デス13

「この世界から逃れることはできん!」

キャラクター紹介

ジョジョの奇妙な冒険』第三部に登場したスタンド。
タロットカードの13番目「死神(デス)」の暗示を持つ。
本体のスタンド使いの名前は生後11ヶ月の赤ん坊「 マニッシュ・ボーイ 」。
自ら「天才」と豪語するだけあって、赤ん坊であるにも拘わらず様々な知識を持っており、
襲ってきたサソリを安全ピンで迷うことなく殺したり、喫煙までするその態度は大人顔負けである。
もちろん言葉もペラペラで話す事ができる。「ラリホ~」という独特の笑いが特徴。

「未来への遺産」でのCVはミドラーマライヤと同じ長沢美樹。
TVアニメ版ではピカチュウでおなじみの大谷育江が演じた。

本編内でDIOとの関連性が明かされておらず、会話・戦闘中にもDIOの名が一切登場しない珍しい敵*1
OVA、『オールスターバトル』『アイズオブヘブン』には登場しないが、コブラチームのSFCゲームではミドラーと二人で飛行機の客に紛れて奇襲を仕掛けてくる。

眠っている生物を「悪夢世界」に引きずり込む能力を持つ。
眠っている状態の相手の無防備な精神を包み込む能力のため、「悪夢世界」の中では自分以外のスタンドを封じることが可能。
スタンドはスタンドでしか倒せないと言う特性上、相手側にはこちらを倒す手段が一切存在しないというチートじみた性能を誇る。
さらに相手は目が覚めると夢の内容を忘れてしまうため、攻撃を受けたことさえ覚えていない。
またスタンド自体も胴体や脚を持たず、頭と腕と大鎌というデザインである。
夢の世界では好き放題に相手の精神を痛めつける事が可能だが、とどめを刺すのはその大鎌で執行しなければならない。
また上記のサソリを安全ピンで仕留める際にスタンドを使わなかったあたり、スタンドの実体化はできないのかもしれない。
強力な能力の代償と言ったところか、スタンド自体の性能もあまり高くない。
第五部に登場する「マン・イン・ザ・ミラー」はスタンドや特定の物を持ち込めなくしたり半分だけ許可する等、死神13に近い性質を持つ。

ただの赤ん坊のふりをして承太郎達についていき、夢の中で殺そうとするが
正体に気づいた花京院に「スタンドを出して眠れば夢の中にもスタンドが持ち込める」という弱点を半ば偶発的に突かれ、敗北した。

しかしながら、自分だけ一方的にスタンドを出せるという性能が強力であることには間違いなく、
「最強のスタンド」を議論する場では必ずと言っていいほどその名前を見る。
(あくまでも夢の中限定かつ、正体を知られていない場合にのみだが)
ちなみに第三部の敵キャラの中では珍しく再起不能になっていない上に
自分のう○こを混ぜられたベビーフードを食わされる という、ある意味再起不能や死よりも酷い仕打ちを受けたが…)
承太郎、ポルナレフ、ジョセフは彼の正体を知らないまま。モハメド・アヴドゥルイギーは一行にいないので面識すらない
しかも肉の芽を植えつけられていた様子も無い為、第四部以降も無事に生存している可能性が高い。
花京院は「もう二度と関わるな」と釘を刺された上で自分のウ●コを食わされるという屈辱を味わったため、
少なくとも彼らと関わる事は二度と無いだろうが……
ちなみにスタンドの性質上、この戦いでは敵も味方もほとんど負傷していないのだが、犬(もちろんイギーではない)の腹が内側から引き裂かれる等やけにグロい場面が多い。
しかしTVアニメで自主規制されたのは赤ん坊の喫煙シーンだけで、赤ん坊に無理やりウ●コを食わせるのはそのまま流していた。


ゲームにおける性能

CPU専用キャラクターで、ジョースター一行の誰かを使用した時のみ一定条件を満たすことで乱入してくる。
乱入キャラ扱いではあるが、勝敗に関係なく次ステージへ進めるボーナスステージのような存在。
ガードが一切存在せず、攻撃は中~遠距離から鎌を飛ばしてくるのみという変り種のキャラ。
ガードの代わりかワープ技が存在し、ひたすら逃げ回りながらチクチク攻めてくる。
また、使用キャラのスタンドの偽物(ジョセフのみ本人の偽物)を突進させる技もある。
原作では肩より下が空洞だったが、ゲームではマントの全体に喰らい判定がある。

無印の頃は出現条件が非常に厳しかったが、『未来への遺産』では大きく緩和された。
が、それが原因で戦闘が「作業」呼ばわりされることにもなった。

戦闘中はスタンドのみで、本体の姿はPS版のスーパーストーリーモードのデモにのみ登場。
『HD Ver.』では本体が登場しないが、名前表示は本体の「マニッシュ・ボーイ」になっている。


MUGENでのデス13

  • 極秘氏製作 アレンジ仕様
イントロでマニッシュ・ボーイがいるのが特徴。
PS版を元に、原作ゲームにはなかったゲージ消費の超必殺技や、5カウント後に発動する設置型の罠などが搭載されており、中々面白い性能になっている。
原作と比べて動作が緩慢ではあるが、ガード不能の超必殺技、ほぼ隙の無い罠と偽スタンド攻撃、
キャラによってはそれのみで封殺できる小鎌など強力な技が揃っており、性能はかなり高い。

本体性能を全く自重する気のないAIが公開された。
ただし、このAIは極秘氏の許可を得ていない無断改変物であるので、注意されたし。

  • Gal129氏 未来への遺産仕様
2012年11月4日に公開。こちらは原作ゲーム(未来への遺産)を再現したもの。
未来への遺産再現のためぬるぬると動き、動き自体も早い。また画面端かつ密着時のみ6X連打で永久可能。
と対戦した場合のみ相手スタンドを使用可能だが、現在のところスタンド召喚は未搭載。
氏によるAIも搭載済み。上述の永久も使用可能(というかデフォルト設定が使用)だが、遠距離特化キャラのためか永久設定ONでもあまり使わない模様。

また、音声が「うろジョジョ」仕様になるボイスパッチを柊竹梅氏がとあるアップローダーで公開しており、
花京院(偽物も含む)やポルナレフ(もちろんこっちも含む)が相手の場合は専用の台詞を喋る

280号氏の東方仗助の「俺の髪をけなすやつァゆるさねぇ!」にも対応させたかったらしいが、全ての攻撃が飛び道具判定だったせいで出来なかった… 「おのれポルナレフ」 とのこと。


「11ヶ月だ イレブンマンス! 天才なんだよ 天才!」

出場大会

更新停止中

出演ストーリー



*1
ラバーソールが追手のスタンド使いとして「死神」を挙げていたり、
「仲間の救援隊を待つ」という台詞が存在するため、DIOと彼の間に何かしらの関係はあったと思われる。
また、牙が生えている、天才的な知能を持っている、昼間は体調が悪かったが夜になると元気になった、などの点から
彼もDIOの息子の一人ではないか、という説も存在するが、仮説の域は出ない。

余談だが、ドラマCDでは本当に一切DIOとの関わりが無い敵スタンド使いの老人も登場している。
小説版の敵も全てDIOの部下だったため、第3部でDIOと関わりの無い敵スタンド使いは本当に彼だけだった。



添付ファイル