クリザリッド


「目に焼き付けて……死ぬがいい」


格闘スタイル: '99…収集した格闘データを、バトルスーツから肉体にフィードバックして闘う
                          2001…収集した戦闘データをもとにしたもの
生年月日: 10月23日(29歳)
出身地: アイルランド
血液型: AB型
身長: 188cm
体重: 83kg
大切なもの: '99… 部下 *1
                      2001…オリジナルのゼロ様
好きな食べ物: '99…ライフガード、バターサンドクラッカー
                          2001…スポーツ飲料、バターサンドクラッカー
嫌いなもの: '99…意味のない会議
                      2001… チョビヒゲの人
得意スポーツ: なし
趣味: 有名人のクローンコレクション

THE KING OF FIGHTERS'99』のラスボス。2度にわたり対戦する事になる、いわゆる変形型のボス。
初戦はトレードマークである濡羽を両肩にあしらったロングコートを着たまま、第二戦はそのコートを自ら燃やし、バトルスーツ姿で襲い来る。

2001ではオリジナルゼロストライカーとして再登場。
またプレイステーション2版KOF2000にもK'のマニアックストライカーとして登場している。
「クリザリッド(Krizalid)」という名前は、フランス語の「蛹(Chrysalide)」を英語風に置き換えたものである。

悪の秘密結社「ネスツ」の幹部の一人で、その正体は主人公K'のクローン *2 (K'の記憶の一部も移植されていた)。
しかし本人はその事実を知らされず、移植された記憶を自分自身の記憶だと錯覚し、K'の方が自分のクローンだと思い込んでいた。
そのためなのか、元々「いくらでも代わりのきく量産品」と見下し気味だったクローンたちのなかでも、ひときわK'を見下していたようである。
設定年齢は29歳だがこれは人為的に培養・急成長されたためで、同じネスツ出身のセーラ(ウィップ)の事も、
同様に記憶を操作された影響で自分の姉だと思わされていた。彼が29歳、ウィップの年齢ははっきり設定が無いながら
20歳前後なのは確実にも関わらず、である。それゆえウィップの前ではシスコンのような弱さを見せる面もある。
彼女との掛け合いでも「貴方と戦うことになるとはな……」と比較的穏やかな声色で喋る。

K'よりも後期に能力を移植されたと思われるため、炎を操る能力もK'より洗練されており、安定・高威力・右手に限定されないなど研究の成果が見られる。
自信に満ちた落ち着いた物腰で、身体強化手術を受けた者特有の精神疾患の兆候はあまり見られない。
しかしネスツがより洗練されたクリザリッドのクローンではなく、劣化に劣化を重ねた草薙京のクローンを量産し続けていたことや
運動能力はバトルスーツ頼みな点から、身体的に何らかの問題があったものと考えられ、強化手術そのものを受けていないのかもしれない。

'99で世界各地に配置されたクローン京に自らのバトルスーツを使用して収集した戦闘データを転送し、
彼らを「最強の兵器」に仕上げ、ネスツが新たなる世界を築くという世界同時テロ計画の責任者であった。
最後にクローン京たちを始動させるためのパスワードである「トリガーデータ」(「人を殺す」概念を覚えさせるデータ)の作成のため
K'やマキシマらを殺害しようとするも、反旗を翻した彼らに敗れ作戦は失敗。
情報隠蔽のためにクローンゼロによって始末されかけたがオリジナルゼロに救出されており、2001で復活。
ただし復活の経緯に関しては詳しく語られておらず「一度は完全に死亡したが、記憶データを新たなボディに移植されて復活した」という説もある。
この場合は肉体は別個体であるものの「死の瞬間までの同一の記憶を持つため同一人物である」ということになる。
しかし嬉野秋彦氏の小説版2001では、ウィップに額を撃ち抜かれ完全に死亡した *3

当初は「 クリザ 」という略称で呼ばれていたが、SNKプレイモアのサイト内にあるKOF公式サイトのキャラ紹介のページに
「ネスツという組織を会社に例えるのならクリザリッドは課長担当の 中間管理職 」と紹介があったためファンの間ではこの呼び名、
およびその略称「 中間 」も定着することになった。
またコートを脱ぐ前の第一形態が「 ひとつ上野男 」、脱いだ後の第二形態が「 剥き栗 」と区別して呼ばれることもある。

