マイク・ハガー


「マイク“マッチョ”ハガーの真骨頂!」

  初出作品: ファイナルファイト
  出身地: アメリカ(ニューヨーク・マンハッタン)
  生年月日: 1943年9月3日
  身長: 202cm
  体重: 121kg(初代・FF2) - 122kg(FFタフ) - 140kg(マッスルボマー)
  好きなもの: ハンバーグカレーライス
  趣味: 市長をすること
  得意技: パイルドライバー

カプコン製ベルトスクロールアクション『ファイナルファイト』のキャラクター。
アメリカに存在する超犯罪都市メトロシティの現市長、元ストリートファイター。通称「戦う市長」。
就任以後、街の治安を悪化させる犯罪集団「マッドギア」を街から追い出すための活動を精力的に行っていたが、
それが災いして今は亡き妻ナンシーとの間に生まれた娘ジェシカを誘拐されてしまい、自ら救出に乗り込む。
「マッドギア」を壊滅させた『ファイナルファイト2』以降でもカルロス宮本と源柳斎マキ
刑事ルシアと謎の青年ディーン等と組んで度々悪の組織を自ら壊滅させるというまさに戦う市長っぷりを披露している。
『ファイナルファイト タフ』の頃には50歳を迎えており、ファイターとしては高齢だが
「50歳を越えても衰えるどころかますますパワーアップされている」と名言されている。

好物はハンバーグとカレーライスという少し子供っぽい味覚を持っている。
基本的に“気合でなんとかなる”という考えらしく、1994年のカプコンのお便りコーナー『ハガーに訊け!』では、
すべての質問に対し「気合が足りない」と答える無茶っぷりだったのでたった一回で打ち切られた(代わりに『ケン・マスターズに訊け!』が連載)。

『ファイナルファイト』シリーズでの性能

『ファイナルファイト』シリーズでは、オーソドックスなキャラクター、スピードタイプのキャラクター、
そしてパワータイプのハガーという3人がプレイアブルキャラクターなのが定番となっている。
初代『ファイナルファイト』の時点からこの点については徹底しており、コーディーと比べると
動きが遅く、安全にダメージを与えられる「パンチハメ」と呼ばれるテクニックの難易度が高く上級者向けであった。
しかし、豪快なパワーとプロレス技で敵をなぎ倒していく上半身裸の市長というあまりにも濃すぎる個性から人気を獲得、
以後全作品に登場する人気キャラクターとなり「ファイナルファイトと言えばハガー」という認知を得ている。

SFC版『ファイナルファイト』では容量の関係でガイがハブられ、別verではコーディーがハブられたが、
そんな二人をよそにハガーはどちらのverでもプレイヤーキャラとして使用できた。
後のシリーズでは皆勤賞となり完全に主人公のポジションに納まっている。ちなみに市長以外の皆勤はアンドレしかいない。

得意武器は初代では鉄パイプ、2では角材、『マイティファイナルファイト』ではハンマーとパワー系で、
他のキャラが使う場合より素早く振り回すことができるようになっている。

フルメタルハガー

外部作品への登場

『ストリートファイター』シリーズのザンギエフとキャラがモロ被りするという大人の事情によるものか、
同シリーズへの登場機会には恵まれず、プロレスを題材としたゲームの『マッスルボマー』シリーズや
クロスオーバー作品の『ナムコクロスカプコン』等に出演している。

ファイナルファイトシリーズと同一世界の『ストリートファイター』シリーズであるが、
上述した通りザンギエフとの深刻な技の被りから同シリーズには登場しておらず、カメオ出演にとどまっている。
(各キャラクターのエンディングやザンギエフのアレンジコスチュームとして登場するなど)
クロスオーバー作品である3D格闘ゲーム『CAPCOM FIGHTING ALL STARS』ではメインキャラクターとして
登場する予定であったものの、同作品が2003年にロケテ段階まで開発が進んだにもかかわらず開発中止となり
格闘ゲームへの出演機会では非常に不遇となっていた。

