飛影(忍者戦士飛影)


1985年に放送されたロボットアニメ『忍者戦士飛影』に登場する忍者型ロボット
読みは「 とびかげ 」。『幽☆遊☆白書』の飛影(ひえい)とは全く関係ない。
しかしながら、何の因果か『飛影』を制作したアニメ会社スタジオぴえろは、この漫画のアニメ版の製作にも関わっていたりする。
(こっちのグッズをさも『幽白』の方と勘違いするような宣伝をして在庫処分しようとした、という事件もあったとか)
勿論『ブレイカーズ』の飛影才蔵とも無関係。

全高3.6m、重量500kg。かつて地球を訪れたラドリオ星人が連れ去った忍者の姿と能力を模して製造したロボット。
主人公の「ジョウ・マヤ」と彼の仲間の乗るメカである黒獅子・鳳雷鷹・爆竜と合体することで、
それぞれ獣魔、空魔、海魔になり性能を大幅に強化する機能も持つ。
人型ロボットから合体することで動物型に変わるという、日本ロボアニメの中でも結構珍しいパターンである。
もっとも後述の動画を見ればわかるが、合体せずとも単独で敵軍を蹂躙する力を持つ機体なのだが。

当初はジョウ達のピンチにどこからともなく現れ自律行動していたが、
物語中盤でライバル機の零影に打ち負かされたのを機にジョウの短剣に宿り、随時呼び出されて彼と共に戦う事になる。
(と言っても内部に操縦席などがある訳ではなく、融合や一体化という感じ。番組終盤では「合身」と呼称した)
なお、黒獅子は仲間のダミアンが受け継いだ。

(以上、Wikipedia・スーパーロボット大戦Wikiより抜粋、改稿)

『忍者戦士飛影』はロボットと忍者が融合した近未来的SF世界観、味方が敵に寝返る、幼馴染とお姫様のダブルヒロイン、
謎の主人公ロボ、ロボットが三体のロボットとそれぞれ合体することで動物型になる人型ロボットなど
多くの斬新な要素を詰め込んだ意欲作であり、スタジオぴえろの男児向けオリジナル作品第2弾でもあったが、
視聴率低迷により打ち切られてしまい、残念ながらメジャーにはなれなかった(2人のヒロインのファンは多いが)。
その為、若い世代なら「アニメで知った」人よりも「スパロボで知った」という人が多い。
なお、アニメOPの最初のカットでは目に優しくない激しい発光をするので、視聴の際には一応注意されたし。
合体しなくてもこの強さ 仲間が弱ったら飛影が来る!
ジョウと飛影、そしてダミアンの活躍 ・・・・すごい漢だ。

その飛影がスパロボでちゃんと原作再現した結果 ある意味伝説となった。

+ 「飛影!俺だ!経験値と資金返してくれ!!」

+ BGMについてあれこれ



MUGENにおける忍者戦士飛影

SHINO氏によって『IMPACT』のグラフィックを使用して作られたキャラが存在する。所謂SD体型
イントロで『IMPACT』の登場ムービーや試合中に専用BGMの「飛影見参!」が流れるため
それだけでも印象に残るキャラクターだが(設定でon/offが可能)、そのイントロが原因なのかキャラの容量が結構重い。ダウンロードの際は注意。
キャラクター性能は原作同様「目で追うのがやっとという程のハイスピードで動きまくるキャラ」。
高速移動技当身技を持ち、移動技「分身」はどんな攻撃も通じないという凶悪性能(当然全画面攻撃も効かない)。
しかし、その性能ゆえに 体力が340と通常キャラの約3分の1しかない ので固定ダメージ技を喰らうと 7割~即死することがある。
全体的に技性能は優秀なものの、攻撃力が28とかなり安く超必殺技を効果的に使ったり、コンボを多く利用しなければ
相手に大ダメージを与えることは難しい。 ゲームでの能力を再現した結果がこれだよ!!!

また、飛影の機動力に目を奪われがちだが、零影をストライカーとして呼ぶ事ができる。
斬撃でコンボを繋いだりホーミングミサイルで相手を固めたりと中々優秀。
零影を呼ぶには専用ゲージが必要で『戦国BASARA X』の援軍に近い感覚で使える。
ちなみに超必殺技のひとつである「残像殺法」は必殺技のゲージと零影ゲージが必要だが、その威力は絶大。
AIだと、ゲージを結構使ってくるのでめったにお目にかかれないのが残念。

4段階の優秀なAIが搭載されていて、レベル4だと移動技と当身技を空中で頻繁に使うようになり、
必殺技を効率的に使ってくるためかなり強くなっている。
防御崩しも多く使うが、ゲージがたまった状態でそれを使っての分身殺法は結構強力。
当身技が成功すればゲージも溜まるので、それやっていたらいつの間にかゲージが満タンになっていた事も。
一応パワー溜めを持っているが、無視して動きまくったほうがゲージの溜まりは早い。
ただしパワー溜めは零影専用のゲージも溜まる為、完全な死に技になっているわけではない。
展開次第によっては、エルクゥジェネラルなどの凶悪キャラとほぼ互角に戦える。

