カン・ジャエモ

本名 カン・ジャエモ
年齢 35歳
誕生日 6月28日
国籍 韓国
身長 175cm
体重 145kg
血液型 AB
格闘スタイル フリーレスリング
好きなこと 料理、アクション映画を見ること
好きな食物 何でも食べる
好きなスポーツ お金をこしらえる事
大切なもの レスリングマスク
嫌いな物

プロフィール

SNKプレイモアの格闘ゲーム『レイジ・オブ・ザ・ドラゴンズ』の登場人物。
おそらく元ネタは『ダブルドラゴン』のブルノフなのだが、面影があるのはマスクの形と丸っこい体型ぐらいで、
アボボアブボのように共通点があまり残っていない。
韓国出身なのにテコンドーに全く縁が無いという、相当珍しい格ゲーキャラ。

ソウル出身。幼い頃から大柄であったため、周囲からは笑われていた。
その体格を活用するためにレスリングや独自の格闘術を覚え、大柄ながらも素早く動けるようになった彼は
レスリング界で一躍有名となり、世界一周ツアー後に彼の名声は確実なものとなった。
頻繁に行われる世界ツアーでも、訪問国全てでストリートファイトのための場所を探した。

ある日、カリフォルニアでプライベートなファイトに参加したとき、そこでB級映画のアクションヒーローであり、
素晴らしい格闘家として名高いミスター・ジョーンズに出あう。一勝負やった後、彼らは街の通りで再会する。
ジャエモは英語を、ジョーンズは韓国語をお互い数語しか知らなかったが、
ジェスチャーやパントマイムを使ってのおかしな会話をした後、二人はすぐに親友同士となった。
しかし、ジャエモの夢はスタジアムの外にあった。彼は子供の頃から、家でコレクションしていたアクション映画を製作することを夢見て暮らしていた。
夢を実現するための資金はあったが、売り込みには助けが必要である。そのために彼の友人ジョーンズ以上にうってつけな人間は誰がいるだろうか。

彼は自分の会社を設立し、サンシャインシティーでジョーンズに会う為、アメリカへ向かった。
ジョーンズはそこで最新映画「BIG TROUBLE IN GROOVIE CHINA」を撮影していた。
ジャエモはジョーンズとプロジェクトについて話し合うと、彼はそのアイデアに喜び、クチを利いてくれる人間を紹介してくれることになったが、
まずはブラックドラゴンを自称する途方もない敵の噂を確かめに、ジャエモにも一緒に行ってくれるよう頼んだ。
ジャエモは良い戦いを絶対断らないので、それを承諾した。二人は街に入る間に、映画のタイトルを「ファンキードラゴン登場」とすることに決めた。


強烈なインパクトを誇る外見を持つ、レイドラ界屈指の 色物キャラ
その丸っこい体と、ダブルラリアットのような「カーンスクリュー」のモーションから、「小さなハート様」と呼ばれることも。
火を噴いたり回転しながら飛んだりするが格ゲーのレスラーにはよくあること。
公式ストーリーではっきり有名レスラーで資金を持っていると書かれているのに、
EDで「カネ持ちになれるホウホウ思いついた」と矛盾爆発の発言をしている。
それにしてもこのキャラ、見るからに太ってて美味そうな奴。MUGEN界だと海のギャングに狙われてもおかしくは無い。


原作での性能

戦闘スタイルがレスリングで投げキャラのように見えるが、実はコマンド投げ超必殺技しかないという打撃中心のパワーキャラ。・・・レスリング?
地上の通常技に性能のいいのがほぼないため、地上戦はやめておこう。
どうしてもというなら、おもむろに出が早く判定も広く、隙の少ない弱「ファイヤー・ボム」をたまに出すくらい。
対空は「カーン・スクリュー」を狙うか、バックステップで仕切りなおし。攻撃避けからの「ボディー・プレス・スペシャル」もたまには有効。
このキャラの強いところは空中技、それもジャンプ強Kのめくり性能にある。執拗にめくり飛び込みをして、当たるまで繰り返すという猿のような戦法が強力。
当たったら「強攻撃→特殊技必殺技」まで1セット。少々強引に攻めるぐらいの戦法がこのキャラを生かす最大のポイントであり、一つしかない道である。
逆に攻められると非常に脆い。ガーキャンCDが使えない状況ではまさに涙が出るほどに。
デブでレスラーのくせにバッタとは見かけによらない奴である。

実はピヨりを介した即死コンボが存在するが、永久を持つアリスがいたこともあって余り話題にならなかった。

+ 勝利セリフ集


MUGENにおけるカン・ジャエモ

ryo2005氏が製作したものが存在している。
原作再現度も高く、使い勝手も良い。
おまけの人氏とNS氏によるAIパッチも公開されていた。
が、NS氏のは2013年3月27日より改変版本体という形で公開している。
2015年9月4日よりshao氏によるAIパッチが公開された。

+ 大会ネタバレ

出場大会



添付ファイル