+『マッスルボマー』シリーズ
CWA所属の正統派レスラー、ニューヨークにホームを置く。
キャッチコピーは「悪を許さぬリングの守り神」・「市長」、リングネームは「マイク“マッチョ”ハガー」。
タッグの相方はシープ・ザ・ロイヤル、タッグチームネームは「KNUCKLE BUSTERS」。
プロレスラーはあくまで副業だが、本業の市長職はサボり気味で政務を溜め込んでいる。
敗北デモでは「強い!!お前にならこれからの時代を任せられそうだ…」とか言いつつ、
ポトレには「む…無念だ…」とフキダシがついており、表情もとっても悔しそう。どっちなんだ。
いいから市長の仕事しろ。だいたい趣味が「市長をすること」ってなんだよ
しかし市長に選ばれた理由は意外にまっとうらしく、ケンはカプコンのファン会員雑誌『クラブ・カプコン』で
「レスラーとして人気絶頂期に立候補しその人柄の良さゆえに当選した」とコメントしている。
もっとも「チンピラどもの噂だと前の市長を脅したとかなんとか……」とも言ってるが。

cvはブロッケンJr.島津英雄などで知られる水鳥鉄夫氏。

『ファイナルファイト』ではパワーキャラという事でスピードは低めに設定されていたが、
登場キャラクターが全員プロレスラーの『マッスルボマー』シリーズでは概ねオーソドックスな性能に近づき、
技の発生スピードはそれほどではないものの硬直が短く隙が少ない扱いやすいキャラとなっている。
また、投げ間合いが広めでトレードマークであるパイルドライバーを決めやすいのも大きな特徴の一つ。
ファイナルファイトとほぼ同じモーションで繰り出されるダブルラリアットは回転系の技らしく
上下方向にも判定が出ており、相手を引っ掛けて奇襲にも使え、扱いやすくなっている。

プロレスゲーから2D格闘ゲーム風のシステムに変更されたした『スーパーマッスルボマー』では
飛び道具や長リーチ技は持たないものの、使いやすい技が揃ったオーソドックスなキャラクター性能を
そのまま引き継いでいる・・・と思いきや、とにかくタックルの有利フレームが尋常ではないため
タックルからのダッシュ攻撃連携は当てれば大ダメージ、ガードしたら鬼のような固めが可能。
死ぬまで相手を殴れるという恐ろしいまでのワンチャンから勝ちを狙えるキャラとなっている。

+CAPCOM FIGHTING ALL STARS
メトロシティ市長、マイク・ハガーの許にDEATHなる人物から
「12時間後にメトロシティ全てを消滅させる爆弾を設置した」とする電話が入る。

これに対してハガーは、爆弾の所在地とDEATHの実態を探るべく行動を開始。これに呼応して格闘家達もそれぞれ調査を開始した。
(ゲーメスト掲載、ゲーム紹介より)

メトロシティを舞台として、『ストリートファイター』、『ファイナルファイト』、『ジャスティス学園』、
ストライダー飛竜』からのキャラクターにオリジナルキャラクター3人を加えたクロスオーバー作品として
制作されていた『CAPCOM FIGHTING ALL STARS』にポイズン、ハガーが登場する予定であった。
(元々このオリジナル枠でデビューする予定だったのがイングリッドである)
しかし、ロケテスト段階まで開発が進んでいたにもかかわらず2003年になってまさかの開発中止となり、お蔵入りに。

オリジナルキャラクター「D.D」「ルーク」「イングリッド」の3人のデビュー作が消滅するとともに、
市長の新必殺技「グランドマッスルボマー」も幻と消えてしまった……。

以後、転機となるのは2011年に発売されたMVC3への参戦となる。
マーヴルvsシリーズではザンギエフが投げキャラ枠として収まっていたが、同作では
それに成り代わりまさかのハガーが出演。そのため、ザンギエフは出演していない。