相変わらず体力が低いので、投げと固定ダメージ技とロック系必殺技(演出型)には少々弱い上に、
飛び道具も多く使うため飛び道具を反射、または飛び道具を無効化する相手に対しても分が悪く、
常時ハイパーアーマー装備の相手やAI殺しの特性を持つ相手に対しても相性がよくない。
それでも上記の凶悪キャラと戦えるあたりはさすがというべきか。

なお、弱点である固定ダメージ技と演出型のロック系必殺技は、ごくまれに効かないまたは食らっても
微々たるダメージしか出ないこともある(理由は不明)。
(1:44より) (8:57より)
デス=アダー同様相性が強く出るキャラだが、AIレベル1でも分身と当身技を自重しているものの強さ的に
凶クラスとかなり強く、レベル3になればまったく自重せず、相手が弾幕人間弾幕を張ろうものなら
分身で殆ど(または全部)かわすという狂下位に近い実力を発揮する。
そして、新たに登場したレベル4は3の回避力がさらにパワーアップしている。
加えてブロッキングの使用率や空中受身、ガードの成功率がそれぞれ10段階まで設定できるようになった。

強さは一言で言えばスーパーメカ翡翠にストレート勝ちするレベルで、レベル13のゴンザレスにも判定勝ちするなど強くなっている。
ほぼ常時分身しているために、相手の攻撃をよけてその隙を防御崩しで攻撃しまた分身で避けて…と、
攻撃を食らうほうが悪いといわんばかりの行動を起こしているのだが、防御崩しと分身殺法が投げ属性とロック系必殺技のために
相手がハイパーアーマー装備の場合、ストライカーに攻撃させるしか打つ手がなく延々分身でかわすため試合がgdgdになってしまう。
つまり、投げが効く相手だと一方的もしくはいい勝負ができる訳であり、ある意味かろうじて格闘ゲームをやっているレベルに居座っているといえる。
回避性能の参考動画(デフォルトAIレベル3の場合)

また、つづら氏によりAIパッチと追加カラーが製作された。
このAIには回避レベルを10段階に設定出来、デフォルトでも十分な回避力を持つ。
また、一定ダメージを食らうと更に回避率が高くなる 覚醒スイッチ も搭載されている(覚醒スイッチを常時使用することも設定可能)。
最近の更新では、ストライカーを殆ど呼ばないので残像殺法が見る可能性が増えている。
このAIを搭載した飛影であれば、運次第でゼットンにすら勝利するケースもある。


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー



*1
当時、誕生したばかりのワンダースワン購入者のメインが20代前後、
「スパロボシリーズの新規参戦作品は80年代中ごろ、ロボットアニメの爛熟期の作品がいい」と、プロデューサーの寺田貴信氏は語っている。

*2
スーパーロボット大戦シリーズではユニットを改造することで性能を向上させる事ができるが、
そのためには資金が必要であり、フル改造するとなると高額の資金が必要になる。
シリーズでは参入が遅いユニットはある程度改造された状態で仲間になるのだが、フル改造された状態で仲間になるユニットは飛影、グランゾン、騎士GEAR凰牙(条件付)、アシュラテンプル(条件付)ぐらいである。

*3
一応対策は 飛影の出現条件を満たさない と、究極にしてシンプルなものである。
だが該当ステージは飛影以外にも敗北条件を達成し易く、初見殺し要素が多かったりする為、
慎重にプレイしなければならなかったりする。
まず該当ボスユニットのHP耐久が1万に満たない上にイベントで気力が下がった状態からスタートなので、
飛影の最大武装「分身攻撃」でクリティカルが発生しようものなら 即死する。
加えて上述の通り飛影のステータスはIMPACT時代より大人しいとはいえ技量値が高く、割とクリティカルが出やすいのも恐ろしい所。
他の詳しい対策はUXのwikiもしくは、 ニコニコ大百科に該当記事がある のでそちらを見た方がいいだろう。

*4
と、ここまでは良かったのだが、それが判明した場面が大問題であった。
飛影が出てくる条件はダミアンが今までの傾向を調べた結果として報告してくれるのだが、
なんと 異世界バイストン・ウェルでそれを言い出す。 そう、地球とか宇宙とかじゃないのである。
そして、 UXにおいてはこの時点で飛影はバイストン・ウェルで出てきた事はない
来てくれるからいいものを、来れなかったらどうするつもりだったのか。
…と言いたいのは山々なのだが、 IMPACTで実際にバイストン・ウェルに来ていたし、
もっと凄い場所に現れた前科がある ので、特に違和感なくスルーしたプレイヤーも多かった。どうしてこうなった。