春麗


「ふっ すべてのおとこたちは

 わたしのまえにひざまずくのよ!!」

初出作品: ストリートファイターII
出身地: 中国
生年月日: 1968年3月1日
身長: 170cm (II) - 169cm (ZERO・IV)
体重: 秘密
スリーサイズ: B88 W58 H90 (II・IV) - B84 W59 H89 (ZERO)
血液型: A型
好きなもの: クレープ、フルーツ類、洋菓子
嫌いなもの: ベガ、犯罪、はっきりしない人
特技: 射撃 (国際大会6位入賞)
ファイティングスタイル: 中国拳法
キャッチコピー: 魅惑の脚線美 (IIX・CVS)、決意あらたに巨悪討つ (ZERO3)、魅惑の脚線美再び (III)、神脚美技 (IV)
CV: 宮村優子 (ZERO・EX・MVC2)、田中 (III・CFJ等)、根谷美智子 (CVS)、折笠富美子 (IV・MVC3等)


ストリートファイター』シリーズのキャラクター。
言わずと知れた元祖格闘ゲームのヒロインにして、格闘ゲーム界初の女性プレイヤーキャラクター。

リュウ等と同じく公式設定上苗字が決定されていないが、春麗の場合は更に事情がややこしく、姓名の区切りすらはっきりとはしていない。
普通だと人名を英語表記する場合に姓と名の間にハイフンを置く事はまず無いのだが、
春麗(チュンリー)のディスプレイネームは作品によって「Chun Li」だったり「Chun-Li」だったりしており、そこからの判断もしづらい状態にある。

+ 春麗の姓名のバリエーション

また、春麗の父親の名前や姿も長らくきちんと設定されておらず、登場メディアによってバラバラだった。
(ベガに殺されたガイルの親友の名が「ナッシュ」だというのはストIIの時から設定されていたのに)
『ストV』になって、公式サイト「シャドルー格闘家研究所」で春麗の父親が紹介され、名前が 銅昴 (ドウライ)と確定。
これは95年に放映されたTVアニメ『ストリートファイターII V』での設定が逆輸入された模様でデザインもほぼ同じである。
……だが、それでもまだこの親子の名字は不明である。


キャラクター設定

2つのお団子ヘアー鍛えられた脚線美が印象的、切れ長の目とシャープな輪郭を持つ中華美人として描かれる。
職業は格闘家兼インターポールの刑事(麻薬捜査官)であり、また犯罪組織シャドルー専任の捜査官でもある。
同じくシャドルーを追っていた父親が謎の失踪を遂げており、父の行方を追う一方でシャドルー捜査の任務を遂行している。
シャドルーが壊滅したとされていた『ストIV』では一時刑事を辞めていたが、ある事件を切欠にベガの存在を再び感じ取り戦いの舞台に舞い戻ることに。
キャミィガイル等と共同戦線を張ってシャドルーを追い掛ける。
ストIII』ではクンフー教室の教え子が行方不明になった事を機に、再びストリートファイトに赴いて捜査を始める。

カプコンを代表するヒロインであり、初期格闘ゲームヒロインの雛形と言える程に格ゲーに影響を与えたキャラクターである。
登場がほぼ同時期である『餓狼伝説』の不知火舞とはライバル関係を築き上げており、
クロスオーバー作品の『CAPCOM VS. SNK』シリーズや『SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS』にてそれが見て取れる。
初登場から10年以上経った現在、格ゲー女性キャラの萌え化の流れに乗らず、定番化という名の陳腐化に晒されてはいたが、
ゲーマー・非ゲーマーかかわらず今なお知名度は他の追随を許さず、格ゲーヒロイン界の女王の座に君臨している。
2009年では彼女を主役とした実写映画『ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』なるものまで作られるほどである。

+ 知名度故の外部出演の数々

チャイナドレスをアレンジした格闘服の印象が強いが、『ZERO』シリーズではピッチリとしたジャージのような全身タイツのような服装になっている。
ただしファンには当時不評だったらしく、『ZERO2』からは服装の切り替えが出来るようになった。
見た目に威嚇的な両手首のトゲ付き腕輪は、ゲーム画面上で腕の位置を視認し易くするために追加されたものであったらしい。
設定としては「スピニングバードキック」のバランス取りの為に装備しているのだとか。

 初出作品である『ストリートファイターII』では、
 エンディングで「普通の女の子になーろうっと」と宣っているが、これは以降のシリーズで皆勤である。
 このエンディングに関しては後継シリーズでよく(特にケンに)ネタにされている。
 更に『VS.』シリーズなどのクロスオーバー作品においても、ほぼ全ての作品での春麗の定番となっている。

