ジョン・クローリー


プロフィール

格闘スタイル: マーシャルアーツ+オリジナル殺人術
出身地: アメリカ
誕生日: 2月15日
身長: 182cm
体重: 76kg
血液型: B型
大切なもの: 愛機「FIRE BOY」
好きな食べ物: ゼリービーンズ、スコッチケーキ
嫌いな食べ物: 辛いもの
好きな音楽ジャンル: 60’s ロック
好きな言葉: 青い疾風
好きな異性のタイプ: 空を愛してくれる人
尊敬する人物: JFK
ライバル: Mr.BIG、空
+
家族構成: 詳細不明
最終学歴: 海軍士官学校
職業: 元海軍士官学校の教官
年齢: 30歳
キャッチコピー:死を呼ぶマッド・ネイビー(『龍虎』) 元・音速の死神(『龍虎2』)


「貴様に真の格闘技をレクチャーしてやろう」

龍虎の拳』および『龍虎の拳2』に登場するキャラクター。声優はリョウ・サカザキも担当する臼井雅基氏。

海軍所属の戦闘機乗りで「蒼い疾風」とあだ名される歴戦の猛者。
しかし本人は電波新聞社ALLABOUT龍虎の拳2ムックのインタビューの項目で
「空を飛ぶために人を殺さなければならない時代の呼び名さ。イヤな思い出だ」と述べている。
訓練中のミスにより乗機が墜落し、目を負傷したためパイロットを引退。
持ち前のマーシャルアーツの腕を買われ、士官学校の教官となる。

墜落時に瀕死のジョンを救助したのは、陸軍特殊部隊大佐で親友のジェームスだったが、
この行動は軍紀違反でありジェームスは責任を問われ、軍を解雇される。*1
命を救われたことを恩義に感じたジョンは、暗黒街に身を投じたジェームスと組み、軍の物資の横流しに手を染めるようになる。
このジェームスが後のMr.BIGである。彼は暗黒街の首領でありユリ・サカザキ誘拐事件の張本人ということもあって、
他の龍虎キャラとはおおむね険悪な関係だが、ジョンとだけは朝まで酒を酌み交わすほどの親密な仲。
海軍と陸軍の接点がイマイチ不明だが、ベトナム時代の戦友とかだろうか。

『龍虎の拳』でMr.BIGが失脚し、彼との黒い交際がバレたため、士官学校を懲戒免職処分となる。
頼りのBIGもいなくなり金に困った彼は格闘大会「キング・オブ・ザ・ファイターズ」の開催を知り、賞金目当てに参戦する。
これが『龍虎の拳2』でのストーリー。Mr.BIGとの再会を喜ぶ一方、戦うからには倒す気満々であり、
BIGはBIGで「つまらん同情は俺にはいらん」となかなか「男の友情」していたりする。

サングラスはパイロット時代からの愛用品で、事故で視力が低下したこともあって、今やすっかりトレードマーク。
失明したわけではないので日常生活に支障はないが、戦闘機乗りにとって視力低下は致命傷なため、軍に戻る資格は無いと考えている。
もっとも純粋に空を愛する男であり、海軍パイロットになったのもあくまで空を飛ぶためなので、
飛ぶために戦わなければならなかった軍時代を振り返ることはない。

EDでかつて上官だった「閣下」から軍に戻るよう要請された時も耳を貸さず、恋人とのデートを口実に話を切り上げている。
ちなみにこの恋人、キングとの掛け合いに「ん?よく見ればお前女だな。女がなぜこんなところにいる!帰れ!」
「女とわかったとたん態度がかわったな。今度デートでもしてあげましょうか?フフッ」という台詞があることから実はキングなんじゃないかと噂されたこともあった。*2
ただし、キングとジョンが初めて会ったのは龍虎の拳2である。
一応キングはジョンの異名を「蒼い疾風」と知っていたようだが、まぁ組織的にはジョンの方が格上だろうし。

軍を止めても、マーシャルアーツの腕前は鈍っていないらしい。というか、やはり龍虎時代からあまり評判はよくなかったようだ。
ミッキーに「用済みだ。消えてくれ」、パイロンに「軍人のなり下がり」、ターナーに「軍を忘れたお前は怖くない」
影二に「格闘家の真似事」、タクマに「殺戮の格闘技など真の格闘技の前では無力」……と言われてしまう
リョウには「軍を止めたそうだな。力はにぶってないのかい?」と心配されるありさま。
しかしジョンは彼らの戯言をクールに一蹴している、ナイスミドル。
ただし天獅子悦也氏による漫画版では「鎖に繋がれた犬」と挑発してきたミッキーに対し「野良犬と軍用犬の違いを教えてやる」と返して実際に勝利している。