鉄パイプで相手を殴る、パンチハメするハイパーコンボがあるなど、原作ネタを満載。
さらにダブルラリアットを使うとライフを消費するという点まで原作に忠実である。
ライフを消費するものの、ダブラリ中は完全無敵というこれもまた原作のような性能になっているため、
体力100,000を消費してでも拒否したい技に対しては非常に役に立つ技の一つである。
(ハガーのライフは1,200,000あり、更にこの消費ライフは回復可能ダメージとなる)
+『MARVEL VS. CAPCOM 3』での性能
体力を消費するという明確なデメリットがあるぶんダブラリが非常に強い技となっており、
非常に長い無敵で相手の行動に割り込みやすい上、ヒットすれば追撃可能、更にアシスト技にもなっている。
ハガー自身は典型的なパワーキャラであり、当たれば追撃可能でとんでもないリーチを持つ鉄パイプと
様々な投げを振り回すのが持ち味。
そして同作のパワーキャラらしくダブラリ、鉄パイプ、投げの何かが入れば相手は死ぬ。

相性差が非常に激しいキャラで、直接殴り合うキャラはダブラリによる逆択のリターンが高すぎて圧倒的優位に戦える一方、
ハイパーアーマー飛び道具を持たないため、近づくことさえ難しいシューティングタイプの相手や
接近を拒否し続けられる技を持つ相手(この人とか)には著しく分が悪い・・・筈なのだが
前述の何か引っかかればそこから即死まで持っていける実戦値の高さと非常に高い体力(2番目タイの120万)から
実際は全く油断ならない。わざわざSTGキャラを潰すためにハガーを被せるプレイヤーも居る程である。
地上にいれば共通テクのウェーブダッシュでかなり機敏に距離を詰められるため、
ギリギリまで削ってもワンチャン鉄パイプの差し込みから即死、なんてのはわりとある光景である。

とはいえ本質的には不利キャラ相手にとことん不利なのは事実。先鋒起用してアシストをつけるなり、
後方起用して有利な相手にだけ殴り合うなりしたいところ。
味方にダブラリの逆択を付与できる後方起用も便利だが、ラス1で不利キャラを相手にしてしまうと後がない。
強みのあるキャラではあるが、生かすためのチーム構成には一考の余地ありといったところか。

ちなみにマーヴルキャラからの絡みとしては、日本語版におけるキャプテンアメリカの勝利メッセージにおいて、
彼がハガーに敬意を払っていることが明らかになった。
(公務のみではなく悪にも正面から立ち向かう姿が凄い市長らしい)
一方で、英語版では真のリーダーはあくまで最後の手段として圧を加えるものですよ、とハガーに注意している。

また、今作ではメトロシティのプロレス興行では 鉄パイプを使うのがメジャー という
恐ろしい事実も明らかにしていたりする。

今回の声(日本語ボイス時)は承太郎サンタナ・ローレンスなどでおなじみ梁田清之氏。

+MVC3のEDは…
ギャラクタス襲来という地球の危機を解決した功績か、なんと某国の大統領になっている。
フォーマルでも上半身裸という無茶振り大統領である。
ついでに趣味「大統領をすること」に変更されている。
だから趣味にするなt(ry



    /| | | | | | | | |ヽ
    |ミr' ´ ̄ )  ̄ ヽi
    |ミj  ●   ● | <ザンギエフなんかよりもハガーさんの方がいいです・・・っと。
    〔9   <,,●,ゝ |   
   /\   |∪| /\
  /  /_ニヘヽ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
_(___|_)/ 小さな事から /カタカタ
        \/ コツコツと  /



