いたち

+...
+...
\\ ヽ、ヽ     、                  ////////彡'    /  /
  ヽ \ \\   ヽ      i      / ////////   / _/ /
\ ', l ヽヽ、  \   ヽ  ',  l i     l ///// 彡 / //ノ/
\  ',l  r=三ヽ、 ヽ、  ',  l   l     l /////   / _/7三フ//
    ',', l三三三ヽ ヽ  ', ',   l    l l///l/_//ィ三//_//
`ヽ、 ',ヽヾ三三三ム ヽ ', ', i l l   l j // ////,イ三三/゙/   /
、  ヽ、ヾ_ヽ>≠=三三ト、ヾ、ヽ ', ', ',  // /// //  L≠‐ァ゙/   /
メ   `ヽ、`¨ー=ニミヾム∨ヾヾ  ヾ ' 彡イ.//-‐ニ三彡'  _,.-'"  /
  ヽ`¨ー、 `¨ー、 二ニミミヘ       彡イ //二ニ=- ,.-'"   /
   \  `¨ー-、`ヽ、_= 、ヘ∨      ////_,.-‐-- ,.-'"  __,.-‐ャ゙ ̄´
------ゞ、____`¨ー、ミ、  ヘ 、 i  l i //   ,.-'"_,.-‐'"_,.-'"/_,.--
      \\`ヽ ミ‐‐-`ー   =-、ヘ l //彡彡 _,.-'"_,.-'"//
       \\∨¨゙lt-、     ゝ、   ////  /l/  ,//     /
 \.       \\ ∨´`ヽ、__  \ニ/彡  _イ/  _∧,/       .//
   ミ、     \\    l l`¨i====iァ-ャ゙7´ l! ,/ /  /  ///
    ミミ`ヽ    ヾト、   ヽl   ∨ ∨ l/  ,∧/   〃 ./彡彡
ミミ=、 二ミミミ     ヽ∧  ,        ,∧./    彡-/彡´¨
  ミミミミミミミミ    \\/i     lヽ_/ /   ////
      ヾミミミミミミ、     \l l ∧ ∧ l li/  -=ニ三三三ニ=-
                 \二二二/
かっちぇ氏の製作したオリジナルキャラ。犠牲にはなってない。
氏のペットであるフェレット(シロイタチ)をモデルにしたとのこと。

イタチの特徴と生態

イタチ(鼬)とは、食肉目ネコ亜目イタチ科イタチ属に所属している哺乳類の総称であり、
フェレットオコジョ、ヨーロッパミンク、ニホンイタチ、テンカワウソラッコなどがイタチ属に属し、
アナグマクズリは、それぞれイタチ科アナグマ属、クズリ属に属する。
似た物でムジナという物もあるが、これは地方によってアナグマの別名だったりタヌキの事だったりと意味が異なる。
また、イタチがモチーフのカマイタチ(鎌鼬)という妖怪or自然現象も存在する。

小さくて愛らしい外見をしているが立派な 肉食獣 であり、ネズミスズメは元より
自分より大きなニワトリなどにも襲いかかって食らう。このため、農家からは害獣と見なされている。
特にラッコはかなりの大食漢で体重(成獣で約40キロ)の20~33%ほどのウニや貝等を大量に食べる上、
絶滅危惧種のために駆除が難しいので漁師の方々の頭を悩ませている。
最近ではテンがトキ達をテーレッテーして有名になった。
て‥てめえは狼じゃねえな‥‥狼なら‥‥ただ殺すだけの狩りはしねえ‥‥
テン「トキは絶滅種だがら自重しろ?(自然界では)勝てばいい、それが全てだ!
……ただし、実際には野生動物も「殺戮」や「虐待」を遊びとして行うことがある。
イタチなどはその典型例で、ネズミを食べるよりも遊びで殺す事の方が多い。

