにおける典韋

『武將爭覇2』の韓国語版を元に、General Chicken氏の製作したものが存在。
海外サイト「Mugen Storehouse」にて、氏の他の武将達とセットで代理公開されている。
なお、公開場所は「Old Mugen Storehouse」というコーナーなのだが、ハングル表記のサイト故に少々分かりにくいので注意。

半裸であるのと掛声その他諸々の理由で非常に暑苦しいキャラ。
サイの様な武器…に見えるが、恐らくは前述の双戟を両手に持ち、それを振り回して攻撃するキャラクターで、
かなりの長いリーチを持つ。そりゃあ戟持ってるから仕方ないしな。
両手を広げ飛びあがる必殺技に至っては画面の約半分を覆う。そりゃあ戟(ry
何気に運送技も持っている。
通常のバトルはもちろん、タッグなどの乱戦時にも非常に厄介な存在となるだろう。

出場大会

削除済み