先行者


先行者の開発により中国のロボット技術は日本の本田、
ソニーのライバルとして最先端の先進国レベルに追いついた!!

(先行者について報じた新華電社談)

中華人民共和国の湖南省にある国防科学技術大学で開発された二足歩行ロボット。「せんこうしゃ」と読む。
中国初の二足歩行ロボットということで、2000年11月に鳴り物入りで発表された。
基本的な会話機能を実現しており、光ファイバーによる遠隔操作で駆動する。
中国政府も注目しており、今後の技術の軍事転用も視野に入れているとのこと。

……だが、上記画像を見れば分かるように、骸骨のようなフレームむき出しのボディ
案山子の方がまだマシなんじゃないかと思える顔
写真はフルカラーが普通のご時勢になぜかモノクロの画像と、どこからどう見てもネタにしか思えない代物である。
会話機能搭載というが、こいつに向かって喋る奴なんているのだろうか。
信じられるか?ホンダのアシモと同時期に作られたんだぜ?これ。
(先行者の存在が発表されたのは、ホンダがアシモを開発し、SONYがアイボを開発し、
  各メーカーもそれに追従してロボット開発/新型ロボットの発表が相次いでいた時期のことである。
  近未来的なデザインのそれらがステージ上でパフォーマンスを繰り広げていたのと同時期に、
  何故かモノクロ写真でこの先行者が発表された)

詳しく補足しよう。このロボット「先行者」はかつてネット上で一時代を築いたと言えるほどに有名なロボットである。
今は過ぎ去りし2001年3月、テキストサイト「 侍魂 」において書かれた一文、
「ロボット技術の最先端」がネット上で大反響を呼ぶ。
(「侍魂」自体は、当時テキストサイト全盛期だったこともあり、「ヒットマン事件簿」という記事である程度の知名度を得ていた)
その評判を追うようにして書かれた「最先端ロボット技術外伝」で、
「股間の砲身の様な部分から中華キャノンというビーム砲を発射する先行者」
の画像が貼られたことにより(ネタ的な)アイドルとして莫大な人気を博し、
一時期は本当に「ネットをやってるヤツで知らないやつはいない」と言われるほどの知名度を誇った。

その後も先行者をネタにして、様々な画像・FLASHなどを作る人は増え続け、果てはMADムービーやゲーム(勿論同人)にまでなり、
PC雑誌の付録に「中華キャノンプラモデル」がついたことまであったのである。

+ 実際のところ


「日本製「先行者」開発プロジェクト」内の先行者

ここでは、数ある「先行者ゲーム」の中で最も有名と思われ、
MUGENの先行者の移植元であるシルチョフ兄弟社製のゲームについて解説する。

  • 先行者ゲーム1 ~中華キャノンを君も撃て!~
サイドビューの2Dアクションゲーム。2001年3月16日開発開始、6月30日開発終了。
先行者を操り、迫りくるASM(アシモでは無い)やAIB(アイボでは無い)、
中ボス的存在のTM400(テムザックでは(ry)や大ボス的存在のTM500(援竜(ry)を
何体倒せたかを競うゲームである。
難易度はスライド制で、模擬試験→戦闘訓練→実戦配備と進む。
それに伴い敵の性能も向上していき、最初は地上でセーバーを振りまわすだけだったアシ…ASMも、
最終的に空を飛びながらレーザーライフルを撃ちこんでくるようになる。

ストーリーは要するに中国vs日本
主役は先行者なので、プレーヤーは中国側の人間として戦うことになるが、
当時は「先行者の敵=日本製ロボット」とすることがテンプレの一つであったため当然と言える。

+ ストーリー詳細

「先行者が日本製ロボット相手に無双する」というギャグみたいなゲーム内容と裏腹に、ストーリーはかなりシリアスである。
しかし、このシナリオは実は元から考えられていたものではなく、このゲームのファンが作ったものである。
当初はストーリーも何もなく、本当に「先行者が無双するだけ」のゲームだった。
そこに徐々に背景事情を考える者が出始める。最初は小ネタ程度のものだったが、だんだんと掲示板にSSを書く者が現れ始め、
それらが積み重なり現在のようなストーリーラインが出来上がったのだ。
「オンラインでプレイヤーと一緒に進化していくゲーム」(開発日誌より)という、個人製作の同人ゲームならではの現象だ。

