ニュートラルポーズ


キャラクターが何もしていない状態のポーズの事。立ち絵とも。
意外と「当たり前」で忘れがちな存在であるが、すべての技・行動の始動となり、
さらにはキャラクターのイメージも決定付ける大事なものである。
MUGENでは特殊なキャラクターでない限りairファイルの[Begin Action 0]に登録されている。
構えとも呼ばれる事もあるが、ジョン・フーン等のシステムと混同することもある為
スレッド等で使う際には注意しよう。
KOFXIIにおいては 『ニュートラルモーション』 という表現が使われている。

+ XIIからのキムさん

基本的にそのキャラクターの格闘スタイルに準じたポーズを取っている事がやはり多く、
実際の格闘技やモデル等がいる場合は、それを参考にドット絵が描かれている事が多い。
その為別ゲームの同じ格闘技使いのニュートラルポーズが意図せず似てしまう場合もあったりする。

格闘技経験が無いキャラの場合は直立不動だったり、それっぽい構えをしていたり、
さらには出来るだけダメージを受けない様逃げ腰だったりもする。
また「帝王の拳に、構えなど不要!!」なんていうキャラもいたり、

基本的に続編に同じキャラクターが登場する場合、
戦闘スタイルを変えていたりしない限り前作と同じ様なニュートラルポーズでいる事が多いが、
中にはバイスの様に出る度にニュートラルポーズが違うキャラもいたりする。
また、試合開始時は必ずニュートラルポーズを取るため、印象を手っ取り早く変えるのに有効であり、
続編が出た際にニュートラルポーズのみ変更されることも少なくない(上画像のキムなどは典型例)。
なお、暴走庵等のEXキャラクターは差別化という意味でニュートラルポーズが違う事が多いが、
リュウケンユンヤンの様な(元)コンパチキャラの場合、一見同じ様なニュートラルポーズだが、
よく見ると体の動かし方やリズムのスピードがお互い微妙に違うなんていう事もある。

ニュートラルポーズはやはり製作スタッフ・ドット職人のセンスによるところが大きく、
上記のキャライメージ等ももちろん、呼吸の仕方やリズムの取り方等も考慮しないといけない為、その重要度は高い。

ギュンターとガロンのニュートラルポーズの尻尾の動きは可愛らしいものがある。

なお、ニュートラルポーズで放置することで、特殊なニュートラルポーズに移行するキャラもいる。
(豪血寺一族のオロフ、MBの琥珀(しゃがみニュートラル)、PBの南さん(温泉ステージ限定)など)
またザベル・ザロックキャプテンコマンドーミドラーなど
ランダム性をもった特殊なニュートラルポーズを持ったキャラもいる。

スタッフのこだわりがあったり、味わいのあるものも多いので、一度じっくりみてみるのもいかがだろうか?