「無」のカード


CLAMPの少女漫画『カードキャプターさくら』の登場人物。
ただし、原作には一切登場せず、劇場版第二作にのみ登場する。
同作における重要人物であり、『カードキャプターさくら』全体のラスボスのような立ち位置である。
大きな翼を持つ少女の姿をしており、全体的に「無」の象徴と思しき「白」を基調としたデザイン。言葉を話せる数少ないカードである。
担当声優はは3期OPの「プラチナ」も歌っている坂本真綾氏。

かつて大魔法使いクロウ・リードがクロウカードを製作した際、あまりの危険さから封印せざるを得なかった「53番目のクロウカード」。
極めて強大な魔力を秘めており、これ一枚で他の52枚と拮抗できるほどの魔力量である。
というより、これは他の52枚のプラスの力とバランスを取るための、たった一つのマイナスの力である。

長らくクロウ・リードの家に封印されていたが、取り壊しをきっかけに現世に復活してしまった。
そして、桜の居る町で次々とものが無くなっていき、それはついには「さくらカード」にも及び始める。
柊沢エリオルいわく、「大切な人への想いを消せば封印できる」とのことだが、
それを無くしたくない桜は戦いに挑むことになる。

その能力は、「存在するものを消滅させる」というとんでもないもの。
「イレイス」のカード(物体や記憶を消す)と似ているが、こちらは空間ごと消し飛ばしてしまう。
また、魔力量と特性も相まって、桜が使用する魔法は全く通じず、逆にそれらを消滅させられた。

実際のところは、孤独感から自分の姉妹とも言える「さくらカード」を求めていただけであり、特別に邪悪なわけではない。
このあたり、後続のリリカルなのはと少し似ている。

+ 結局…(ネタバレ)

同人ゲーム『カードハンターさくら』に登場する「無」のカードは、本編で登場した本体の姿をしている。
原作における最終ボスだけあって全体的なステータスは高めに設定されている。


MUGENにおける「無」のカード

Seravy氏によるものが製作されている。
他のキャラクター同様、彼女?も東方緋想天風味のアレンジが施されている。
やはり全体的なステータスが高く、広範囲を覆う強力な魔法を撃ってくる。
中でも、特殊技「反存在」は、カウンターで発動(ただし発動には2ゲージ必要。残りゲージを消費しながら持続する。)し、
一定時間ダメージを無効化して与えられたダメージ分だけ回復する という外道技である。

また、他のキャラクターのデッキは53種類の構成だが、彼女のみ「無」のカードがデッキになく52種類である。
まあ、その「無のカード」は自分自身だから仕方がないのだが……

カードの詳しい効果はreadme(HTMLファイル)に全て英語で書いてある。英語が苦手な人は こちら に簡単な日本語訳が載っている。
いずれにせよ、大会で使用するなら目を通すことを強く勧める。
これは氏の他のCCさくらキャにも言えることだが、「Maze」(迷路に彷徨わせる。ストーリーモードに匹敵するレベルのAI殺し)や「Loop」(自分のみ画面端から画面端にワープできるようになる。ステートを奪って壁に叩きつける技(バニシングストライク等)を当てると試合が進まなくなる。)など、気をつけるべきカードは少なくない。

出場大会




添付ファイル