「ガンバの冒険」などは、イタチの凶暴性を前面に押し出した作品に仕上げ、当時の子供達に深いトラウマを植え付けたことで知られている。
またアメコミの代表キャラであるウルヴァリンの名前の由来となったクズリは上記の凶暴性がアップし、
大型獣のトナカイやヘラジカを襲ったり、オオカミやコヨーテから獲物を奪うこともある程で、最強動物の一例として語られている。
某ラッコ漫画の影響で、「クズリ=ウ●コばっかりしている奴」を連想している読者諸氏はくれぐれも気をつけて頂きたい。
他にも熱帯のサバンナに住むラーテルという種類のイタチは、ライオン等大型動物に立ち向かうはコブラの毒も耐性あるわ、
何でも喰ったりする等のフリーダムっぷりの為「the most fearless animal (世界一怖い物知らずの動物)」としてギネスブックに登録されている。
ちなみに某魔法少女アニメの影響で「淫獣」と呼ばれたりするが、サギみたいに「死ぬまで発情期」ということはない。

ニコニコではイタチと言えば犠牲になった忍者の方が有名だがイタチという動物の中では、
上記の「ガンバの冒険」のノロイ*1と「しあわせソウのオコジョさん」のオコジョさんが有名となっている。


MUGENにおけるいたち

そういった背景をふまえているわけではないが、十分に強力なキャラクターである。
デフォルトでAIも搭載されており、デフォだとhard設定なので怒涛の空中コンボで封殺してくる事も多い。easyにも調整可能なので相手によって使い分けよう。
素早く動き回り、身軽に飛び回っての空中コンボなどの連続技で相手を攻撃してゆくスタイル。
いたちとだけあってか本来の意味での飯綱落としも使用可能らしく、類似した動きをする技がある。
ただし、若干サイズが大きいため、相手も攻撃重視型だと辛くなるかもしれない。
また数々の個性的な技も搭載しており、大ジャンプして上空から攻撃する「いたちバルセロナアタック」あたりはまだしも、
口から極太ビーム放つ「いたちメガソニック」、巨大化して押しつぶすウルトラフェレット」などの技は非常にインパクトがある。お前のようなイタチがいるか!!
…まあスタンド持ちのナマコや群れるペリカンビームを吐くニジマスといった他のMUGENの動物のことを考えるとこれが普通なのかもしれないし仕方ないね!
ボイスはパズルファイター版デビロット姫なので、性別はどうやら♀の模様。
声が声だけに高飛車な性格を思わせるキャラである。
カラーパレットも豊富で全部かわいいのでいろんなカラーを使ってみると楽しいかもしれない。


出場大会

出演ストーリー

その他



*1
+ノロイの説明
「ガンバの冒険」のラスボスである恐るべき白イタチ・ノロイ。
白い悪魔という二つ名をガンダムの以前に公式で使用しており、アニメ作品における「白い悪魔」の初出とされる。
第24話のサブタイトルも「白い悪魔のささやき」。
神々しいまでの美しさ、残虐性、知略、紳士的な言動、独特の美学、カリスマ、不死身性…etc。
どれを取っても理想的な悪であり、今なおアニメ史上最高の悪役として讃えられている。
また、冒険の過酷さと非情な運命を歌ったエンディングテーマと合わせて子供たちに植え付けた絶望感とトラウマは計り知れない。
実際は唯のイタチに過ぎないが(催眠術とか使うが)、主人公ガンバ達も唯のネズミに過ぎないので(道具を使ったりするが)、
まさに元祖「白い悪魔」と呼ぶにふさわしい恐怖を見せてくれる。

実は人間とイタチとネズミの関係は現実と同じ為、人間から見れば悪魔でもなんでもなかったりする。
(希少種でもなければ)人間がネズミを護ってくれないのも現実と同じだが(ネズミとイタチ以外は言葉が通じない)。
続編の映画ではイタチやカワウソが野犬に一方的に虐殺されている。

原作では一巻(全三巻)のラスボス的存在。賢い分体は小さく、他のイタチと比べて体力面では劣るという描写がされていた。
実際には群れのリーダーですらなかったが、知恵の回る弱者が仲間を扇動していたのがネズミたちの目線ではイタチを統率しているように見えたというオチ。
そのためガンバから釘で刺されただけで死ぬ。

後の作品に多大な影響を与えた悪役であり、サブカルチャーにおけるいたちを語る上で外すことはできないとされることもある。