「リングにひとたび上がれば、

          私は紳士の仮面をはずす。さぁ、来なさい!!」

紳士の仮面とかいうのをかぶってたとこを一度も見たことがないんですがうわなにをするやめ

+ナムカプでの活躍
作中では中盤に突如として味方増援として現れる。骨仮面のようにPVでネタバレすることもないため、かなりサプライズ気味な参戦である。
CVは『カプエス』や『カプジャム』でザンギエフの声を担当している玄田哲章氏。同作では名無しの超戦士2pの声も担当している。
余談だが、ドルアーガの塔から空中戦艦バルログに乗り移る時の会話で二人が並ぶシーンがある。無駄に暑苦しい。
また、参戦理由がこれまた凄く「潜入していた船が、突然時空転位に巻き込まれてに飛ばされたんで、当てもなく彷徨ってたら自軍に出くわした」というもの。
その船から合流地点までは飛行船で移動するぐらい離れている。普通なら自軍に会えずのたれ死んでもおかしくないのだが流石市長だ、なんともないぜ!
あまり自軍メンバーとの絡みは無いのだが、要所要所でおいしい台詞を言ってくれる。また、ブルースのアメリカンジョークに唯一大爆笑していた。HAHAHAHAHA!!
普段は原作にならってだが、EDではスーツ姿を披露してくれる。どっかの誰かさんも見習ってほしい。

性能面では、パワータイプながら主力技の「ダブルラリアット」などヒット数の多い技が多く、扱いやすいユニットである。
しかし、見た目に反し防御力が 全キャラ中最低 であり、とんでもなくやわい。敵陣に放り込むと普通に死ぬ。
装備アイテムでも追いつかないぐらいのやわさだが、HP自体は高いのでフォローは可能である。隣に島津英雄など、硬いユニットを配置してかばわせたい。
よく考えれば半裸だからダメージを受けやすいのは当たり前なのだが、同じく半裸三島平八は自軍屈指の防御力を持ってたりする。不公平だ。
(もしかするとファイナルファイトにガードが存在しないというのを防御力の低さとして表現しているのかも。…いや、スーパーマッスルボマーじゃガードできるんですが…)
また、ダブルラリアットはMA攻撃(複数の敵に対する同時攻撃)にもなり、MA攻撃にしては攻撃力高め。……まあ、ナムカプのMA攻撃はこれも含めてほぼ使い道はないのだが……。
ハガー自身のMPがそんなに高くないのもあり、あまり使わない。MPは防御力を上げるスキル「鋼の肉体」に回したいし。
ちなみに、オルテガの項目にも書いてあるが、今作の必殺技は彼の技、「マッスルボマー」となっている。
「オルテガから受け継ぎしこの技~」という台詞もあるので、訳ではないようだ。
他にも戦闘台詞では「ソドムの刀の方が効くなぁ」「ロレントの方がまだマシだぞ?」「コーディーに笑われるなぁ、これでは…」と
他のファイナルファイト系キャラの名前を出してくれる。「イッチバ~ン!」とかも言ってるけど。タッグの相方のモデルがベーダーだからか?

+余談
『コミックボンボン』で連載された『機動戦士Vガンダム』の漫画版には、市長に酷似した「ギンザエフ大尉」が登場する。
MS格闘王を自称し、コロニー住人を守るために武器を装備せずに素手のMSで敵MSと戦う人格者である。
世が世なら人情派ガンダムファイターとして名をはせていたのかもしれない。
ガンダム・ザ・バトルマスター』に出てくる農家の人も見習うべきであろう。
旧ザクで果敢にガンダムに挑んだガデム大尉や拳一つで敵のザクを撃破したククルス・ドアンが彼の目にどう映っているのかは気になるところである。
ただし残念ながら単行本未収録。


MUGENにおけるハガー

  • アリ氏製作 ファイナルファイト仕様
三次元移動が可能なストロングジェントル。
アクションゲーム『ファイナルファイト』を忠実に再現している。
(氏のキャラで同じくファイナルファイト出身のエディ.Eアビゲイルも可能)。
武器は刀・鉄パイプ・ナイフの3種類。
落ちてくるドラム缶は攻撃判定があり、自分も敵もダメージを受ける
中から回復アイテムが出てくるので、アイテムの上でパンチボタンを押せば拾って体力回復できる。
2015年4月1日をもってアリ氏が引退した為、残念ながら正規入手は不可能となった。
転載・改変自体は自由との事。
現在はfoxy氏のonedriveにて代理公開されている。