現在は無くなってしまったが、旧SNKのKOF’99 EVOLUTION(DC版)のサイト内に設けられた
「秘密結社ネスツ」というネタコーナーの中に「秘密結社ネスツ新聞」というページがあった。
その新聞には『“もっぺん企画書、書き直して出直してこい!!”クリザリッド係長 怒りのリーサルインパクト!!』 という見出しで、
怒鳴り声と共に失敗をした部下にリーサルインパクト(変身後の必殺技)を食らわせたという記事が書かれていた。

+ そんな彼の中間管理職っぷり

原作中の性能


コートを着た第一形態では通常技の強攻撃に削りダメージがあり、
カカト落とし(中段)とつま先キック(下段)による上下二択や、
高威力で二段ヒットし、高めに打ち出す上に上下に判定が広いので、対空にすらなる飛び道具「ネガティブ・アンギッシュ」や、
飛燕龍神脚のような空中からの鋭い蹴り技「デモン・ランディング」を繰り出してくる。
本気モードの前座とはいえアルゴリズムが恐ろしく適当で、ジャンプしてふっとばし攻撃を適当に連打しているだけで勝てたりする。

コートを燃やし本気を出した第二形態ではボスらしく持ち技の殆どが高性能であり、
特に彼の代名詞たる飛び道具「テュホン・レイジ」は発生が速く攻撃範囲が広い上、
相手の飛び道具を無効化or反射し、多段判定で削り能力が高く、何より ゲージ回収率が異常に高い と非常に強力で、
相手によってはこれを連発されるだけで容易に近づけなくなる。
よしんば「テュホン・レイジ」に対して飛び込んでも、強判定の対空と中段崩しを兼ねる「リーサル・インパクト」と、
やたら無敵時間の長い「ライジング・ダークムーン」でさっくり撃墜可能。
さらに通常技の殆どが必殺技キャンセルできるため(強攻撃キャンセル「デスペレイト・モーメント(高性能突進投げ)」)×n
お手軽に永久が出来てしまう (イグニスと違ってCPUが使ってこないのが救い…というか、 救いも何も永久してくるCPUイグニスがそもそも間違ってる )。
……とまぁボスキャラとしては十分に強いはずだが、KOF'99の(前後作である'98、2000と比べての)完成度の微妙さ、知名度の低さ、
哀れなエンディングなどから「あまり印象に残らないボス」との扱いを受けている。

また「テュホン・レイジ」には様々な空耳が存在し「飛んでいる!」「トルネィディン!」などが代表的。

原作の永久をMUGENで再現するとこうなる。

原作での彼の勇姿(プレイヤー操作)

DC版、PS版などでは第二形態のみチート無しでプレイヤーが使用することができ、
そのバージョンではCPUと比べて火力や防御力が控えめになっている代わりに、
(技性能とゲージの溜まりやすさは全く自重していない)
しゃがみ動作を始めとして技や動作が大幅に増えている。
なおクリザリッドだけライフ横の顔グラとラウンド数宣言の時の顔グラの表情が全く異なる。

PS2で発売された2002UMでは
  • 開幕掛け合いが削除され特殊イントロがあるキャラ以外の場合、棒立ちのまま登場する(闘劇verでもゼロ、イグニスに対しては棒立ちのまま)
  • ウィップ戦で口パクがずれる
  • VSネームレス戦のコートの色が2種類しかない(3P、4Pカラーは1P、2Pカラーのコートを着てる)
  • 必殺技などの効果音(テュホンレイジの風の音や超必殺の炎の音など)が無い
  • リーサル・インパクトで振り上げた脚の角度が前方で最も高い位置にあるときに相手を掴むと相手の位置がずれる
  • MAX版デスペレイト・オーバードライブの爆発エフェクトが無い
  • 火を握りつぶす勝利ポーズが削除されている
  • ピヨリモーションが変になった(本来は微動だにせず、バトルスーツが点滅するだけ)
  • オリゼロのストライカークリザと声優が異なる *4
  • オリゼロクリザが攻撃後、空を飛んで帰っていく
…と(闘劇verではいくつかバグが修正されたものの)一人散々な扱いを受けている。

