ガタノゾーア


平成ウルトラシリーズの第1作『ウルトラマンティガ』第51・52話に登場した怪獣。別名は「邪神」。
同作のラスボス的存在で、全長200m・体重20万tという巨体を誇る。
が、ウルトラ怪獣と考えると凄まじく軽かったりする(ティガはガタノソアより細身の53mで4万4千tもある)。
意外に思われるかもしれないが、ウルトラシリーズで最初に地球を破滅寸前まで追いやったラスボスでもある。*1

無数の触手や巨大なハサミ、口から吐き出す霧状の闇「シャドウミスト」と電撃、そしてティガすら石化させる石化光線が武器。
また、ガタノゾーアの出す闇(シャドウミスト)は恐るべき汎用性の高さを誇り、物理的力(隔壁など)では止められないほか、
GUTSの複数の小型光線銃はおろかその強化型の銃で撃ち続けても全く止まらず、人間を触れただけで即死させる。
しかも、ティガにもダメージを与えるばかりか、機械すら停止させてしまうという恐るべき性能を誇る。そりゃ地球も破滅寸前になるわ。

闇の邪神ゆえか後述の通り周到な計画を実行しており、見た目からは想像もできないが知能レベルは人間や宇宙人にも劣らないほど高い。
さらに前述の触手はティガがパワータイプにチェンジし、全力でやって一本引きちぎる事がやっとなほど強固。
劇中ではずっと下半身は海に浸かっていたため確認できないが、立派な二本の足があることがソフビ人形等で確認できる。


名前の由来はクトゥルフ神話に登場する旧支配者・ガタノトア
被害者がその姿をチラリとでも眼に入れると、一瞬にして全身が石化、
ただし脳と主要臓器だけは半永久的に石の中で保存され、意識も保たれるという最悪クラスの特殊能力を持つ。
上記のガタノトアの特性は部分的に再現されているが、色々な海産物が悪趣味に合体したような外見や、
ルルイエを本拠地にしているという設定の一部は、クトゥルフそのものがモチーフとなっている。
MUGENでのお仲間は主にこれとかこれとかこれだろうか。
原典のガタノトアをより知りたい方は、ヘイゼル・ヒールドの短編『永劫より』に触れる事を推奨。
ちなみにクトゥルフ神話の旧支配者には他にも、C・A・スミスの創造したフジウルクォイグムンズハーという
天地逆転した頭部を持つものがいたりするが、これもガタノゾーアのモチーフになっているかは不明。

なんでウルトラマンのラスボスがクトゥルフなのかといえば、シリーズ構成を担当した脚本家である小中千昭氏が
どんな作品であろうとクトゥルフ神話にしてしまうほどの重度のクトゥルフマニアだから。
他にも次々作である『ウルトラマンガイア*2や『THE ビッグオー』、『デジモン』シリーズまでクトゥルフ神話に取り込んでしまっている。

+原作ネタバレ
3000万年前に栄えていた超古代文明を滅ぼした張本人であり、古代人ユザレ曰く「大いなる闇」。
浮上した超古代都市・ルルイエ(クトゥルフ神話においてクトゥルフの眠る地であり、ニュージーランド沖に沈んでいるとされている)から
配下である超古代尖兵怪獣ゾイガーを送り込んで世界各地の都市を破壊させた。

+ゾイガーについて
ちなみにこのゾイガー、やたらと強いが尖兵と前述した通り複数いる怪獣である。
参考までに戦闘能力を記すと海底から出現し、オーストラリアに上陸後ほぼ数分でオーストラリアを完全壊滅させた他、
防衛チームGUTSの戦闘機ではロックオンができず、超高速移動装置マキシマオーバードライブをもってしても
何とか見失わないのがやっとなほど速い。*3
翼がもがれても残った翼を自分で引きちぎり格闘戦でティガを圧倒するなど恐ろしく強い。
何というかどこぞの最強の尖兵を連想させる怪獣である。
え?最終話でGUTSの普通の戦闘機に割とあっさり落とされてた? 気にするな!
まあ、相手がGUTSの隊長と巨大化した宇宙人を単独で撃破出来るほどの月面基地の凄腕隊長の二人が相手だった事もあるが……
後日談の映画『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』では小型種の超古代怨霊翼獣シビトゾイガーが登場。
このシビトゾイガー一匹一匹は大したことは無いのだがほぼ無限に現れ、体当たりではビルすら貫通する力を持つ。
また、特殊能力として人間を捕食し、姿と記憶をコピーすることができる。
この能力を披露したシーンおよび死亡した後に腹に捕食した人の顔が映る描写は子供たちに強烈なトラウマを与えた

