キャスター

該当しそうな項目が2件あります。

  1. キャスター(Fate/stay night)
  2. キャスター(Fate/EXTRA)
  3. 未分類大会情報


キャスター(Fate/stay night)


「私を“魔女”と呼んだ者には、相応の罰を与えます」


プロフィール
身長:163cm/体重:51kg
スリーサイズ:B82/W57/H84(cm)
属性:中立・悪
誕生日:不明 血液型:不明
イメージカラー:紫
特技:奸計、模型作り
好きなもの:寡黙で誠実な人、可愛らしい服と少女
苦手なもの:筋肉ダルマ
CV:田中敦子

TYPE-MOONから販売されている18禁ゲーム『Fate/stay night』(PS2版は全年齢対応)および、
そのファンディスク『Fate/hollow ataraxia』に登場するキャラクター。
また上記の作品を題材としたカプコンから販売されている3D格闘ゲーム『Fate/unlimited codes』にも登場しているが、
同人格闘ゲーム『FateSwordDance』には登場していない。
CVは『うたわれるもの』のカルラ、『ストIII3rd』の春麗ポイズン、『MVC3』のトリッシュ(日本語音声版)、OVA版のミランダ・謝華等を演じている田中敦子氏。

生前偉大な功績をあげて死後においてもなお信仰の対象となった英雄が成る「英霊」と呼ばれる存在であり、
「キャスター(魔術師)」のサーヴァントとして第五次聖杯戦争にて召喚される。
聖杯戦争において三騎士(セイバー、アーチャーランサー)のクラスは「対魔力」スキルを持つため、
魔術師であるキャスターのクラスは「最弱」とされている。このため、キャスターのサーヴァントは「陣地作成」スキルを活用し、
拠点を設ける「待ち」の戦法をとることが基本であり、このキャスターも例のごとく拠点を作り、知略を駆使して暗躍する。
とはいえ、このキャスターは人間相手ならば第五次のサーヴァント中、最悪にして最高の成果をあげることができる。
げに恐ろしきは「対魔力」であり、
わざわざに(生前のスキルとは別に)対魔力を付与する聖杯はバランス調整がおかしい言わざるを得ない
まあ本来の目的からするとバランスなんて考えられてなくて当然なのだが、そこは割愛。

紫を基調としたローブとフード、月の意匠を施した大きな杖が特徴的な女性。
ファンからの愛称は「キャス子」など。

+ 真名、能力など。ネタバレ注意
+ ステータス
+ 素顔
性格は、魔術師らしく冷徹で狡猾。ただし異様にプライドも高く、感情的になる場面も多い。
その本質は純粋であり、一般人の柳堂一成にすら「悪人であろうとする善人だ」と見透かされている。
また生前が悲運と非業に満ちた波乱の人生だった所為か、見た目にそぐわない恋する乙女な側面も見せる。
また、『hollow ataraxia』や『タイガーころしあむ』では、頼ってきた相手には(なんだかんだと文句を言いつつも)真摯に対応していたり、
魔術の後輩である桜に様々な助言をしたりと、根は案外お人好しなのかもしれない。
+ 属性は悪だが…

趣味は奸計と模型作り。特にボトルシップがお気に入りのようであるが、模型ならなんでも作るらしく、
マスターグレード新作の発売日には模型店の行列に並ぶ彼女の姿が見られるとか。

ファンディスク『Fate/hollow ataraxia』では魔術師だけあって「在り得ない平和な日常」の違和感にもすぐに感づき調査を始めたが、
真相に近づくにつれ「真相を知ればこの日常は終わる」ということにも気づいたため途中で捜査を打ち切り、
遠坂凛から戸籍を買ってマスターと籍を入れて名実ともに新婚となったり、非常に献身的に葛木に尽くそうとしたり、
かつて得ることができなかったマスターとの穏やかな生活や平和な日常を堪能している。
この辺り柳堂一成の言った様に根が善人な所以なのだろう。


『フェイト/タイガーころしあむ』シリーズでは葛木の授業を見てみたくなって、桜から制服を奪ってまで学校に侵入しようとしたり、
自称・正義の味方から 力ちゃん もとい自分の杖を奪いかえそうとしたりしている。