「この俺を前にして緊張するのはわかるが、口をつつしむんだな」
「フッフッ、気に入ったぞ。だがな、俺におせじはつうようしないぜ」
「そんなにいきがってもいいのか。どうせ言ってもわからんだろうな」

初めて乗った飛行機がプロペラ機で、現在の愛機「FIRE BOY」もプロペラ機。
今は修理中だが、早く直して大空を駆け巡りたいと思っている。
ちなみに犬を飼っている。よく懐いており名前はパティ。種はダルメシアン。龍虎の拳2のジョンのステージにいる。
ちょうどこの頃ディズニーが「101匹わんちゃん」をプッシュしていたので、ダルメシアンなのは、その名残だろう。

『龍虎2』を最後にプレイヤーキャラとしての登場はないが、『餓狼伝説スペシャル』のリョウ・サカザキステージ及び『KOF'02UM』のステージ背景に出演している。
また、Mr.BIGの『KOF'96』における対怒チーム勝利メッセージ「兵隊ならオレの友人にいたが、お前等じゃ足元にも及ばねえぜ!」は、ジョンの事を指していると思われる。
ホント仲良いなお前ら。

ご存知リョウの名ゼリフ、「 武器をもった奴が相手なら「覇王翔吼拳」を使わざるを得ない 」の武器を持った奴とは 彼の事である
つまり彼の存在無くしてお覇王のブレイクは無かったと言わざるを得ない
…そこ、んな事ぁないとか言わない。
だがそんなリョウの心配をよそに、彼は 武器は使わず拳一つで勝負してくれる 。…件の台詞はある種空回りしているともいえる。
「覇王翔吼拳を使わざるを得ない気がしていたが、別にそんなことはなかったぜ!

また、ジョンのステージBGMには徹夜でハイになったスタッフS氏が作った空耳ソングがある。
ジョンクロー……ォリィー ジョンクロー……ォリィー
プロペラプル~ン 犬がほえる プロペラプル~ン 家も揺れる
プロペラプル~ン 鼻がかゆい プロペラプル~ン 風がぬーるーいよー

「一ついっておこう… 俺は一度軍をやめた男だ、あらそいごとはごめんだ。
   それにもう一つ。貴様にかす力などこれっぽっちも持っていねえぜ!」

原作での性能

龍虎キャラでもかなりの強さを持つジョン。その秘訣は必殺技「メガスマッシュ」の存在が大きい。
『龍虎の拳』は「気合いゲージ」という独特なシステムにより、必殺技の威力や持続性が大きく変化することが特徴である。
もちろん気合いがある方が必殺技の威力も上がるので、常にゲージは満タンにしておきたい所なのだが、
ジョンの場合 気合いが無くても「無い場合の攻め方」が確立されている
それを支えているのが俗に「メガスカッシュ」と呼ばれる「気合のない状態で撃つメガスマッシュ」である。

れっきとした飛び道具であるメガスマッシュは、気合いがなければ気弾が飛ばずに目の前で消滅してしまう。
これは他の飛び道具を持つキャラも同じなのだが、ジョンはコマンド入力の飛び道具必殺技ながら、その撃った硬直が他のキャラよりも圧倒的に少ないのである。
加えて、気合いのない場合でも攻撃できる範囲が広く、メガスカッシュを連発するだけでも迂闊に近づけなくなり、かなりの脅威となる。
また他の技も、気合いが無くともそれなりに効力を発揮する技がバランス良く揃っている事から、かなり使い勝手の良いキャラとなっている。

それと非常に声が格好良く、 「メガスマッシュ!」 やら 「フライングアタック!」 と気合いの乗った響きの良い発音で聞かせてくれる。
ただ、どれだけ顔面をボコボコにされ、青アザまみれになろうとも 「口ほどにもない!」 と強がる所は少々、笑いを誘うポイントでもある。
英語ボイスだと…

SFC版オリジナルの隠し必殺技(龍虎乱舞に相当する技)「スピニングラッシュ」は、気を溜めた後に飛び膝蹴りで突進するガード不能の乱舞技
突進時は膝が光っており、 この膝は覇王翔吼拳を含む飛び道具を消す事ができる
しかし前述のように発動時に気を溜める動作があり出が遅く、飛び道具は消せるものの無敵は皆無でパンチで簡単に落とされてしまう。

