マイク・ハガー


「マイク“マッチョ”ハガーの真骨頂!」

  初出作品: ファイナルファイト
  出身地: アメリカ(ニューヨーク・マンハッタン)
  生年月日: 1943年9月3日
  身長: 202cm
  体重: 121kg(初代・FF2) - 122kg(FFタフ) - 140kg(マッスルボマー)
  好きなもの: ハンバーグカレーライス
  趣味: 市長をすること
  得意技: パイルドライバー

カプコン製ベルトスクロールアクション『ファイナルファイト』のキャラクター。
アメリカに存在する超犯罪都市メトロシティの現市長、元ストリートファイター。通称「戦う市長」。
就任以後、街の治安を悪化させる犯罪集団「マッドギア」を街から追い出すための活動を精力的に行っていたが、
それが災いして今は亡き妻ナンシーとの間に生まれた娘ジェシカを誘拐されてしまい、自ら救出に乗り込む。
「マッドギア」を壊滅させた『ファイナルファイト2』以降でもカルロス宮本と源柳斎マキ
刑事ルシアと謎の青年ディーン等と組んで度々悪の組織を自ら壊滅させるというまさに戦う市長っぷりを披露している。
『ファイナルファイト タフ』の頃には50歳を迎えており、ファイターとしては高齢だが
「50歳を越えても衰えるどころかますますパワーアップされている」と名言されている。

好物はハンバーグとカレーライスという少し子供っぽい味覚を持っている。
基本的に“気合でなんとかなる”という考えらしく、1994年のカプコンのお便りコーナー『ハガーに訊け!』では、
すべての質問に対し「気合が足りない」と答える無茶っぷりだったのでたった一回で打ち切られた(代わりに『ケン・マスターズに訊け!』が連載)。

『ファイナルファイト』シリーズでの性能

『ファイナルファイト』シリーズでは、オーソドックスなキャラクター、スピードタイプのキャラクター、
そしてパワータイプのハガーという3人がプレイアブルキャラクターなのが定番となっている。
初代『ファイナルファイト』の時点からこの点については徹底しており、コーディーと比べると
動きが遅く、安全にダメージを与えられる「パンチハメ」と呼ばれるテクニックの難易度が高く上級者向けであった。
しかし、豪快なパワーとプロレス技で敵をなぎ倒していく上半身裸の市長というあまりにも濃すぎる個性から人気を獲得、
以後全作品に登場する人気キャラクターとなり「ファイナルファイトと言えばハガー」という認知を得ている。

SFC版『ファイナルファイト』では容量の関係でガイがハブられ、別verではコーディーがハブられたが、
そんな二人をよそにハガーはどちらのverでもプレイヤーキャラとして使用できた。
後のシリーズでは皆勤賞となり完全に主人公のポジションに納まっている。ちなみに市長以外の皆勤はアンドレしかいない。

得意武器は初代では鉄パイプ、2では角材、『マイティファイナルファイト』ではハンマーとパワー系で、
他のキャラが使う場合より素早く振り回すことができるようになっている。

フルメタルハガー

外部作品への登場

『ストリートファイター』シリーズのザンギエフとキャラがモロ被りするという大人の事情によるものか、
同シリーズへの登場機会には恵まれず、プロレスを題材としたゲームの『マッスルボマー』シリーズや
クロスオーバー作品の『ナムコクロスカプコン』等に出演している。

ファイナルファイトシリーズと同一世界の『ストリートファイター』シリーズであるが、
上述した通りザンギエフとの深刻な技の被りから同シリーズには登場しておらず、カメオ出演にとどまっている。
(各キャラクターのエンディングやザンギエフのアレンジコスチュームとして登場するなど)
クロスオーバー作品である3D格闘ゲーム『CAPCOM FIGHTING ALL STARS』ではメインキャラクターとして
登場する予定であったものの、同作品が2003年にロケテ段階まで開発が進んだにもかかわらず開発中止となり
格闘ゲームへの出演機会では非常に不遇となっていた。

+ 『マッスルボマー』シリーズ

+ CAPCOM FIGHTING ALL STARS

以後、転機となるのは2011年に発売されたMVC3への参戦となる。
マーヴルvsシリーズではザンギエフが投げキャラ枠として収まっていたが、同作では
それに成り代わりまさかのハガーが出演。そのため、ザンギエフは出演していない。

鉄パイプで相手を殴る、パンチハメするハイパーコンボがあるなど、原作ネタを満載。
さらにダブルラリアットを使うとライフを消費するという点まで原作に忠実である。
ライフを消費するものの、ダブラリ中は完全無敵というこれもまた原作のような性能になっているため、
体力100,000を消費してでも拒否したい技に対しては非常に役に立つ技の一つである。
(ハガーのライフは1,200,000あり、更にこの消費ライフは回復可能ダメージとなる)
+ 『MARVEL VS. CAPCOM 3』での性能


    /| | | | | | | | |ヽ
    |ミr' ´ ̄ )  ̄ ヽi
    |ミj  ●   ● | <ザンギエフなんかよりもハガーさんの方がいいです・・・っと。
    〔9   <,,●,ゝ |   
   /\   |∪| /\
  /  /_ニヘヽ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
_(___|_)/ 小さな事から /カタカタ
        \/ コツコツと  /



