李刀龍





「穿弓腿!!」





  「私の動きに

      ついて来れなかったようだな。」

プロフィール
名前:李刀龍(リー・タオロン)
出身:韓国
格闘スタイル:功夫空拳
年齢:23歳
身長:182cm
体重:78kg
性別:男

キャラクター紹介

ビスコがリリースしたアーケード格闘ゲーム『ブレイカーズ』シリーズの登場キャラクター。
功夫(クンフー)空拳という武術の使い手。本作におけるライバルキャラクター
キャッチコピーは「龍に守護されし功夫使い」。
彼と同じく功夫の使い手であった父は刀龍が物心つく前に姿を消し、母も三年前に他界している。
武術大会「FIST」の主催者、黄財閥頭首によって父は殺された、という母の遺言を胸に
己の功夫の実力を試すため、父の無念を晴らすために「FIST」に参戦する。

主人公の神威翔よりも3歳年上で、互いに良きライバルとして認め合っている。
ちなみに翔の頬にある十字傷は日本に修行に来た刀龍との組み手の際につけられたものである。
年が近いせいか、刀龍は翔をライバルとして見ている一方で、弟のようにも感じているらしい。

+ 原作ネタバレ

ちなみに同キャラ対戦時のCPUキャラは「王 劉凱(ワン リュウクァイ)」。
声優志望の若者で、彼女にフラれた原因をタオロンのせいだと逆恨みしている。
…せめて拳法家としての設定をつけろ。

刀龍のテーマ

原作での性能

典型的なタメキャラで、超必殺技も含めて全てタメ始動。数こそ少ないもののタメ時間は短く性能も高い。
コマンドはガイルそのまんまなので、ブレイカーズ初心者でもだいたいの操作感覚はわかるだろう。

必殺技飛び道具「功龍牙」と無敵対空「穿弓腿」の二つしかないが、優秀なため十分に戦っていける。
功龍牙は弱で出すと非常にゆっくり進むため、ダッシュで追いかけて同時攻撃、なんて事も出来る。
穿弓腿は対空に割り込みにと使える。両方ともタメ時間がほとんど必要無いので、意外ととっさに出るのが魅力。
基本的には功龍牙で間合いを取り、飛んできたところを穿弓腿で落とすタメキャラ伝統の戦法でいけるが、
こちらから攻めてもジャンプ大K(上のgif)や特殊技「龍星掌(通称:オーラ掌打)」があるため連続技からダメージを取りやすい。
特に龍星掌は通常技からキャンセルで出せ、しゃがみ状態でも出せるのでタメが継続でき、少し前進するため繋ぎやすく、
小技から繋がりヒット確認も容易で、当然必殺技でキャンセル可能と連続技の繋ぎとして非常に優秀な技。
ジャンプ大Kは下方向に判定が強く、ただの通常技なのに派手に5HITするためある程度早出しができる。
このためジャンプしてきた相手に当たりやすく、そこからすかさず超技で拾う事ができる。
また地上でガードさせても着地小足に繋ぐとガード方向を惑わしやすく、そこから小足始動の連続技に繋げられる。
ただし純粋な空対空では横方向に判定の広いジャンプ大Pを使った方が無難ではある。

その他、特殊技「衝天肘」は中段で、通常技からキャンセルで出せるため攻めのアクセントとして使ったり、
小さくジャンプするため強引に上から押さえ込む事も出来る。もう一つの「旋風烈脚」は隙が大きい回し蹴りで、使えない。

超必殺技「練糾腿」は割り込み・対空専用で、こちらは通常10数HITのところがボタン連打で30HITまで上がる。叩け!
名前の通りの乱舞技「神極乱舞」と巧龍牙の上位版「砲神連波」は、どちらも連続技や拾い追撃に活躍する。
どちらを使っても構わないが、神極乱舞はダメージが高いがたまに練糾腿が暴発する事があり、ガードされると危険。
砲神連波はダメージは低いが間合いが離れていてもヒットし、ガードされてもローリスク。ぶっ放しに向いている。

このように技の数自体は少ないが、性能は手堅くまとまっており全局面で安定した戦いができる。
しかしその分動きが読まれやすく、上位のガン攻めキャラ3人に比べると中段の崩しなど、攻めの手段がどうしても劣る。
それでも戦法自体は確立していることから、ランク的には上位3人の下に落ちついている。
ある意味プレイヤーの実力が最も反映するキャラクターと言えるかもしれない。


MUGENにおける李刀龍

  • Inverse氏
神威翔とともに製作した刀龍。
現在はMugenBR廃業によるサイト消滅でライバル共々入手不可。
おまけの人氏によってAIパッチが作成されている。

  • ですからー氏
SHO様も製作した氏によるもの。
原作のゲージが表示される他我慢補正を搭載。
AIレベルを最大11まで設定できるほか、その他オプションも変更可能。





      「そんなものか!」

出場大会

更新停止中