『龍虎の拳2』での隠し必殺技は「メガスマッシュ」を5連続で放つ「アトミックスマッシュ」。
超必殺技は、飛ばすタイミングや軌道をある程度指定できる飛び道具「メガスマッシャー」。
オールラウンダーとしての性能は健在で、3種類の飛び道具を使う遠距離戦もできるキャラに。
「オーバードライブキック」も使え、近距離だって負けてないぜ…と言いたいところなのだが、
開発陣から「一番弱いのはジョンですねえ」と下位キャラの烙印を押されてしまった。
実は通常技の性能が低めで、出るまでが遅く判定も弱いものが多い。
そのうえジャンプ強Kはガードされると確反だったりする。
対抗技が無いジャック・ターナー飛び道具を跳ね返す如月影二
そしてジョンが有利となる距離が存在しないMr.BIGには相性が最悪であった。


「ここはものまね会場じゃないぜ。やられ役は、とっとと消えな!」

MUGENにおけるジョン・クローリー

龍虎1
  • Fred氏製
初代龍虎仕様。
6ボタン制ですべての通常技がボタンに振られている。

  • Smogon & The_None氏製
外見こそ龍虎1だがオリジナル必殺技で構成されている。
超必の1つの飛び道具では 尋常ではない高音 が鳴るので、耳を破壊されないよう注意。

龍虎2
  • ドルシー氏製作
龍虎2仕様。
再現系龍虎キャラに定評のあるドルシー氏による、龍虎キャラ第4弾。
気力ゲージや単発火力の高さなどがかなり再現されている。
また、そのままの画像だと巨大になり過ぎるため、ある程度縮小されている。
7~12Pカラーでは龍虎2のデバッグモードでのみ出せる隠し技やSFC版龍虎1の超必殺技であるスピニングクラッシュが使用可能になる他、
細かい性能が幾つか変更される。
AIも標準搭載。性能上、コンボや弾幕などの小技を刻んでくるタイプには苦戦するが、まともに戦ってくれる相手に対してはなかなかの強さを誇る。

  • ironjw氏製作
龍虎2仕様。winで動作する。
画像の縮小はされておらず、かなり巨大。
AIもデフォルトで搭載されていて、フライングアタックかスパイラルレッグボマーから始まるラッシュにハマると、中々のダメージがある。
ゲージ溜めも割と行うが、ガードが甘めなため、リーチの長い相手にはアッサリ負けてしまうこともある。

KOFアレンジ
  • MR.S氏製作
KOF仕様。
Evil Orochi氏のものとはドットが異なる。

  • Evil Orochi氏製作
こちらもKOF仕様。
ドット絵はKOF仕様ということで、ラルフリョウ等のKOFにおけるモーションをベースに改変されているが、
実際に登場しても違和感のないような、丁寧で細かい仕上がりになっている。

斑鳩氏によってAIパッチ(性能改変あり)が公開されていた。
現在は公開停止中で動画使用も禁止。後述のKOF98アレンジ版に置き換わっている。

海外製ということでボイスも海外版だが、E-FRY氏によってボイスが日本語版のものになるパッチが公開されている。
斑鳩氏のAIにも搭載されており、そちらでは選択式となっていた。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14159856

  • 斑鳩氏製作
defファイルにはMUGEN1.0用とあるが、winmugenでも使用可能。
上記Evil Orochi氏製の改変キャラが独立。ボイスは龍虎2のものになっている。
KOF98のシステムを再現している他、オリジナルの対空技「ファイアブラスト」を搭載。
氏製作のさくら等と同じく、プレイヤー操作時は「アドヴァンストモード」と「エキストラモード」の選択ができる。
レベルと反応速度の調節可能なAIもデフォルトで搭載されている。


出場大会

出演ストーリー



「戦場でなんども地獄をみてきた俺には

  貴様の拳など恐れるにたらん」

*1
電波新聞社から刊行されたムック本『ALLABOUT対戦格闘ゲーム』の180ページには
「ちょっとした油断を突かれて攻撃を受け墜落。爆発寸前のところをジェームスに……」 とあるが、
この辺りの事実関係は不明。本当は訓練中に誰かの襲撃を受けたのだろうか?

*2
龍虎2の没データにはジョンとキングが二人背中合わせになっている画像データが存在しているので、
何らかの関係を持たせる予定だった事がうかがえる。