セーラーマーズ



「火星に代わって折檻よ!」

年齢:14〜16歳
身長 :163〜164.8cm
誕生日:4月17日
誕生石:ダイヤモンド
星座:牡羊座
血液型:AB型
好きな色:赤、黒
好きな食べ物:フグ
苦手な食べ物:缶詰のアスパラ
好きな教科:古文
苦手な教科:現代社会
趣味:占い
特技:座禅
嫌いなもの:TV
将来の夢:宮司(原作漫画)、国際派キャリアウーマン(旧アニメ)


武内直子の少女漫画『美少女戦士セーラームーン』の登場人物。火星を守護星に持つ、炎と情熱のセーラー戦士である。
担当声優は旧アニメでは富沢美智恵氏、リメイク版『美少女戦士セーラームーンCrystal』では佐藤利奈氏。
実写版では後に女優としての知名度を上げる北川景子氏が担当した。

本名は「火野 レイ」。私立T.A.女学院に通う女子中学生→女子高生(セーラースターズ。原作では四期以降)。
祖父は自宅でもある火川神社の宮司をしており、父親は政治家。母親は夭逝している。

性格は、原作とアニメ版で全くと言っていいほど異なっている
原作では、巫女さんらしく常に凛としたたたずまいのクールビューティー。
あまり優秀な男性が周囲にいなかったことと、「恋をしない」という信念を持っていることから、少々男嫌いに見える。
一方のアニメ版ではうさぎと並ぶお馬鹿キャラである(ただし言動がお馬鹿なだけで、うさぎとは違い学校の成績は悪くない模様)。
タキシード仮面をはじめとして、好意を抱いた男性に対しても積極的にアプローチしていく。
また、重度のアニメオタクの傾向も見られる(原作ではテレビは嫌いである)。
そして家族構成に関しても、多少秘密があったものの概ねシリアス感のない祖父のみ確認され
両親の話自体が存在しなかったりする。
ここまで決定的な差が出た理由は、原作者の武内直子とアニメスタッフの確執であるとか、
『ぶっちゃけ(アニメ版の)中の人の影響。というかまんま中の人』 とか囁かれているが、真相は闇の中である。
……少なくとも「マイケル・ジャクソンの熱狂的ファン」という設定は後者である事は間違いない。
実写版と『Crystal』では、比較的原作のイメージに近い性格となっている。

旧アニメ版では、いつもうさぎに意地悪なことを言う『ケンカ友達』キャラ。
一般的に子どもたちはこういうキャラを嫌うので、人気の面ではセーラー戦士中最下位である。
ただその役回りゆえ、クライマックスなどでは美味しいセリフや立ち回りをかっさらっていくことも多く、
その直後は「確変」がかかり上位に食い込む支持を集めたりもする
まぁ不人気といっても、当時社会現象レベルの人気を誇ったセーラームーン内での人気のため、ファンの数自体は相当なものであるし
大きなお友達に限ればマーキュリーに次ぐぐらい(二番目)の人気を誇っていた。マーキュリーがぶっちぎり過ぎなのは置いといて。
(小さなお友達と大きなお友達では人気が食い違うのはお約束。当然小さなお友達の一番人気はマーキュリーではなくムーンである)

戦闘能力は、炎を操る能力と、札を使用した伝来の退魔術を使用する。
そのため、得意レンジは中距離から遠距離。炎の弓なども使用する。
セーラージュピターと並んで攻撃力が高く、チームの攻撃の要となる。
また、火星の衛星の名前と同じ「フォボス」「ディモス」という二羽の鴉を飼っており、彼らを使役した攻撃も行う。

MUGENでは

格闘ゲームをはじめとしてかなり多くのゲームに出演しているが、
アーケードの横スクロールアクションのドットとアニメーションカットインを使用し、SFC格ゲーの技を搭載したものがサクラカ氏によって公開されている。
こちらでも遠距離がメインとなっており、「マーズ・フレイム・スナイパー」や、
繰り返し往復する遠距離攻撃「フォボス・ディモス」で削っていくのがメインになる。
なお、氏の他のセーラー戦士同様、超必殺技発動時の5種のカットインアニメは全てアーケードのものである。

また、サクラカ氏のものを元にAkagiK氏が改変したキャラクターも公開されている。
こちらは各種技の性能変更だけでなく、チェーンコンボやガードキャンセル等の追加システム搭載、カットインのスキップ機能付加など大幅に手を加えられている。
AIは搭載されていないが、HEESEY氏によるAIパッチが公開された。
+ システム・技紹介

+ AI作成動画

また、Poshpsylocke氏の「Sailor Moon X」のものも確認されている。
「Sailor Moon X」の例に漏れず、必殺技の威力がかなり高い。
現在は氏のウェブサイトからMUGENのコンテンツが無くなっている。

kamekaze氏のものも確認されており、こちらはmugen1.0専用。

出場大会

削除済み
更新停止中


添付ファイル