 実写版である『ザ・ムービー』でもやはり普通の女の子ではない。そもそもアレはゲームそのものが普通ではない。
 『タツノコ VS. CAPCOM』で「普通の女の子の護身は中国拳法で事足りる。」とか言うが、
 本当に教えたらしく、『科学忍者隊ガッチャマン』の白鳥のジュンが「スピニングバードキック」を変身せずに使っている。

普通の女の子に戻った彼女を見て見たいという人は、『ストリートファイターIV オリジナルアニメーション feat. 春麗』にて、
『ストII』のエンディング後の「普通の女の子」に戻った春麗が描かれているので参照してみてほしい。
私服で旅行を楽しむ姿や、Tシャツにエプロン姿で下町の大衆食堂で働く様子を見ることができる。

この他『スパII』のエンディングではボーイフレンドを作った春麗を見ることが出来る。
この作品での春麗のエンディングは選択肢制であり、
ボーイフレンドができるのは「ふつうの女の子に戻る」「刑事をつづける」の2者のうち前者を選んだ場合のみ。
だからという訳でも無いのかも知れないが、後の作品でこのボーイフレンド君について語られたことは無いようだ。
+ そのシーン

『ストII』時代は気が強くて高慢な性格として描かれていたこともあったが、
現在では芯のしっかりとした女性、落ち着いた雰囲気の大人の女性として登場することが多い。
上述の経緯から「悪」という存在を見過ごすことが出来ず、いつかは滅び行くものであると信じている。
しかし年齢設定を問わず、勝利後には跳び上がってはしゃぐというお茶目な一面も持っている。
『CVS2』では「ヤな過去」と言っていた冒頭の台詞だが、原点回帰という名目の『ストIV』で復活してしまった。
対戦相手が女性キャラの場合は「すべての女たちは私の前にひざまずくのよ!」と、微妙に変わる。
『ストIV』以前に発売された『NAMCOxCAPCOM』では「私の前にひざまずきなさい!…なーんてね」と自身をパロっていた。
その後発売された『プロジェクトクロスゾーン』ではEOEのヴァシュロンが本当に女王様と呼び跪いており、「なーんてね」で済まない事になっている。
ちなみに同作では三島平八が服用した若返り薬を押収しようとしたり(ICPOが押収とは言っているがその前に「私が使…」と言っている)、
飛び上がってはしゃぐ勝利ポーズの台詞を言った際にモリガンに「やっぱり無理してない?」と言われたり年齢ネタもちらほら存在する。
『無限のフロンティア』のハーケンからは初対面で「筋肉レディ」呼ばわりされているが、
本人は勝利台詞で「もっと筋肉つけたほうがいいのかなぁ…?」などと言っている。これに対し相方のモリガンは「それ以上つけたら痩せるのに苦労する」と否定的。
実際、筋肉をつけすぎると背は伸びなくなるし筋肉の重みで体重も増えてしまう。

続編の『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』にも当然?続投。
ペアの相手が『鉄拳』のシャオユウに変更された。会社をまたいだタッグを組んだ3の1つである。

ポケットファイター』では動物園から脱走した動物が大暴れしているというニュースを知り出動するも、
フェリシアを脱走した動物と早とちりして捕獲してしまい、檻の中にぶちこんで動物園送りにしている。
その翌日にはお陰でフェリシアが失踪したというニュースを知り、自分が元凶と気付かずに挑もうとしていたりと、
他のキャラクターに漏れずはっちゃけた姿で描かれている。
フェリシアにはその際「目がアブナい」「大ボケ刑事」呼ばわりされている。

+ シャドウロボに電波が届かない……!

+ よく囁かれる話

+ メディアミックス


キャラクター性能

性能としてはスピードと高性能な通常技で攻めるタイプ。
同時にリーチもそこそこにあるため一撃離脱の戦い方も可能であり、相手によって戦い方が選んでいける。
火力がゲーム内では低めに設定される事が多いが、手数と立ち回りで充分カバーが可能。
なおシリーズによっては飛び道具と無敵対空技が与えられているが、総じて待ちプレイには向かない。
代表的な必殺技はボタン連打で出せる「百裂脚」と、上下逆さになって回転しつつ突進する「スピニングバードキック」等。
全体的に通常技への依存が強いが、シリーズによって強力な必殺技が与えられ、それ故に扱いやすいキャラクターである。

『スーパーストリートファイターIIX』では中パンチの性能の高さと
設定ミスとすら思える中パン投げの火力(弱スクリューと同じ)で中パンチを出してるだけで強く、
他にも起き攻めに重ねると表裏が全く見えない鶴脚落や、ゲージ効率のいい気功拳、
タメ持続のせいで実質ワンボタンで出せる上優れた突進力にガード後不利がなく高火力の千裂脚等の
非常に高性能な技を多く持ち、上位ランクに陣取っている。

