G・サイクロン



 形式番号 GP-D2
 アーム デスドリル
 レッグ インセクトロイド
 ウェポン 地雷
 頭頂高 13.2m
 重量 43.1t
 センサー有効半径 5700m
 所属 地球政府・連合両軍

サイバーボッツのキャラクター(搭乗機体)。
大型VA(ヴァリアント・アーマー)「ガルディン」を改修した試作型中距離支援用VA。
右腕をドリルアーム、下半身を四本足タイプに換装し、近・中距離戦の能力を向上させている。
かつてVAの白兵戦用武器としてドリルガンが活躍した時期があったが、
装甲材の進化と共に有効な武器でなくなり、姿を消したという歴史がある。
梅村重工(株)はハイパーバリアブルフレーム構造をドリル部分に応用した新型ドリルアームの開発に成功し、
実戦テストのためにガルディンタイプへ試験的導入をしたのがこの機体である。



主なパイロットは野生児の兄妹であるバオ(CV 山口勝平)、マオ。
(主なというが、実はガウェインの方が搭乗回数は多いが、下記のMUGENでの搭乗者がこの二人なので
このページに記す。)

+ ストーリーのネタバレ


原作での性能

その外見どおりドリルを駆使した攻撃が中心となっているが、サブウェポンとして地雷を持ち、これを使った戦術の組み立ても出来る。
ちなみにサイバーボッツのCPU戦では、地雷を設置するとCPUは大抵しゃがみガードするので、すぐ必殺技の「サイクロンスタンプ」(ホーミング中段攻撃)を出せば面白いようにヒットしてくれる。
ラスボスのワーロックにも有効なので、CPU戦でお世話になったプレイヤーも多いだろう。

対人戦においては、コマ投げを持たない・色々と不利な多脚型・レパートリーの少ないコンボ性能も相まって、
現在のダイヤではぶっちぎりの下位ランクである。ライトニングよりは上だが。
相手を寄せ付けない戦い方はそこそこ得意で、発生の早い「ドリルキャノン」や「ハイパーD・D」等でこつこつダメージを稼ぐのが基本となる。
対空性能が大分難有りな為、空中に対しての牽制を怠るとあっというまに逆転される事も。
頼みの綱のサイバーEX「ファイナルD・D」は密着から当てないとダメージが目減りし、
画面端まで相手を押して届かなくなり隙を晒す事が多いのが難点。

下位ランク機体だが、漢らしいドリルに憧れるプレイヤーが多いのか、意外に使ってる人はいる。
「ボッツ界のアイドル」と呼ばれているとかいないとか。



MUGENにおけるG・サイクロン

  • kong氏製作
元ゲーとだいぶ仕様が違う。
詳しくは各ゲームの仕様サイバーボッツの項目を参照してほしい。
デフォルトでAIを装備しており、なかなかの強さを誇る。

  • Z.A.I.氏製作
ニコロダで公開された原作風のもの。
現在はスカイドライブでの公開へ移行している。
原作のシステムである攻撃力補正や、チャージキャンセル等のテクニックも再現されており、
完成度の高いものとなっている。
5月6日の更新でAIも搭載された。しかし外部AIはまだ募集中とのこと。
5月25日にガンホール氏のAIが公開された。これからの活躍に期待だ。



出場大会

削除済み
更新停止中

出演ストーリー