マービン・ザ・マーシャン

「You make me so angry.Very angly indeed.」

訳:ミーを本気で怒らせたザンスね!もう許さないザンス!


キャラクター紹介

アメリカのワーナー・ブラザーズ製作アニメ『ルーニー・テューンズ』に登場するキャラクター。
バッグス・バニーやダフィー・ダックのアニメと言えば、今の二十代から上の人の記憶にあるだろうか。

日本では60年代~80年代に『バッグス・バニー・ショー』『マンガ大作戦』『バックスバニーとゆかいな仲間たち』等の番組名で放送され、
また89年10月4日から92年3月25日にかけて『バッグス・バニーのぶっちぎりステージ』という番組名でテレビ東京で放送された。
現在は声優が一新され、カートゥーンネットワーク内で『バッグス・バニー・ショー』が放送中。

名称を直訳すると「火星出身のマービン」。つまりは火星人。劇中で地球を征服、或いは破壊しようとしている事が多い。
分解光線ピストルや拘束服バズーカなどといった高度な兵器を所持している。でも水鉄砲と間違えたり抜けている所も。
何故か古代ローマの兵士を思わせる(黄色いデッキブラシの様な装飾の付いた)緑のコリント式兜と腰当を付けている。
これはMars(火星)を語源であるローマ神話の戦と農耕の神マルス(英語読みでマーズ=Mars)にかけた洒落らしい。
赤い全身タイツ(何も着てなくて体色そのままかも?)にスニーカーの様なゴツくて白い靴を履く。
兜の奥の表情は暗闇に目が二つ浮かんでいるだけで謎。というか普通に隠れてなさそうで真っ黒い顔にしか見えないような…
攻撃を受けそうになったり爆発に巻き込まれたりすると兜に足が生えているだけの防御形態になる事も。
部下にはインスタントで作り出せる火星人や火星の犬K-9(ケーナイン)がいる。
科学が得意分野で、地球を丸ごと破壊可能な爆弾を二千年もの歳月を掛けて製作した事もある(そこ、どんだけ時間掛かってるんだとか言うな)。
日本語吹き替え版では中多和宏が声を担当。自分を「ミー」と言い、語尾に「ザンス」を付けて喋るイヤミ高貴な振る舞いのキャラ。

48年製作『Haredevil Hare』内でキャラクターデビューを果たした。
しかしそのキャラクター設定上、SF的な話の回でしか登場の機会がないため、ルーニーキャラクターの中でも影が薄い。
主役級に出番のあるバッグス・バニーやダフィー・ダック、トゥイーティーやシルベスター・キャット位なら、
最近でも稀に広告やTV等で見かけて若いけど知っている人もいるかもしれないし、
ロード・ランナーやワイリー・コヨーテなんかは出番も多くリアルタイムで見ていた人なら覚えている人もいるかもしれない。
しかし彼の名前は特に劇中でも呼ばれず、キャラは覚えているけど名前が出てこないという人も多いのではないだろうか。


MUGENにおけるマービン・ザ・マーシャン

MUGENでは海外のDerrick・D・Rowell氏によるものが確認されている。
氏の製作したカートゥーンキャラ勢揃いコンプゲー『Saturday Mornin Mayhem』の一員で、
当然ながら台詞は英語である。
けたたましいバウンド音や爆発音を立てる爆弾を投げたり、全画面判定の超必殺技や眩い点滅の光線銃を乱射したり、
時間停止をやってのけたりとアメリカンセンス満載の騒々しさである。

UFOに搭乗し空中を自在に移動できるモードになると技が変化し、シューティングゲーム感が増す。
飛び道具以外にどこかで見たような赤い毛むくじゃらの怪獣・ゴッサマーを召還して代わりに戦わせる技も。

MVC仕様をイメージしたのか高性能な技ばかりでコンボも強力。
軌道を変えられるビームから極太ビームの超必へと繋げるコンボはまるでどこかの近未来病人である。
しかし一撃一撃の火力は良心的。
そのぶんAIはかなりの強さである。

ゲジマユ2にはノーマル版と「teleohu(?)」の2体が登場したが、後者がなんなのかイマイチ不明。

対人戦(登場は2:09頃から)

ニコニコでは全然見かけないが、Youtubeで偶に暴れまわっている様子。

出場大会

削除済み



添付ファイル