キン肉バスター


「48の殺人技・キン肉バスター!!」

ゆでたまごによる漫画『キン肉マン』の主人公・キン肉マンことキン肉スグルの必殺技の一つであり、彼の代名詞とも言える大技。
またの名を「48の殺人技・五所蹂躪絡み」。
トップ画像のように相手を肩の上に担ぎ上げ、足首を掴み首のフックで固定して飛び上がり、
落下時の衝撃で首・背骨・股関節を同時に破壊する。まともに食らえば凄まじい威力を誇る。
見た目が非常に派手だが効果としては打撃技というより関節技に近い。
(実際、故あって打撃技が使えない相手に対し「キン肉バスターは関節痛めだ!」と言ってこの技を仕掛けた事がある)

まだ実力を疑問視され、「ヘボ超人」呼ばわりされていたキン肉マンの才能を見抜き、
ハワイの巨星プリンス・カメハメが伝授したカメハメ百手中の「48の殺人技」の一つであり、
48の殺人技を基本にして昇華させた三大オリジナル・ホールド?何のことかな
2度目の超人オリンピック編・決勝戦におけるウォーズマンとの戦いで止めをさしたのが初披露。
後に彼の息子であるキン肉マンII世こと万太郎にも受け継がれ、さらなる改良が加えられている。
ただ、『キン肉マンII世』ではカメハメ直伝の技という設定はどこへやら?キン肉王家に代々伝わる奥義扱いになっていた。
(なお、スグルの父親(万太郎の祖父)真弓の必殺技はアイアンクローであり、この技で超人オリンピック優勝も果たしている)
おまけに息子へは「キン肉バスターは完全無欠の技、キン肉族の至宝」なんて教えていたもんだから
それを信じ込んでいた万太郎がキン肉バスターに固執した結果、後述の返し技をモロに食らうはめになってしまった。
ついでにキン肉バスターを使えるのはキン肉王家の筋肉量があればこそであり、小兵のテリーマン一族には使えない事も明かされた。
「宇宙超人タッグトーナメント」?あれはキン肉マングレートだから

強敵ウォーズマンを破った事を筆頭に、強敵を打ち破る文字通りの「必殺技」として作中でも認知されており、
敵も様々なエスケープ手段を考案しており、首のロックを抜く、超人パワーの差を使って「6を9に」するように反転する等の対抗策が登場した。
これに対応する派生技としてキン肉マン自身も反転された後きりもみ回転して上昇し屋根に叩きつける「ネオキン肉バスター」や
悪魔超人スニゲーターとの戦いで使用した「口裂けキン肉バスター」、
ノーマル版と見せかけてサイドロープを利用して真横に飛んでスタジアムの側壁に叩きつける「サイドキン肉バスター」、
ネオキン肉バスターと通常のキン肉バスターを連続でかける「ダブルキン肉バスター」、
巨体相手に二人がかりでキン肉バスターをかける「バスターバリエーションPART5(「ネオ~」から数えて5番目の派生技)」、
利点、欠点共に特に変わらないものの、相手を担ぐ向きを前後逆にして相手の意表を突くことで返し技対策とした
「ターンオーバー・キン肉バスター」(これは『II世』で登場)などを考案・使用している。

+ 返し技と派生


実際のプロレス技としても存在しており、モハメド・ヨネや池田大輔(入場曲がベルセルク)等が使用している。
というか元々プロレスの技で、故冬木弘道やルチャの数学仮面マティマティカがその元祖と言える。
ただし実際に尻餅式でやると受身がほぼ不可能な為、相手の頚椎を負傷する恐れがあり
仕掛けた自分自身も肩と腰に相当な衝撃を被るので、後方に倒れて相手の腰を地面に打ち付けるのが主流となっている。
参考動画(2005年武道館での白GHC戦にて)

当時の少年たちには強烈な印象を残している技であり、例えば『ONE PIECE』の尾田栄一郎先生は
ジャンプの思い出として「阿修羅バスターの模写に苦労した」ことを挙げている。


格闘ゲームにおけるキン肉バスター

格闘ゲームにおいても多くのパロディ・オマージュ技が存在し、「肉技(キン肉マンが元ネタの技)」や「バスター」という一言で概要が通ってしまうほど高い人気を誇る。
その先駆けとなったのは『龍虎の拳2』のテムジンが使う「蒙古雷撃弾」。
わざわざやられグラも用意されており、 女性キャラに決めるとエロい 芸の細かさに感動した諸兄も少なくないだろう。
しかし実際には、食らう側に汎用性の無い専用のやられ画像が必要になるというネックから、
空中に飛び上がり、着地の衝撃を利用して相手の背骨を折る所謂タワーブリッジ…もといアルゼンチンバックブリーカーの体勢になっているものが多い。
さらに元ネタを尊重してか「○○バスター(○○はキャラの名前)」という名前であることが多い。