+ AD.1573 封鎖終局四海 オケアノス

+ unlimited codesにおいては

…どうでもいいアレだがEXTRAのキャス狐とは妻云々に始まる献身さやら
一度契約先のマスターでハズレを引いているやら、何かとかぶっているような。


MUGENにおけるキャスター(Fate/staynight)

+ ドロウィン氏製作 キャスター
+ HALU氏製作 アルマデル

出場大会

削除済み
更新停止中

出演ストーリー



*1
このゲームにへ、ゲージを消費して相手の攻撃を弾くリフレクトガードというシステムがあり、要は『MELTY BLOOD』のシールドに近い。
しかし、このリフレクトガードは硬直キャンセルする機能も持っており、これを「リフレクトキャンセル」と呼ぶ。
『Fate/uc』のキャンセル手段の一つであり、このゲームを語る上で外せない要素の一つ。




キャスター(Fate/EXTRA)

「謂れはなくとも即参上、軒轅陵墓から、良妻狐のデリバリーにやってきました!」


身長:163cm/体重:49kg
スリーサイズ:B86/W57/H84
属性:中立・悪
イメージカラー:桃色
特技:シリアスブレイク
好きな物:幸せ四畳半/嫌いな物:他の自分
天敵:暗黒イケモン「セイメイ」

TYPE-MOONの『Fate』シリーズにおける一作である対戦型ダンジョンRPG『Fate/EXTRA』に登場するキャラクター。
主人公(プレイヤー)が使役できる三人のサーヴァントのうちの一体であり、
ノースリーブの青い導師服に尻尾スイーツ(笑) サーヴァント。公式文的には「露出度の高い着物を身に纏う妖艶な半獣の呪術師」。
声優は斎藤千和女史。契約者を多くのサーヴァントに見られる「マスター」「主」等ではなく「ご主人様」と呼ぶ。

少々毒があるが、(一目惚れした)マスターである主人公に対しては絶対遵守な態度を取り、
良妻狐を自称する…というよりご主人様至上主義を掲げ、他のサーヴァントやマスターには一切の容赦無く毒舌を振るう。
「世界中に自分とマスターさえ居れば後はどうでも良い」という、今流行りの愛が重いお方。
シナリオ担当の奈須きのこ氏からは「キャス狐」と呼ばれており、他のキャスターと区別する目的でもその呼び方がファン間でも主流。
が、一部では「駄狐」とも言われている…つーか本編でも主人公に呼ばれる。

生前偉大な功績をあげて死後においてもなお信仰の対象となった英雄が成る「英霊」と呼ばれる存在であり、
キャスター(魔術師)」のサーヴァントとしてEXTRAの舞台である2032年の月面の聖杯戦争にて召喚される。
(ただし本作の世界観はFate本編やTYPE-MOON世界観正規の時間軸ではないパラレルワールドの未来とされる)
戦闘では和風のキャスター(魔術師)らしく、鏡と符を用いた呪術を使用する。

先述の通りエキゾチックで毒のある性格。堅苦しい振る舞いは一切スルー。喋っていて楽しい、笑顔で呪うブリっ狐お稲荷さん。
ギャグ・メタネタもどんと来いである。
ミス=即死亡なサイバーバトルロワイアルな本作の一服の清涼剤、とも言えるかもしれない。
その言動はとってもコハッキー、もとい“割烹着っぽい服を着た誰かさん”に似ており、その笑顔の奥にもやっぱり複雑な過去がある様子。
だが主人公のことを一途に想い、主人公のために精一杯尽くし、そして主人公の言動に一喜一憂して照れたり拗ねたりはしゃいだりする様子は、さながら純粋なお年頃の乙女そのものである。
キャラクターデザインを担当したワダアルコ女史自ら彼女に嫁宣言をしているのもうなずける。
でも劇中で敵サーヴァントにオバサマ呼ばわりされたときはマジギレして・・・おや、誰か来(ry

ちなみに戦闘力はイラストを見る限りかなりのものであり、
続編である『Fate/EXTRA CCC』における新衣装では前作以上に胸が強調されたけしからんものになっている。
+ まさに露出強(誤字にあらず)