先行者は中華陸軍新兵器という設定。「先を行く者」の名の通り、従来の戦闘用ロボットとは一線を画す強さを誇る。
スカスカな見た目から生産コストは低そうに見えるが、後述する「タオシステム」がべらぼうに高いらしく
実戦配備可能な先行者はまだ数機しかない。
見た目通りに装甲は薄いが、その分機動力に特化している……らしい。
しかしゲーム中では、ICBMでも8発当てないと倒せないほど頑丈
中華の力、恐るべし。

先行者最大の特徴は、大地の気を動力とする「タオ・システム」である。
「大地のエネルギーを吸収する」という性質上、供給はほぼ無限なので、理論上は半永久的に戦う事が可能。
反面「上空に行くほどエネルギー供給が鈍化する」という欠点もあるため、長時間の空中戦はできない。

「タオシステム」がもたらすものはエネルギーの無限供給だけでなく、先行者の戦闘力上昇にも大きく貢献している。
「タオシステム」を利用した飛行機関「中華ジェット」はかなり高性能で、ミサイルなど軽々と回避できる。
垂直に限界まで吹かせば雲の上まで飛べ、一時的にリミットブレイクすれば レーザーより速く飛べたりする

さらに、“気”のエネルギーを屈伸運動により股間のビーム砲に流し込めば…
そう、 アレ だ。
先行者の代名詞 中 華 キ ャ ノ ン が発射される。
屈伸運動が必要なので隙は大きいが、その威力は絶大。雑魚なら一撃で蒸発し、TM400やTM500すら数発当てれば落とせる。
中華キャノンを君も撃て!

他にもドリルパンチやガトリング砲など、様々な武器があり、先行者の強さを底上げしている。
+ 装備詳細

ちなみに、敵のグラフィックはあまりにもそのまんま過ぎたため修正され、現在はグレー一色に塗りつぶされている。
当時これから波に乗ろうかというロボット市場において、やはり戦争や兵器というイメージは好ましくなかったようだ。

  • 先行者ゲーム2 ~これが最後の中華キャノン!~
同じく2Dアクションゲーム。2001年6月20日開発開始、10月24日開発終了。
「1」の10年後という設定。シナリオモードと追加武器を解放した有料CD版もある。
今回は「10年間の技術革新で敵もパワーアップした」という名目で敵は全てオリジナルデザイン。
そのため塗りつぶし処理はされていない。(まあ、全体的なシルエットはあまり変わって無いので見る人が見れば分かるのだが)

今回のストーリーは中国vs謎のテロリスト
ゲーム内容にさほど変更はなく、迫りくる「ASM2013」や「AIB2013」「TM4000」「TM5000」を何体倒せたかを競う。
+ ストーリー詳細

先行者はその名に反し、「10年前の骨董品」となってしまっている。戦後のいざこざによりたったの3機しか残ってない。
しかし元々の性能が高かったのと、新技術のメンテナンスにより新型にも引けをとらない強さを持つ。
特に(CD版のみだが)新装備の「中華ブレード」や「投下型爆雷」は、先行者の強さをさらに引き上げている。

また、先行者の最強武器「中華キャノン」も改良が加えられた。
通常の中華キャノンは、オーバーヒートを防ぐためにリミッターがかけられているのだが、それをあえて外し
通常の何割増しかのエネルギーを注ぎ込むことによって中華大キャノンこと 炎 の 中 華 キ ャ ノ ン を放つことができる。
ただし、その代償としてオーバーヒートによりしばらく中華キャノンが撃てなくなる。
これが最後の中華キャノン!

+ 追加装備詳細

なお、CD版のシナリオモードにて先行者は5m強の巨大(?)ロボットであることが判明した。
このサイズであの体……操縦席はどこにあるんだろうか。永遠の謎である。

テーマソングは主に「中華王先行者」、「先行者のマーチ」。その他、「駆けつけろ!先行者!!」なども存在。
有志によりOPムービー風の3DCG動画も作られている。


MUGENにおける先行者

+ Ayustat氏製「先行者」
+ maruhen氏製「GN先行者」
+ maruhen氏製「GN先行者リペア」

出場大会

【先行者】
更新停止中
【GN先行者】

出演ストーリー

プレイヤー操作