また3D作品だが『鉄拳』シリーズに登場する豹頭のプロレスラー・キングが使うものは
「マッスルバスター」と名称もほぼそのまんまである。
こちらは、コスチュームバリエーションに高専制服がある女性キャラに威力を発揮した。後にはミニスカキャラも追加されたし。

また、2014年3月に発売されたオールスターゲーム『Jスターズ ビクトリーバーサス』において
ジャンプ史上に残る名作であるにも拘わらず、キン肉マン達は登場していない。
考えられる理由としてキン肉バスターをはじめとしたホールド技がネックになっているということがよく指摘されている。
参戦キャラにボア・ハンコックや黒神めだかなどといったスカート姿の女性キャラがいること、
則巻アラレや山田太郎など低頭身で体格が合わないキャラ(ミート君…)
殺せんせーみたいな関節があるかどうかすらわからないキャラ 悪魔将軍にも関節技は効かないのだが。バスターで胸(の装甲)に穴が空いたけど)
これらのキャラを相手にキン肉バスターが決まっていることを描写するのは難しいのだろう。

なお、それ以前の2006年に発売された『ジャンプアルティメットスターズ』ではキン肉マンも参戦しており、
キン肉バスター、キン肉ドライバー、マッスルスパークの専用やられ画像がなんと全キャラ分描き下ろされている。ゲームシステムの関係上小さいドットなのが残念。


MUGENにおけるキン肉バスター

MUGENにおいても専用のやられ画像を設定することで対応することが可能だが、ブリスと比べると対応しているキャラは少なく、
画像番号も二種類に分かれて統一されていないのが現状。
国内で主流の番号は、海外でグルーミーパペットショウの番号に使われているという偶然もあり、
このため「キン肉バスターを仕掛けたらなんか妙な動きになった」という不具合が現れる場合がある。
きちんとした統一規格が進まなかったのは、 肝心のキン肉マンが長い間MUGENに居なかった というのもその一因だろう。
DOS版時代のコンプゲー「ムゲファミ」にマッスルタッグマッチ絵のラーメンマンがおり、
これが『キン肉マン』関係で最古のMUGENキャラと思われるが、なにぶん古すぎて現在は入手不能の模様。
それ以降にMUGENに現れた『キン肉マン』キャラはバイクマンカナディアンマンミキサー大帝キン肉マンゼブラなど 脇役超人 が数名。
いずれも'09~'10年に製作・公開されたキャラである。
つまりWinMUGENが作られた2002年から09年までの長期間に渡って、『キン肉マン』関連のキャラがMUGENに一人も居なかったようだ。
ですからー氏によって正真正銘のキン肉マンが製作され、他の超人たちも現れている今、MUGEN界での『キン肉マン』勢の躍進に期待したいところである。

対応している主なMUGENキャラはユリ・サカザキ(大垣氏版)、麻宮アテナ(一部の改変版)、キャミィカスタムD4クーラ
レイチェルティティライザD4キャシィセーラー戦士たち涼宮ハルヒシャルティル(自分も使う)、フェリルルシェカ
ゼシカアル・アジフ右代宮縁寿ひかるなどなど、大半が女性キャラである。 どいつもこいつも紳士過ぎる
中にはバスターを喰らうと唐突に女性化するなんてキャラも…(2:09~)


男性キャラで対応しているのは、原作関連キャラとしてキン肉マンゼブラとミキサー大帝、(ロビンマスクと四次元殺法コンビは対応していない)
原作にバスターやられポーズの画像が存在するシン・ジーナスやテムジン、
画像を作成したキャラではMr.師範改、NRF氏製作の千両狂死郎
ブラウン氏製作の龍虎外伝版リョウ・サカザキ(龍虎外伝にはバスター技を使うテムジンは登場していないので、やられポーズは自作)など。
製作キャラの多くにバスターやられを搭載してくれる製作者もおり、
masa00341氏製作の陣(マーシャルチャンピオン)バーツJ・マッコイなど、
ユメヒコ氏製作のリョウ・ナガサキ喧嘩芸アンディ東洋の巨人などが搭載している。

+ 様々な肉技パロディ



添付ファイル