まず、前述の通りゾイガーを世界各地に送り込み、各国主要都市を壊滅させ、次に超古代都市ルルイエを浮上させると同時に
世界を闇に包み、あろうことかGUTS基地に闇を送り込み基地の機能を完全に停止させてしまった。
ガタノゾーアに立ち向かうウルトラマンティガだったが、その頑丈な身体はティガのあらゆる攻撃も受け付けず、
巨大なハサミと触手に捕らえられたティガは口からの石化光線を受けて力尽きて石像となり、海底に沈んでしまった。
世界はガタノゾーアによって闇で覆い尽くされてしまい
GUTSによる光・遺伝子コンバーターを使ったティガ復活作戦も失敗。世界中の誰もが絶望した。

しかし、最後まで希望を捨てなかった世界中の子供達が“光”に変化し、融合したことでティガは復活。
黄金に輝くグリッターティガとなってガタノゾーアを圧倒。
タイマーフラッシュスペシャルを受けたガタノゾーアは消滅し、
それと共に世界中の空を覆いつくしていた闇も消え去ったのだった。
※参考・この話をもとにしたゲームの動画

51話と52話で大きさが異なる2種類の着ぐるみが存在している。
52話のものはアクション用に作られており(ソフビ人形はこちらの姿を基準に造形されている)、
51話のものに比べて大分小さいが、これは復活したティガ=グリッターティガが 身長120m という設定なので
縮んだという訳ではない。

また、この戦いの2年後を描いた映画『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』では
ガタノゾーアの怨念が闇の巨人・カミーラと融合して誕生した暗黒魔超獣デモンゾーア(全長888メートル・体重88万トン)が登場する。
こちらはガタノゾーアをも容易に上回る凄まじい大きさと強力な闇を持ちガタノゾーアと同じくティガを倒す。
だがその直後、滅び去った超古代の戦士たちが残った最後の光を全てティガに与え、その結果、ティガはグリッター化して復活。
そしてグリッターティガに体内に侵入されたデモンゾーアは、体内で最強技ゼラデスビームを放たれ
ガタノゾーアの怨念共々完全に消滅した。

映像作品以外では、脚本の小中千昭氏の短編小説『深淵を歩くもの』においても姿を見せている。
(同小説は雑誌掲載後、2001年に刊行された氏の短編集の表題作として収録されている)
作中で名前は直接呼ばれていないものの、「その醜い目は口蓋の下に位置している」という文章があるため
ほぼ間違いなく『ティガ』本編に登場したガタノゾーアを指してると考えて間違いないだろう。
短編集の裏表紙の解説でも「『ウルトラマンティガ』のアナザー・ストーリー」と明記されているし。
なお同短編集には、現実の脚本家としての小中千昭氏がキリエル人と遭遇する様をノンフィクションの出来事も交えながら描いた
『キリエル人』のエピソードも収録されている。

データカードダス『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』でも第5弾から登場。
『ウルトラマン Fighting Evolution 3』のポリゴンを第52話基準のデザインに改造しており、しかも操作キャラである。
地球を滅亡寸前に追い込んだ怪獣の割りには、ステータスは先立って高いとは言えないが、パワーがやたら高くゲーム中トップクラス。
だが、弱点を突かれるとあっけなく沈んでしまうと言う致命的な弱点も持っている。

『ウルトラマンオーブ』ではかつてウルトラ戦士が封印した魔王獣の一体「マガタノゾーア」として名前と怪獣カードのみ登場。
他の魔王獣と違いオーブ本編に登場していないため、(おそらく)ティガが封印したという事以外は現状不明である。


MUGENにおけるガタノゾーア

ケムラー2代目ゼットンを製作したmuu氏によって製作・公開がされた。
GBAソフトの『対決!ウルトラヒーロー』のガタノゾーアをもとにオリジナルの新技を加えた仕様で、
アポカリプスやくまさお氏のウルトラマンのような巨大キャラ。
平成ウルトラ怪獣は既にシラリーコダラーがMUGENに参戦しているが
日本国内シリーズからの登場はガタノゾーアが初めてとなる。

