摩神英子

「ざまあミソラシドってのよ!!」


1986年に松竹富士系にて公開された創映新社製作のハチャメチャバイオレンスギャグ映画『プロジェクトA子』の主人公。
後に制作されたOVAでは「魔神英子」と表記されたことも。
声優は人造人間18号ハーレクイン鷹野三四小笠原祥子冬木の虎等で知られる伊藤美紀女史。なんとこれがデビュー作である。
(余談だが大徳寺美子(B子)役の篠原恵美女史、寿詩子(C子)役の富沢美智恵女史も本作がデビュー作)



MUGENにおけるA子

竜子の製作者oggy氏による手描きのものと、Majere氏による春日野さくらをモデルとしたものが存在する。
ニコニコではβ版からの製作動画がアップされていた前者のほうが有名だろう。

oggy氏A子は原作には無いオリジナルの技や演出が盛り込まれ、ストライカーとしてライバルのB子のみならず、B子の手下の駆る巨大メカまで登場する等、竜子に勝るとも劣らないほどのクォリティの高さを見せる。
また超必殺技「真理」は、名前通り真理が出現し、原作通り北斗百裂拳を繰り出す。
さすがに一撃死はしないが威力は抜群である。
原作の「真理」

AIも搭載されており、出の速い通常技をガンガン振り回して攻め込んでくる。
飛び道具に対するガードが少し甘いが攻撃性能はすこぶる高い。
特にストライカーとして呼び出せるB子は出現してからかなりのあいだ場に居続けて攻撃してくるため相手の行動はかなり制限される。
さらにB子がランダム確率で呼び出す巨大メカ「マジンA子839」も出てくると、合計3方向からの攻撃がてんでばらばらに襲ってくるため、無敵移動持ちキャラでない限りほぼ完全封殺。
当たり判定のあるB子の存在はAI殺しになるのでAI戦も相当強い。
弱点としては、そのガン攻めすぎるスタイルゆえに起き上がりに当て身などを置いておくと勝手に手を出してくるのでそこから崩されやすいこと。
多少当て身を出すのが早くても、A子の攻撃の発生の異様な速さが逆に仇となってかかりやすくなってしまっている。
それと、足の速いチビキャラなら戦車投げの出だしに本体の懐に潜り込んでボコれる。あと、移動速度はやや遅め。故に空中戦や高速戦闘になると少し分が悪いようだ。

出場大会




添付ファイル