夜天光


「一夜にて
    天津国まで
      伸び行くは
        ( ひさご )の如き
          宇宙の螺旋」

「…女の前で死ぬか?」

劇場用アニメ『機動戦艦ナデシコ-The prince of darkness-』の主人公テンカワ・アキトの宿敵である、同作の敵組織「火星の後継者」の一員・北辰の搭乗する機体。
火星の後継者の前身に当たるTV版の敵組織・木連のジンシリーズ(エリート部隊用に開発された30m級有人人型戦闘機)の小型発展機である。
「夜天光」とは夜の自然光・微かな光、つまり「月明かり」のことで、影の存在である北辰らしいネーミングである。
主な武装はとミサイルポッド。各所に搭載されたブースターで「傀儡舞」(くぐつまい)と呼ばれる変則的機動を可能にする。
前述のジンシリーズに搭載されていた相転移エンジンは小型化技術が未熟なため搭載できず、
無人兵器用の高注力ジェネレーターを改造したもので代用されている。
出力不足でディストーションフィールドがコクピット周囲にしか張れないが、ブラックサレナのハンドガン程度なら軽く防げる強度を誇る。
短中距離単独ボソンジャンプユニットを搭載しており、A級ジャンパーであるミスマル・ユリカを
演算ユニットの「人間翻訳機」にした事でボソンジャンプ技術を独占、回数制限付ながらボソンジャンプを可能にした。
劇中でも火星の極冠遺跡から地球の秩父山中までジャンプしている。
ボソンジャンプやA級ジャンパー等の設定についてはブラックサレナの項目を参照されたし。

北辰の専用機と思われがちだが、あくまで上級指揮官用の機体で、
後日談にあたるドリームキャストのゲーム『機動戦艦ナデシコ NADESICO THE MISSION』にて
火星の後継者残党を率いる南雲義政中佐が搭乗し戦いを挑んでくる。

パイロットの北辰は「北辰衆」と呼ばれる木連時代から存在する暗殺集団のTOPで、木連の暗部を象徴する人物と言える。
影の存在を意味する夜天光のみならず、北辰という名前自体も人の生死を司る北斗七星と北極星を意味する言葉であるあたり、
暗殺含む汚れ仕事を受け持つ自らに対する強い自負が感じられるというか中二病乙というか
木連時代は頭部がのような巨大なクローキングディバイスになっているステルス仕様のマジンで
市民艦からの脱走者を非公式で追撃し、劇場版では火星の後継者の発起噴気の為にテンカワ・アキトらA級ジャンパーを誘拐、
更にホシノ・ルリの誘拐をも狙うが未然に防がれている。
その後ナデシコCの火星極冠遺跡への奇襲によりほぼ全ての部隊が掌握され勝ち目が無い事を悟りつつも、
アキトの抜き撃ちでの一騎打ちに応じるがアキトの肉を切らせたカウンターパンチによりコクピットの一部を潰されて死亡した。
+ しかし…(ドラマCDネタバレ注意)
北辰の声優は七色の声質で有名な山寺宏一氏。
氏には珍しいダークなキャラが本作の暗い世界観に合っている為か独特の人気を誇っている。

+ スパロボ等での活躍 (ゲームネタバレ注意)

(以上、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より一部加筆、改訂)


MUGENにおける夜天光

SSSS氏が作成したものがブラックサレナと共に公開されている。
グラフィックは『スーパーロボット大戦R』を基に、性能は「『A.C.E.』 + 『スーパーロボット大戦』を参考(製作者談)」にしている。
錫杖状態と素手状態があり、錫杖を持つ事で技が大幅に増える。
特にゲージ消費の錫杖鳴らしは地上Hitで相手を気絶と強力な技である。
またゲージを消費してストライカーの六連(むづら)で攻撃でき、
cns記述の変更で一切呼べなくしたり数の制限を無くしたりと変更が可能である。

出場大会

出演ストーリー




「怖かろう悔しかろう、
    たとえ鎧をまとおうと…
      心の弱さは守れないのだ!」