'99と比較するとデスペレイト・モーメントは成立時の硬直が長くなったのでお手軽永久は出来なくなった(完全に不可能というわけではないがタイミングが非常に難しい)が、硬直は特殊技以上の技でキャンセル可能なので強力な性能なのは変わらず。他には空中ふっとばし攻撃に強制滑りダウン&カウンターワイヤー付加、特殊技のカットスピンが初段から中段判定に変更と総合的には強化されている。
また追加された突進して閃光のパンチを放つ画面全体攻撃「ライトニングディザスター」は突進中無敵であり、30ヒットするため削りとしても優秀なMAX2となっている。
…が、無敵だろうがそんな事関係ねえとばかりに命中させるイグニスのMAX2には一方的に負けてしまう。会長自重してください。

ちなみに、名前や技演出から「ライトニングプラズマ」が元ネタだが、その見た目からセブンスと呼ばれることも。

2002UMの性能解説動画(4:18からライトニングディザスター)
もっとも、勝利台詞などは他キャラと同様いくつかきちんと追加されてもいる。
上司への敬意溢れる態度とは反対に、その上司に刃向うに対しては露骨に厳しく、
恨み骨髄に達した人物に対しては、威圧的な台詞であった。
扱いとしては散々だったことは確かなのだが、ネームレスのストーリーにおいては、
ネスツにおけるクローン関連の関係者として、彼もそのストーリーに関与したものと思われ、
その悲劇的な内容から不足がちだったカリスマ性とKOFボスらしい非道さが増し、以前よりもボスの風格を身に着けたとも言えよう。

「進歩のない貴様らには その地位がお似合いということだ」


MUGENにおけるクリザリッド

+ 珍屋氏製作
+ アフロン氏製作
+ にゃんころ氏製作
+ 変態盛年氏製作
+ GoD_Ryu氏製作
+ TightRiam氏製作

アレンジ

+ aki氏製作
+ RYO2005氏製作
+ 119way氏製作
+ Zelgadis氏製作
+ KeiDash氏製作
+ MDK氏製作
+ Digital asasd氏製作
+ ZET氏製作
+ コハクリザ
+ Krizalid 99
+ むき栗
+ ギルニス氏製作
+ コンナハズリッド
+ クローン・クリザリッド
+ 爆炎のクリザリッド

ニコニコMUGENでは、原作崩壊系の動画では主に「中間管理職」として登場し、ルガールの部下や運送屋であることが多い。
彼の運送技、デスペレイト・オーバードライブはどの動画でも大人気のようだ。
またニコニコ内限定で「テュホン・レイジ」に「基本定時!」「基本零時!」という空耳がつく。

ストーリー動画では非常に出番が多いものの、大抵は敵だったり物語の主軸から離れたポジションだったが
コードネスツにてとうとう主役に抜擢され、MSIでは多数のファンを獲得した。

+ ちなみに

出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ 一覧

プレイヤー操作



*1  
といっても、クリザリッドが「ご苦労だった」と言いながら殺そうとしたK'とマキシマも、一応彼の部下である。
クリザリッドは失敗したからこそ殺されかけたが、K'とマキシマの場合は「作戦のために問答無用で死ね」である。

*2
仰向けにダウンした時のK'は髪が後ろに垂れており、クリザリッドそっくりである。

*3
多くの謎を残したまま強引に終わったネスツ編を補完するものとして、ファンの間では氏の小説が半公式認定を受けている。
氏はプレイモアから「死亡扱いにしないで欲しいキャラクター」のリストを渡されていたらしいのだが、
クリザリッドは そのリストから外されていた 模様(ゼロのペットのグルガンもマキシマに口内を撃ち抜かれて死亡している)。
また同ゲームのOPを見る限り、龍とクリザリッドの2名はプレイヤーキャラとして登場する予定があったらしい。

*4
単体キャラとして参戦した'99では岩本義幸氏、
ストライカーとしての登場だった2001ではや乃えいじ氏が声を担当しており2002UMでもそれを踏襲している。