小牟










「こいつは極上じゃぜ!」

2005年に発売された、ナムコとカプコンのキャラクターが入り混じって登場するお祭りゲー、
NAMCOxCAPCOM』の 設定上の ヒロイン(名前は「小牟」と書いて「 シャオムゥ 」と読む)。
あだ名は、駄狐(駄フォックス)、腐女狐、ピカムゥ、しまじろう(中の人ネタ)等。

日本政府の特務機関「森羅」のエージェントで、仙狐と呼ばれる中国のの妖怪であり、外見とは違い齢は765(ナムコ)歳を越える
しかし仙狐は1000歳から成体として扱われるため、仙狐として見ればまだ若者。
漫画やゲーム、インターネットなどが趣味で、大のプロレスファンでもあり、
コミックやゲーム作品、プロレスラーの台詞などを引用した発言が多い。
かつては有栖零児の父である正護と組んでいた。油揚げが好物。

+ 有栖零児について

声優はニトロワアインや『MELTY BLOOD』の弓塚さつき等で御馴染みの南央美氏。
機動戦艦ナデシコ』ではホシノ・ルリを演じた。
アインの相方の名前も玲二(レイジ)と同音異字だが、流石に偶然であろう。
某白騎士のパイロットとも関係は無い、多分。ATXジャケット?何の事ですか?
+ などと言ってたら…



高齢に相応しく年寄り言葉を使うが、その性格はあまりにも アレ。
本来こうしたお祭りゲーのオリジナルキャラは各ゲーム間の橋渡し的役割や、
個性豊かなメンバーを纏めるべく真面目な常識人になるのが普通なのだが
小牟はその役を相方の零児に押し付けて自分は好き放題に暴れ回り、
ナムコとカプコンのクロスオーバー企画のヒロインのクセに台詞の殆どが 他社の別作品のパロディ という
お祭りゲーオリキャラにあるまじき暴走でプレイヤーの度肝を抜いた。
しかしそのお陰で多くのゲームの主役や人気キャラの中にあっても埋没することなく、
「ナムカプの顔」としてしっかりと自らのキャラを確立している。

+ シャオムゥ語録 ほんの一部

+ 原作ネタバレ注意

戦闘に関しては零児は、火の力を宿した日本刀・「 火燐(かりん 」、雷の力を宿した脇差・「 地禮(ちらい) 」、木の力を宿したショットガン・「 柊樹(ハリウッド)
から成る父の形見である武器セット「護業(ごぎょう)」と、懐にある金の力を宿した拳銃「 金(ゴールド) 」を
次々と持ちかえながら要所で有栖流の陰陽道を組み合わせて戦う接近メイン。
相方の小牟は仙狐の名の通り、両手で大型の気弾を放つ「白虎砲」、指先から細いビームを撃つ「青龍槍」、
爆弾の「玄武炸」、刀で地面を走る衝撃波を放つ「朱雀刀」といった四聖獣の名を冠した武器や妖術、
魔の力の拳銃「 銀(シルバー) 」、水の力を宿した仕込み錫杖「 水憐(すいれん) 」で戦う遠距離メイン。
また、無限のフロンティアでは「 白金(プラチナ) 」で零児同様二丁拳銃での戦いもする。
必殺技の「真羅万象」は自分が妖術で相手の動きを封じる間に零児が怒涛の攻撃の後、小牟が仕込み刀で一閃するというもの。
ゲーム中の性能では、ほぼ全属性かつ連続Hitで全範囲瞬間判定という非常に強力な攻撃。
また、初期から覚えている「銃の型」は零児が銃を乱射する間に的確な援護で複数の敵を撃つ攻撃もある。
その反面、他の技の性能は普通やイマイチなので属性の弱点を突く戦法のユニットである。
ただし基本的な攻撃力はかなり高く、特に相棒の零児の技は扱いやすい。
単発高火力なところはデミトリと似通った性能。

そして、このまま単発お祭りゲーキャラとして消えていくものと思われていたが、
その後のクロスオーバータイトルに主役あるいはナムカプ枠として度々出演しており、出番と持ちネタの量を増やしている。

+ 『無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ』

+ 『無限のフロンティアEXCEED』

+ 『勇現会社ブレイブカンパニー』

+ 『PROJECT X ZONE』

+ 『PROJECT X ZONE 2』


MUGENにおける小牟

MUGENでは、ドロウィン氏制作のナムカプ仕様小牟が存在していた。
零児がおらず(真羅万象にてカットインだけ 登場)小牟単体で戦うキャラとなっている。
原作では敵からのダメージは零児が受けるため小牟のやられボイスが存在せず、
代わりとしてダウン復帰やKO時等に声優繋がりで弓塚さつきのボイスを使用している。
シミュレーションゲームである『NAMCOxCAPCOM』の特殊なルールを再現した「再現モード」、
通常の格闘『MELTY BLOOD』を基礎にした「アレンジモード」の2つのモードを使い分ける事が出来る。

「アレンジモード」は前述通り、仕様を『MELTY BLOOD』風にアレンジしたモードで
原作ゲームではボタン1つで始動していた必殺技などもコマンド形式で入力する必要があり、
アレンジモードでしか使えない技も数多く存在する。

