マックス・イーグル

「ヒーローは1人で十分!

                               私がイーグルだ!」

 格闘スタイル: プロレス(アックスは父親からマスター)
 使用武器: ヘラクレス・アックス
 誕生日: 2月3日
 年齢: 25歳
 出身: アメリカ
 職業: SWF所属レスラー
 血液型: AB型
 身長: 198cm
 体重: 113kg
 家族構成: 父、母、の4人家族だったが、現在はひとり身
 趣味: 登山
 大切なもの: アメリカンスピリット
 好きな食べ物: フライドチキン
 嫌いなもの: 女々しい奴
 特技:カード(特にポーカー)
 得意スポーツ: アメリカンフットボール
 自分を動物にたとえると: 鷹
風雲黙示録』と続編『風雲スーパータッグバトル』の登場人物。
父親から受け継いだハンドアックス(手持ちの斧)とプロレスを組み合わせたまったく新しいプロレスラー
ショー・疾風とはライバル関係にあり、作中の(一応の)美形担当。
キャッチコピーは、「無敗のアメリカン・プロレスラー」。
CVは辰巳邦彦氏。
過激さをウリとするプロレス団体「SWF」で絶大な人気と実力を誇るプロレスラー。
母国の国旗をあしらった派手な衣装は、自分が「最強のアメリカ人」であるという誇りを意味している。
ある日の試合後の控室のテレビ中継で「獣神武闘会」の開催をつげる獅子王の姿に
消息不明の兄の面影を見たイーグルは、直接獅子王に会い真実を確めるため、獣神武闘会に参戦する。
EDでは明言こそないものの、影武者ではない真・獅子王が実の兄本人であることが示されている。
明るく陽気な性格のハンサムガイで、いわゆるストリートファイターでいうケンのポジションにあたるキャラなのだが、
全身ムキムキの大男が斧を振り回してくるという凄まじい設定からかなりの濃さを放っている。
『黙示録』では大ポトレも凄まじく濃かったが、『STB』では格好良く書き直されたことでやや緩和されている。

+グッド!その調子だ
     

ちなみに『黙示録』のイーグルステージは、いわゆる奥ラインでは天井のパイプにぶら下がって戦い、
その間は専用の蹴りと武器投げを出せるのみで、ジャンプはおろか必殺技も出せないというまったく新しいステージとなっている。
もちろん投げも出せず中下段という概念すら無くなるため、大幅に体力リードした相手に完全にガードを固められると詰む

性能的には攻撃力に秀でる代わりに通常技にやや癖があり、どちらかというとパワータイプ。
プロレスラーのわりに飛び道具、対空技、突進技と一通り揃っている。
『黙示録』ではコマンド投げだったイーグルスペシャルが非常に強く、仕様上相手をダウンさせれば確定で投げることができたため、
一発逆転を狙い易いキャラであった。
『タッグバトル』では発生遅めでガード可能の打撃投げに変更され、
追加された新技のフロントスープレックスも打撃投げであるため、いわゆるコマンド投げが一つもない
このため、どの距離でも戦えるバランスのよさを持ちながら、近距離戦での切り返しがやや苦手。
プロレスラーとして新しすぎると言わざるを得ない。
なお、彼の斧は投げたあと普通に手元に戻ってくる。ブーメランの面目丸つぶれである。
ニコラの場合はフリスビーに自動帰巣装置でも仕込んでるのかもしれないが、イーグルの場合は何故戻ってくるのか謎。
え?獅子王?知らん


MUGENでは

Fervicante氏が製作したイーグルが存在。
氏のサイトは消滅してしまったが、現在はBrazil Mugen Teamにて代理公開されている。
ポートレートは爽やかな『タッグバトル』版を使っているが 勝利台詞(英語)で『黙示録』の異様に濃いツラを表示。
基本技はパンチ/武器/弱キック/強キックの4ボタン式で、ラインや交代などのシステムは無いので、KOF感覚で動かせる。
レバー前入れでパンチと武器攻撃が変化し、コンボに組み込める点は『タッグバトル』のシステムを導入。
フロントスープレックスとイーグルスペシャルは、ガード可能で連続技に組み込める『タッグバトル』版。
風雲のキャラはでかいのでKOFキャラ程度にサイズ縮小がかけられているが、縮小しすぎてしまったのか2m級の大男に見えない。
火力もかなり自重気味なので「斧持ったプロレスラー」という威圧感はあまり見られない。
AIはデフォルトで搭載されている。

ニコニコでは○作シリーズ徐晃綱手らと「大野チーム」を組んで出場しているほか、
V.G.MUGENシリーズにも出場している。
作品別チームの大会で風雲チームの一員として呼ばれる他、プロレス系の大会にも顔を出しているが、
コマンド投げが無いのでガードを崩せず、基本火力が低いため押されてしまうことが多い。



「悪いが負けられないんだ

                     なぜなら私はヒーローだからさ」


出場大会

更新停止中