メトロイド


マリオカービィに並ぶ、任天堂のアクションゲーム『メトロイド』シリーズに登場する敵キャラ。
タイトルのせいで、主人公の名前だと勘違いされることでも有名。

緑色のクラゲのような外見をしており、常に空中を漂っている。
プレイヤーのサムス・アラン近づくと突然襲い掛かって来て、倒さない限りしつこく追いかけてくる。
捕まると体力を吸い取られてしまう。また、集団で襲い掛かり、耐久力もあるため倒すのは至難の業。
弱点は冷気で、幼生だと体温3℃以下で活動を停止する。アイスビームを撃つと身動きが出来なくなってしまうのでそこをミサイルで爆破する。

なお、この姿はあくまで幼生であり、『メトロイド2』の舞台となる惑星SR388の環境では「アルファメトロイド」、「ガンマメトロイド」、「ゼータメトロイド」と変態を繰り返し、最終的には凶悪な姿と戦闘能力を備えた成体「オメガメトロイド」となる。
更に1体だけ、最上位固体の「クイーンメトロイド」も存在する。
「アルファ」以降の個体にはアイスビームも通用しないが、ミサイルを何発も撃ち込めば倒すことが出来る。

ちなみにオメガメトロイドは『メトロイドフュージョン』にも登場したが、こちらではミサイルの代わりにアイスチャージビームが有効となっていた。
恐らく人工的に一気にオメガまで成長させた弊害と思われる。
その代わり出鱈目に強い。本来の過程を経た個体よりも強い。
サムスのあらゆる攻撃をものともせずに一撃で瀕死に追い込み、
プレイヤーを散々恐怖させたSA-Xを これまた一撃で無力化している

また、『星のカービィ3』にサムス共々カメオ出演し、カービィを見つけると猛スピードで接近して噛み付いてくる……が、
敵キャラではなくステージのギミック扱いでダメージもない。
何体か出現し、全滅させることが100%クリアの条件の一つになっているのだが、原作通りアイス以外の攻撃では倒せない。
メトロイドシリーズをやりこんでた人ならすぐにわかるのだが これが完全にノーヒントなため、カービィ3の100%クリアの難しさに一役買っていた。
ちなみに条件を満たしてステージをクリアするとサムスがメットを脱いだ姿になる。

スマブラXにもアシストフィギュアとして登場、ヒットした相手の頭にかぶりつき体力を吸収してダメージ%を蓄積させてくる。
ちなみに、「DX」では只のフィギュアで存在し、試合中に出現しない。

また、『光神話パルテナの鏡』には「コメト」という名のどう見ても小さなメトロイドにしか見えない敵キャラが登場。
続編の『新・光神話パルテナの鏡』の作中でもピットが突っ込もうとしたが、自然神ナチュレによって阻まれた。
曰く、こちらの世界とあちらの世界では関係ないらしい。

「そう言えばコメトって、小さなメトロイドの・・・」

「あぁ~っ! あぁあ~っ!!」

「ん? コメトって、小さなメトロ・・・」

「たらららったら~たららら~~~ら~~~ら♪」

+ メトロイドにまつわる戦いの記録 ※原作ネタバレ

MUGENにおけるメトロイド

+ 海外製  N64Mario氏製作
+ 作者不明 レナロイド

出場大会

出演ストーリー

Transfer Avengers(メインキャラ、マスコット)



添付ファイル