「再現モード」はスタートボタンを押しながら決定すると選択する事が出来る。
こちらではシミュレーションゲームである『NAMCOxCAPCOM』のルールと同じく、
「ブランチ数」を消費して攻撃する事になる。
「ブランチ数」とは、つまり攻撃可能回数の事でこれが続く限りは無限にコンボを叩き込める……のだが、
最大でも10までしかストック出来ない上、パワー溜めやブロッキングを使わないと中々増えない。
さらに「ブランチ数」がゼロになるとその間は一切攻撃出来ないと言う非常に癖の強い仕様となっている。
どの攻撃でも相手を浮かせる事が出来、「真羅万象」以外はコマンド技が存在しない事も特徴。

本体標準の簡易AIの他に、DD氏制作のAI(再現モードは未対応)や蓬莱氏製のAIも公開されている。
キャラ本体はイカ娘と入れ替わる形で公開停止となっていたが後に再公開された。
しかし現在はフリーティケットシアター終了によるリンク切れで入手不可。
+ 大会ネタバレ注意

あと、何気に独眼ちゃんと組む機会が多い(こことかここ)。そこムゲフロでやれとか言わない。

「お呼びとあらば即参上!」


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー


「……人、それを”狐なのに猫被り”という。おぬしに名乗る名などない!」


*1
何故ナムカプのオリジナルキャラがスパロボに?と思う方も居らっしゃると思うが、
これはナムカプ・無限のフロンティア・ゼノサーガシリーズの製作を行ったのが全てモノリスソフトであることと、
ナムカプの仕掛け人である森住惣一郎氏が元々スパロボの開発に何度もシナリオライターとして携わっていて、
無限のフロンティアでもディレクターを務めているからである。
また、ナムコもバンダイと合併しバンダイナムコ・グループとして再編され、
両社の全てのゲーム開発部門・子会社が「株式会社バンダイナムコ・ゲームス」のブランドとして
一括りになったことから、このコラボが実現の物となった。
ちなみに森住氏の多作品クロスオーバーストーリーの手腕には定評があり、また会話に様々なパロディネタを仕込みたがるのも特徴。
ぶっちゃけ小牟が上記のようなパロディフォックスになってしまったのも 氏一人の暴走 によるものと思われる。
むしろオタク文化を新旧メジャーマイナー問わずこよなく愛し、プロレスファンでもある小牟自身が氏の分身と言うべきか。

余談ながら森住氏は ナムカプの製作者インタビュー にて
「作りたいゲームは『データイースト クロス サンソフト』です」
と熱弁していた。 ……すごいクリエイターだ。
+ (実現したとしたら)こうですか!?分かりません!

*2
河野さち子氏(通称さっちん)は数多くのスパロボでキャラクターデザインを手掛けるデザイナーで、
ファンの間では巨乳病に罹っていることで有名。女性キャラを描くと腕が疼いて巨乳になってしまう。
具体的には無限のフロンティアの続編『無限のフロンティアEXCEED』のヒロインを描いていたら
何故か胸の大きさが二回り大きくなっているぐらいの巨乳病なのである。
(ミオとかプレシアとかラトゥーニとかマイとかアイビスとか、あれでも作中では貧乳キャラ扱い)
ちなみに河野氏がガチで描いた数少ない貧乳キャラであるメールも最初は胸がでかく、
何度も何度もリテイク喰らった結果、やっと今の姿に落ち着いたらしい。
小牟の件も、 「またまた冗談でしょ~、本当はみんな巨乳が好きでしょ~」 みたいな事を言って 独断で 巨乳にしたのだ。
尤も森住氏も「色気の高い他のキャラに対抗するためノースリーブにしてスリットを深くしてある」だの
「セクシャルなキャラが多くなったのは反省点、 次もやります 」だの言っているのだが。
なお、河野氏も別に貧乳全否定というわけではなく、ムゲフロを代表する貧乳キャラである錫華姫について、
苦労した分愛着があると語っている。…貧乳はステータスだ!希少価値だ!

でも本当はナムカプの頃からそれなりに戦闘力はあったのは秘密。
というかナムカプも女性キャラが全体的に戦闘力高めである。
それこそ戦闘力が乏しいのは彼女とか彼女とか数えるくらいで…。
+ しかし…

*3
ちなみに上記にて語った通り、モノリスソフトは元々バンダイナムコ・ゲームスの出資を受けて作られた会社だったが、
後に筆頭株主のバンナムが株式の80%を任天堂に譲渡。任天堂の子会社となった。
(さらに2011年には完全子会社化)

元々PS2で発売されたクロスオーバーゲームの主役である小牟は、一時期その復活が絶望視されていたのだが、
そんな事知るかとばかりに次々と任天堂ハードの作品にゲスト参戦。
そして『PROJECT X ZONE』シリーズに至っては、名目上こそ完全新作と言うことになっているものの、
ストーリー等が露骨なまでにナムカプの続編となっており、ナムカプファンを喜ばせた。