『ZERO』シリーズでの挑発モーションの「ゴメンネ!」に攻撃判定がついていたことが一部のプレイヤーに好評で、
後に一部作品で正式に必殺技としてカウントされている。
この「ゴメンネ!」のモーション、他のキャラクターにもセルフパロディされており、
ダンが言うシーンに見覚えがある人も多いのではないだろうか。

ストリートファイターIII 3rd STRIKE 』にて5人の追加キャラクターのひとりとして登場。
『ZERO』シリーズから『ストIV』シリーズにかけて徐々に必殺技がタメ技になっていった彼女だが、
時系列が最後である『ストIII』で唐突に「スピニングバードキック」を除いて全てコマンド技となる。
スーパーアーツ「鳳翼扇」が非常に強く、各種の通常技にも優秀なものが揃っており、
プレイヤーからはユンケンとともに「3強」に数えられる。
更に職人系プレイヤーのやり込みによって『3rd STRIKE』最強No.1の名を欲しいままにしている。詳しくはこちらを参照

『ストリートファイターIV』においては今までのシリーズをミックスさせたようなキャラに仕上がっている。
「EXスピニングバードキック」の無敵時間が伸びた事で対空や暴れとして使えるようになり、
「EX百裂脚」は『ストIII』時代の吹っ飛ばすタイプから若干浮くタイプになり、コンボパーツに使えるようになった。
また、「後方回転脚」(ジャンプしないサマーソルトみたいな技)が追加された。
しかし「気功拳」が溜めコマンドとなり、「鳳翼扇」の代わりに入ったウルコン「鳳扇華」は、
飛び道具無敵ではあるものの画面端以外ではコンボに組み込めない等の調整がなされている。

『スーパーストリートファイターIV』では「後方回転脚」が対空として使えるように強化され、
更に「気功掌」が「EX百裂脚」などの浮かせ技から繋がるウルコン2として復活した。

『3rd STRIKE』以降の登場作品では、モーションが従来と異なる仕様が多くなった。
例えばしゃがみモーションが胡坐組んでうねうね動く姿に違和感覚えた人は少なくはないだろう。
また「スピニングバードキック」のモーションが「一旦地面に手を置いて逆立ちしてから」だったのが、「体を捻って」に変わっている(上のgif画像がそれ)。
とまあ言い出したらキリがないのでこの辺にしておこう。


MUGENにおけるチュンリー

  • ストII系
+ MASA@DAS氏製作 スパIIX仕様
+ Jaldabaoth氏製作 初代~ダッシュ~ターボ+スパIIX
+ shacti氏製作 初代~ターボ+アレンジ仕様
+ Parse氏製作 HD(高精細度)スプライト版
  • ストZERO系
+ Yaten Kou氏製作 ストZERO仕様
+ Edson Renato氏製作 ストZERO仕様
  • ストIII系
+ J・LEE氏製作 ストIII3rd仕様
+ 無敵医師氏製作 ストIII3rd仕様
+ ESFAndy011氏製作 アレンジ仕様
  • ストIV系
+ QiYue China氏製作 アレンジ仕様
  • MVC系
+ rkMugen氏製作 MVC+アレンジ仕様
+ MGMURROW氏製作 シャドウレディ
+ Felicity氏製作 MVC3アレンジ
+ みーご氏製作 美脚春麗
  • ストIII+MVC
+ MGMURROW氏製作 ストIII+MVCアレンジ
+ KAZ氏製作 ストIII+MVCアレンジ
  • CVS2系
+ 悪咲3号氏製作 CVS2仕様
+ rajaaboy氏製作 CVS2+アレンジ仕様
+ BeterHans氏製作 CVS2+アレンジ仕様
+ Jmorphman氏製作 CVS2+アレンジ仕様
+ LaQuak氏製作 CVS2+アレンジ仕様
  • SVC系
+ Fervicante氏製作 KOFXIアレンジ仕様
+ MDK氏 & Joahie氏製作 KOFアレンジ仕様
+ Tin氏製作 SVC仕様

CVS系アレンジキャラの多さが目立つが、技・システムのラインナップ、技の性能、演出に操作感と細かい相違がある。
また殺意っぽい強化を施されて羅将神ミヅキの声でしゃべるダークチュンリー、忍者っぽい技が加わったDark bolt
下着姿のようなラフな服装で戦うアスレチック春麗のような個性的な改変キャラもいる。

一時期、ほかの初期の格ゲーヒロインキャラ(不知火舞ナコルル)共々めっきり出番が無く、
動画でも久しぶりに見たなどと言われる始末だったが、AI事情の改善もあってか活躍の機会が増えている模様。

+ 大会動画ネタバレ



「私に負けるために修行してきたの?

  あなたではダイエット代わりにもなりゃしない


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ 一覧