カクゲ 強キャラ祭」において、エヴァンゲリオンに補完されなかったため非人類説が浮上している。
市長>エヴァ>ナイトメアブロリー>市長…の3すくみは有名。

  • 虻蜂氏製作 スーパーマッスルボマー仕様
操作感も元ゲーのそれに近く、非常に完成度が高い。
デフォAIも強力で、判定の強いフライングボディアタックで空中戦を制しつつ、
打撃キャンセル掴みでガード硬直中すら投げるため(原作仕様)崩し能力は高い。
反面、当時の格ゲーとしては掴みモーションの発生が遅めで、同年代の投げキャラとの掴み合いはやや不利。
『ファイナルファイト タフ』から移植された3ゲージ技「ファイナルハンマー」は、
相手をブン投げての飯綱落としから、リングを呼び出してスクリューパイルで〆る技。
これでフィニッシュすると、相手は元ゲー通りスケキヨ状態でリングにめり込む。

  • ですからー氏製作 スーパーマッスルボマー仕様+アレンジ
性能はアレンジされており、セービング我慢補正を搭載。
プロレスらしい入場シーンなど演出もかなり強化されており、原作ではやや地味だったヒットエフェクトや効果音はとても派手になっている。
スクリューパイルドライバーは1ゲージ消費の超必殺技となっており、2ゲージ版はファイナルハンマー、
そして3ゲージ版はグランドマッスルボマーとなる。
こちらはリング召喚こそしないものの、必殺・超必投げでKOされた相手はやはり地面に突き刺さる。
搭載されているボイスは、ナムカプ版とカプエス版ザンギエフの物がミックスされており、
上述の「マイク “マッチョ” ハガーの真骨頂!」「オルテガから受け継ぎし~」等の台詞で賑わせてくれる。
また、ボイスはコンフィグでマッスルボマーのものに変更できる。
11段階に調整可能なAIも標準搭載されている。
ラッシュ力・崩し能力の高さはもちろん、追加技の対空投げや超必版ダブラリで対空の弱さもカバーされ、
押されがちな相手に対しても我慢補正で一発逆転を狙えるため、強クラスの強さを誇る。

  • バッカス氏製作 スーパーマッスルボマー仕様+アレンジ
海外で作られたアレンジもの。キャラのサイズは、ですからー氏のものと同じくらい。
cnsで拡大しているのではなくsffの時点で拡大したスプライトを使っており、いくぶんなめらかに見える。
ゲージ技にオリジナルの技をいろいろ搭載。
迫力はあるものの虻蜂氏やですからー氏のハガーに比べると火力は自重気味で、
ハガーの3ゲージ投げ=相手は地面に刺さったまま死ぬというインパクトに慣れてしまっていると、いくぶん淋しく見える。
AIは最初から搭載されている。

  • Acey氏製作 マヴカプ仕様
Acey氏製作、オリジナルながらドットのクオリティが高い。
ただ、ハルク辺りをドットの参考にしたのか、アリ氏版とは別の意味で人間離れしているような……
ファイナルファイトで使った技も使用する。

  • SeanAltly氏製作 手描きドット
ロールシャッハなどを手掛けるSeanAltly氏による、高クオリティの手描きドットによるハガー。
MVC3のモーションを元にした、4ボタン+超必殺技ボタン+投げボタンの6ボタン構成のオーソドックスな格ゲー仕様である。
技は「デスクワークガトリング」などに代表されるMVC3の技が搭載されている。
カルフム氏によるAIが公開されている。

その他に『ファイナルファイト タフ』版のハガー、ナムカプ版スプライトのハガーも存在する。



「がっかりさせないでくれ。

 お前の力はこんなものではないだろう?」


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結

プレイヤー操作

カクゲ 強キャラ祭(ファイナルファイト)
単発!良キャラ発掘絵巻(Part04 ですからー氏)

出演ストーリー