アイス

アメリカのDCコミックスに登場するヒーロー。
初出は1988年の『ジャスティスリーグ・インターナショナル』と比較的最近である。

職業:冒険家
本拠地:ニューヨーク
身長:5フィート7インチ
体重:136ポンド
目の色:ブルー
毛髪:ブラウン

本名はトーラ・オラフスドッター
ノルウェーの山脈に隠れ住む魔法の氷の民(マジカルアイスピープル)の村のとして産まれた。
生まれつき超能力を持っていたため、「グローバル・ガーディアンズ」にノルウェー代表として参入した。
そしてその後、「ジャスティスリーグ」に親友のファイアと共に加入することになる。
4代目グリーンランタンガイ・ガードナーの恋人としてジャスティスリーグでも長いこと戦っていたが、
オーヴァーマスターによって殺されてしまった。
その後も何回か幽霊として登場したりもしたが、最終的にはヴァルハラへ逝った。

……と思っていたら、「バーズ・オブ・プレイ」によって、ロシア支配の傀儡として復活させられた。
これに怒った彼女は脱走し、再びファイアの世話になることとなった。

ヒーローとしての能力は、名前どおり氷を操るもの
様々な形に変えて相手を攻撃したり、スケートリンクを作って一気に接近したりと使い道は多い。
もちろん天候や気温にも干渉でき、猛吹雪を巻き起こすことも可能である。
また、近接格闘の能力も非常に高く、素手での戦いを得意とする。
死亡前はどちらかというと穏やかな能力だったのだが、蘇ってからは怒りからか能力も攻撃的になった。

性格は割と長閑な地域出身だからか、無邪気で内向的な性格。
衝動的で刹那的なファイアとは性格が逆であるにも拘わらずいいコンビである。

なお、アメコミのヒーローで氷使いというとどうしても『X-MEN』のアイスマンを連想するが、
実際、『Marvel vs DC』ではアイスマンと戦うことになった。
MUGENに登場するAivar氏のアイスマンには、これらのクロスオーバーを元ネタとする大技「アマルガム」がある他、
アイス自身にもアイスマンと融合して繰り出す大技「アマルガム」が搭載されている。ただしAIは使用しない。


MUGENにおけるアイス

海外のSmogon Kane氏とBuyog2099氏によるものが存在している。
春麗サスカッチアイスマンを改変して製作したようである。
近距離格闘もこなすがどちらかというと遠距離寄りで、必殺技も、相手を凍らせる「アイスボール」、
相手を転倒させる「アイススリック」、攻撃判定のある身代わりを残して避ける「アイスダムセル」、
相手の飛び道具を防ぐ「アイスシールド」など、遠距離戦で役に立つものがそろっている。
また、彼女の超必殺技「アブソリュートゼロ」は、ゲージが全て無くなって回復しなくなる代わりに、
体力が満タンになり、相手の機動力と攻撃力を下げる という外道技になっている。

また、shingouken氏によるAIも同梱されている。

+ ところで…

出場大会

削除済み