GBA版と比べるとかなりアッパー性能になっている。
通常技だがガードしても削りダメージが発生する触手攻撃や
一定の間隔で口から吐き出され、当たると少しの間行動不能にする「シャドウミスト」
やや高めに放物線を描いて飛び、威力は低いが当たると自身の攻撃力と防御力が上がる飛び道具「邪神の目覚め」
などといった技の他に、ストライカーとしてゾイガー(相手の攻撃が当たるまで消えない)を呼びだすこともできる。
また、デフォルトでLIFEが2500もあるので非常に硬く、アーケードモードでのボスキャラにうってつけ。
LIFE自体の高さのみならず、自動回復とタイムアップ時の全快も備えているため、長期戦を挑むのは自殺行為。
搭載されているAIも強力で、触手攻撃とゾイガーとの連携で並大抵のキャラなら何もさせないまま撃破することができる。
さらに一定条件を満たすことによって12P化(つまり論外化)する。こうなったらもう諦めるしかないだろう。

+大会ネタバレ
No.3は誰だ?怪獣大戦争トーナメント』において、リリースが大会開始後だったために
本戦にこそ出られなかったものの、エキシビジョンマッチにて出場。
エルクゥ2体を相手にストレート勝ちしてその強さを見せ付けた。
(※試合は6:12から)
…実のところAIレベルがMAXだとゼットンスーパーメカ翡翠にすら圧勝するため、立派な狂キャラです。

覚悟は良いか!?レアアクマくらいタッグ・シングル混合大会ではその防御性能と論外化で並み居る狂キャラたちを圧倒、予選を負け無しで通過した。
決勝戦第一試合では何の因果か怪獣タッグと対戦するも勝利。その後も順調に勝ち進み決勝進出した。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8698877

だが決勝では相性が悪かったこともあり、幼女タッグ相手に敗北。優勝を逃した。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8732887

MUGEN大怪獣バトル2010』の別枠トーナメントでは一回戦で地球の守護者を降し、
二回戦でイリス12Pと壮絶な邪神対決を展開。決着が全くつかないので判定にもつれ込んだ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11806596

他、『神一歩手前ランセレタッグトーナメント』にて優勝。優勝時のタッグは奇しくもゼットンであった。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11869476

2009年6月26日の更新にてエフェクトが差し替えられ
defファイルを切り替えることによってサイズが巨大化したものも使用可能になり、より邪神としての貫禄が増した。
(なお、氏が製作した他の怪獣キャラにも同様の更新が行われた)

そして、最新版にて12Pが論外になった模様…。
一応撃破確認はされているものの、元々強固だった即死耐性がさらに強化され、
撃破者曰く針の穴を通すような専用対策でしか倒すことができないとのこと。
攻撃面も強化され、当身即死、落下即死などが追加された。
その強さは原作クトゥルフ神話の旧支配者に相応しい強さだと言えるだろう。
さらに最新の更新で直死以外では倒せなくなった。

出場大会

削除済み
凍結

出演ストーリー



*1
特撮作品に限らなければ、居村眞二氏による漫画『ウルトラ超伝説』において、
「イド」と呼ばれる存在が地球を壊滅状態にまで追い込んでいる。
また、規模は劣るがTV版でも『ウルトラセブン』のゴース星人は地底ミサイルで世界各地の主要都市を焦土にし、
地球防衛軍を含めた地球の政界トップに地球を明け渡す無条件降伏を迫るところまで地球人類を追い詰めた。
(ただしゴース星人は「過労死寸前のセブンに敗れた最弱のラスボス」とも呼ばれてもいる)
と言うかラスボス縛りでなければTV版でもタロウのムルロアとか居たのだが……

*2
『ウルトラマンガイア』第5話には、海魔神ボクラグという怪獣が登場しており、
この怪獣のモチーフはラブクラフト氏の短編『サルナスの滅亡』に登場する水蜥蜴の神ボグラグとなっている。
また、続編のOV『ガイアよ再び』では、同じくクトゥルフ神話に登場した存在がモチーフの怪獣である
根源破滅飛行魚バイアクヘーが登場している。

*3
ちなみにこのとき使用されたマキシマオーバードライブ搭載機の飛行速度はマッハ8.5、
ティガのスピード形態であるスカイタイプはマッハ7だが、描写的にはスカイタイプの方が明らかに早いので
この設定数値はあまりあてにはならないが……
尤も劇中では(中の人の関係もあり)同程度の身長にしか見えないウルトラマン達とタロウ
数値上は頭一つ以上違う身長に設定されているのがウルトラマンワールドである。
(『空想科学読本』では人間並みの比較として、45mのゾフィー(及び父)を基準の180cmとして、
 40mのマンからエースは160cm、53mのタロウは212cmと弾き出している)



添付ファイル