狐という時点で真名が数人に絞られてしまっている。またネット上でも真名が度々出てくることがあるため、ネタバレが嫌いな人はあまり調べないことをおすすめしておく。

+ 真名、能力など。ネタバレ注意

なおストーリー上で主人公の性別を選ぶ際、キャスターを選ぶ時のオススメは「プレイヤーが男であるなら、男主人公」とされている。
一途に尽くしてくれるキャスターとのベタ甘な展開が楽しめる(もちろん女主人公ならではの会話もあるので、どちらでも楽しめるのが前提)。
+ ただし…

+ EXTRAシリーズ以外での彼女とか

EXTRAでの性能

説明書に「最弱のサーヴァント」と書かれ、ゲーム内の会話でも彼女が自虐しだす程に辛い(ピーキーな)性能を誇る。
何しろクラスがキャスター(魔術師)なので他2名に比べて攻撃力も防御力もHPも低く、タイマンで殴り合うしか無いこのゲームで彼女を1周目に選ぶのは、まさに茨の道である。
一瞬の油断や無茶が即、死を招く。が、そこは愛と知識と努力と根性でカバー。
ちなみに彼女曰く「身体強化の魔術は最初から使ってる」そうで、それでも苦戦する辺り、本当に彼女の苦労が伺える。

しかし、後半になるにつれキャスターのクラスらしく攻防共に優秀な効果の揃ったスキル(相手の行動を封印できる攻撃スキル、自動MP回復、スキル威力が2~4倍になる効果ブースト、相手のスキル・宝具ダメージを激減+MP回復付きの防御スキルなど)を覚え、強力な魔力によるスキル連打によってサーヴァント(いわゆるボスクラス)が相手であっても完封・無双が可能。
はっきり言ってアーチャーなぞよりよっぽど安定する。

大器晩成型、とは本人の弁。前半が辛い分、後半になればなるほど好き勝手に暴れることができて戦闘が楽しくなってくるタイプ。
しかしやはり打たれ弱いので事故死はご愛嬌。むしろ相手に殴らせたら負けである。
2周目以降で選ぶ場合には引継ぎ要素(装備引継ぎや敵の行動パネル開示)があって大分楽になるので、どうしても
待てない人以外は1周目は違うサーヴァントを選び、2周目以降からプレイしていくといい。
資金引き継ぎもあってお金がだだ余りになるので、その豊富な資金力をMP回復アイテムにつぎ込んでの無双が可能。


MUGENにおけるキャスター(Fate/EXTRA)

みr氏製作

現在β版が公開されている(2016年現在最新版はver0.8)。
システムは型月勢らしくメルブラ式が採用されている。
原作スキルは必殺技として網羅、宝具も当然超必で搭載。ストライカーフランシスコ・ザビ 男主人公もいるよ!
特殊ゲージ黒天洞(一定時間ゲジマユ)等もありβ時点ながら実に作り込まれている。
…様に見えるが、チーム戦で2番手以降になるとMPゲージなどが機能しなくなる不具合が確認されている。
AIは未搭載だが、つづら氏によるAIが公開された。
また、Night氏によって12色のカラーパレットが制作されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18012563

Snowwolf氏改変版

みr氏製作のキャスターをSnowwolf氏が改変したものである。
新MUGEN専用だが、WinMUGEN用のパッチも同時公開されている。
ゲージ効率が高く、必殺技は隙も少ない。ゲージ技は威力も削りも高い。
防御面も、耐久力がかなり高く時間経過では消失しないバリアを持っている。
ある意味マグニートーの無敵バリアより厄介かも。
宝具は瀕死状態限定の3ゲージ技となっており、公開当初は氏恒例の全画面即死だったが2013年4月の更新で性能が変化した。
具体的には始動技ヒットで発動しライフとゲージが常時MAX固定・バリアが解除されなくなるという凄まじい性能。
ある意味CCCの再現と言えるかもしれない。
また12P選択でCCC風カラーとなり、HPとゲージが常に回復するようになる。
デフォルトでAIが搭載されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19165983

「でも今は、最後まで一緒にいます。私の、たった一人のご主人様(マスター)。」


出場大会


出演ストーリー



未分類大会情報

  • 「[大会] [キャスター]」をタグに含むページは1つもありません。


添付ファイル