ダック・ドジャース




"Duck Dodgers! In The 24th and 1/2 Century!"

訳:我が名はダック・ドジャース!24と2分の1世紀の英雄なり!


キャラクター概要

アメリカのワーナー・ブラザーズ製作アニメ、「ルーニー・テューンズ」のスピンオフ作品「ダック・ドジャース」のキャラクター。
ルーニーキャラクターのダフィー・ダック他が演じるSFコメディの主人公的存在である。
原型となった作品は、ルーニー・テューンズの「ダフィー・ウォーズ(原題:Duck Dodgers in the 24 1/2 Century)」。

尚、本項では「ダック・ドジャース」を演じる「ダフィー・ダック」というキャラクターについても先に説明する。

ダフィー・ダック

バッグス・バニーと肩を並べる出番を誇るルーニー・テューンズの顔。オレンジのクチバシと足に、
首に白い模様がある以外は真っ黒の鴨(カモ)。欲張りで目立ちたがり。そしていつも失敗に終わる。
常に自分が一番だと自惚れているため一流スターのバッグスをライバル視している。
ツバをとばしてしゃべるので言葉の語尾が丁寧語になることが多い。
バッグスには毎度喧嘩を吹っかけているが、のらりくらりとかわされて自滅させられる事が多い。
バッグスの策略にはめられて痛めつけられた後の口癖に、「お前って、サイテー (You’re despicable)」がある。

主演作品は「保安官ドリッパロング・ダフィー」「正義のガンマンダフィーとポーキー」「ドアロック・ホームズの冒険」等。
基本的に性格が百八十度逆の、内気で怒ることを知らない豚のキャラクター「ポーキー・ピッグ」との共演が多い。
日本語吹き替え版での声優は江原正士(声優が一新された現在では高木渉)。そのマシンガントークと毒舌は名演である。

デビューは1937年製作「Porky's Duck Hunt」。ただしこの時はあくまでただのカモで、ポーキー・ピッグが主役である。
+...
尚、噂程度の憶測だが、一説にはこのダフィー・ダック、かの カリフォルニアやパリや千葉や香港にある夢の国 の、
家鴨(アヒル)のキャラクタード○ルド(ハンバーガー屋のマスコットではない)を意識して作られたと言われている。
英語ではアヒルもカモもどちらもDuck。ダフィーはド○ルドと違いセーラー服すら着ていないので、
やはり野生の鴨なの カモ しれない。そういえば、デビュー作でポーキー・ピッグにハンティングされるわけだから鴨。
ちなみにこの二人(匹?)はディズニーとワーナー合同製作の映画『ロジャー・ラビット』で共演しているが、
ピアノでハンガリー狂詩曲第二番を演奏しながら 殺る気満々でお互いを潰し合う。
この後登場するミッキーとバッグスは仲が良さそうである。 ……お互いを腹黒だと称しているが。

ダック・ドジャース

上記のダフィー・ダックが演じるキャラクター。21世紀に誤って冷凍睡眠(コールドスリープ)されたという設定。
24と2分の1世紀にドクター・アイキューハイの手によって冷凍冬眠から目覚め、
自分は21世紀のスーパーヒーローと偽る。アンテナの付いた緑のヘルメットとシャツ、真っ赤なマントを身に付けている。
相棒になった(ポーキー・ピッグ演じる)カデットと共に宇宙防衛軍の一員として活動していたところ、
火星の女王が(マービン・ザ・マーシャン演じる)X-2司令官を送り込み、
宇宙を舞台にした騒動が起きた為戦いに赴く事になる。
宇宙防衛軍キャプテンだが、お調子者で腰抜けなトラブルメーカーでもある。
火星の司令官X-2とは宿敵同士だが、共闘する事もあった。


MUGENにおけるダック・ドジャース

マービン・ザ・マーシャンと同じ作者によって製作されたものが一体確認されている。
同じくMVC仕様を意識して作られている為なかなかの高性能。
マービンが遠距離主体、ストライカー飛び道具がメインのガン逃げキャラなら、
こちらはオーソドックスな性能を備えた波動昇龍キャラ。
ただし流石にアメリカ製、自由に曲げられる極太ビーム等のゲージ技も搭載されており派手な戦いを魅せる。
火力は自重されているが、例に漏れずAIはなかなか強い。

出場大会

削除済み



添付ファイル