「リングにひとたび上がれば、

          私は紳士の仮面をはずす。さぁ、来なさい!!」

紳士の仮面とかいうのをかぶってたとこを一度も見たことがないんですがうわなにをするやめ

+ ナムカプでの活躍

+ 余談


MUGENにおけるハガー

  • アリ氏製作 ファイナルファイト仕様
三次元移動が可能なストロングジェントル。
アクションゲーム『ファイナルファイト』を忠実に再現している。
(氏のキャラで同じくファイナルファイト出身のエディ.Eアビゲイルも可能)。
武器は刀・鉄パイプ・ナイフの3種類。
落ちてくるドラム缶は攻撃判定があり、自分も敵もダメージを受ける
中から回復アイテムが出てくるので、アイテムの上でパンチボタンを押せば拾って体力回復できる。
2015年4月1日をもってアリ氏が引退した為、残念ながら正規入手は不可能となった。
転載・改変自体は自由との事。
現在はfoxy氏のonedriveにて代理公開されている。

カクゲ 強キャラ祭」において、エヴァンゲリオンに補完されなかったため非人類説が浮上している。
市長>エヴァ>ナイトメアブロリー>市長…の3すくみは有名。

  • 虻蜂氏製作 スーパーマッスルボマー仕様
現在は公開元のサーバー障害により入手不可。
操作感も元ゲーのそれに近く、非常に完成度が高い。
デフォAIも強力で、判定の強いフライングボディアタックで空中戦を制しつつ、
打撃キャンセル掴みでガード硬直中すら投げるため(原作仕様)崩し能力は高い。
反面、当時の格ゲーとしては掴みモーションの発生が遅めで、同年代の投げキャラとの掴み合いはやや不利。
『ファイナルファイト タフ』から移植された3ゲージ技「ファイナルハンマー」は、
相手をブン投げての飯綱落としから、リングを呼び出してスクリューパイルで〆る技。
これでフィニッシュすると、相手は元ゲー通りスケキヨ状態でリングにめり込む。

  • ですからー氏製作 スーパーマッスルボマー仕様+アレンジ
性能はアレンジされており、セービング我慢補正を搭載。
プロレスらしい入場シーンなど演出もかなり強化されており、原作ではやや地味だったヒットエフェクトや効果音はとても派手になっている。
スクリューパイルドライバーは1ゲージ消費の超必殺技となっており、2ゲージ版はファイナルハンマー、
そして3ゲージ版はグランドマッスルボマーとなる。
こちらはリング召喚こそしないものの、必殺・超必投げでKOされた相手はやはり地面に突き刺さる。
搭載されているボイスは、ナムカプ版とカプエス版ザンギエフの物がミックスされており、
上述の「マイク “マッチョ” ハガーの真骨頂!」「オルテガから受け継ぎし~」等の台詞で賑わせてくれる。
また、ボイスはコンフィグでマッスルボマーのものに変更できる。
11段階に調整可能なAIも標準搭載されている。
ラッシュ力・崩し能力の高さはもちろん、追加技の対空投げや超必版ダブラリで対空の弱さもカバーされ、
押されがちな相手に対しても我慢補正で一発逆転を狙えるため、強クラスの強さを誇る。

  • バッカス氏製作 スーパーマッスルボマー仕様+アレンジ
海外で作られたアレンジもの。キャラのサイズは、ですからー氏のものと同じくらい。
cnsで拡大しているのではなくsffの時点で拡大したスプライトを使っており、いくぶんなめらかに見える。
ゲージ技にオリジナルの技をいろいろ搭載。
迫力はあるものの虻蜂氏やですからー氏のハガーに比べると火力は自重気味で、
ハガーの3ゲージ投げ=相手は地面に刺さったまま死ぬというインパクトに慣れてしまっていると、いくぶん淋しく見える。
AIは最初から搭載されている。

  • Acey氏製作 マヴカプ仕様
Acey氏製作、オリジナルながらドットのクオリティが高い。
ただ、ハルク辺りをドットの参考にしたのか、アリ氏版とは別の意味で人間離れしているような……
ファイナルファイトで使った技も使用する。

  • SeanAltly氏製作 手描きドット
ロールシャッハなどを手掛けるSeanAltly氏による、高クオリティの手描きドットによるハガー。
MVC3のモーションを元にした、4ボタン+超必殺技ボタン+投げボタンの6ボタン構成のオーソドックスな格ゲー仕様である。
技は「デスクワークガトリング」などに代表されるMVC3の技が搭載されている。
カルフム氏によるAIが公開されている。

その他に『ファイナルファイト タフ』版のハガー、ナムカプ版スプライトのハガーも存在する。



「がっかりさせないでくれ。

 お前の力はこんなものではないだろう?」


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結

プレイヤー操作

カクゲ 強キャラ祭(ファイナルファイト)
単発!良キャラ発掘絵巻(Part04 ですからー氏)

出演ストーリー