洩矢諏訪子

「そう、ただの神遊び、つまりお祭り

 今日は私の弾幕お祭りの番よ!」


東方Project』の登場キャラクター。初出は『東方風神録』Extraステージボスとしての登場。
名前の読みは「もりや すわこ」。彼女の名字が「洩矢」で神社名は「守矢神社」。ややこしい。
二つ名は「土着神の頂点」「はた迷惑な謎の神様」等。

「坤を創造する程度の能力」を持つ神様。「坤」とは八卦において「地」を意味する。
これは樹木を瞬時に生やし、即座に枯らすような文字通りの「創造」はもちろん、「地形を変える」ことも可能である。
他にも土で柱を作ったり岩石を作って飛ばしたり、水を操ったり
ここにミシャグジ様を使役する力も含まれてると思われる。また、見た目に反し(?)てマグマでも平気(マグマを地面扱い)。
専用BGMは「ネイティブフェイス」。東方でも屈指の人気曲にしてピアノ発狂曲と呼ばれる。

+詳細な原作設定
守矢神社の本当の祭神。東風谷早苗の直系の御先祖様である。
生誕、農作、軍事、様々な事柄の祟り神である『ミシャグジ様』を統括していた。
ミシャグジ様は蔑にするとたちどころに神罰が下るという恐ろしい神様であり、
これをコントロール出来るのは諏訪子だけである。
その為、彼女への信仰心は凄まじく、当時は神であると同時に一国の王として王国を築いていた。

しかしそんな彼女の元に大和の神々が侵略しにきたのである。
その先駆者が八坂神奈子であった。
大和の神々は、小さな王国を次々と自分の物にしていった。
最終的に全ての国を統一し、日本という一つの国にするつもりであると言った。

もちろん諏訪子は国の王として迎え撃った。
当時最先端であった鉄製の武器を持って挑んだが、神奈子は細い植物の蔓をかざすと、
諏訪子が持っていた大量の鉄の輪は、たちまち錆びてボロボロになってしまった。
こうして神力の差を確信した諏訪子は潔く王国を明け渡した。

しかし事態はそうもスムーズに行かなかった。
祟り神であるミシャクジ様の恐怖を忘れることが出来ず、
王国の人間達は新しくきた神様である神奈子を受け入れようとしなかったのである。

神奈子は信仰心が得られないのならと、この王国を自分の物にするのは諦めた。
代わりに新しい神様を呼び洩矢の神と融合させて、
その神様を王国の中では『守矢(もりや)』、外では建御名方神と呼び分ける事にした。
こうすることで王国を支配しているように見せかけたのだ。
そして神奈子は、諏訪子の力を借りて自ら山の神様として君臨する事になった。

この王国を支配したと言われる建御名方神(タケミナカタノカミ)とは、大和の神話の名目を保たせる為の名前だけの神であった。
実際は、諏訪子が引き続き王国を支配していたのである。
現在外の世界の神様は殆どが大和神話に置き換わったというのに、彼女は未だ古代の姿のままひっそりと信仰を得ていた。
(上述の諏訪子の姓と神社の名前の奇妙な関係もその辺に理由があるのだろうか?)

しかし科学万能の時代がやってくると神に対する信仰がどんどん失われていった。
諏訪子はさほど気にしていなかったが、
焦った神奈子は許可もなく勝手に神社を湖ごと幻想郷に持って行くという荒業を実行してしまった。
諏訪子が幻想郷で上手くやっていけるのか判らなかったが、最後の遊びとして楽しむ事にした。
何故、勝手に王国を捨て、幻想郷にやってきた神奈子と揉めなかったのかというと、
もう外の世界には未練が無かったからである。自分の名前を知っている人間は殆ど居なかったのだ。

実際のところ、神社の人間である早苗自身も諏訪子のことをよく分かっていなかった。
早苗は今では神奈子専属のであるが、
奇跡を呼ぶことが出来るのは前述のとおり神である諏訪子の遠い子孫だからである。
だが早苗はなぜ神社に二人の神様がいるのかすらよく判らないという有様(『風神録』の後知った可能性はある)。
もはや、諏訪子は忘れ去られようが何だろうが構わなかった。
むしろ幻想郷で第二の人生を送る事が出来そうで、実際は神奈子に感謝している。

なお、守矢神社の建前上の祭神である建御名方神は、大和の神々の敵である出雲の神であり
建前上は、建御名方神を特殊な注連縄で封印していることになっている。

そんな背景もあって表面的には隠居気味で丸い性格であり、どちらかというと彼女に近いと言える。
しかし、根は祟り神と言うだけあってナチュラルに怖い。
笑いながら「祟られちゃうよ?」とか「呪われてもしらないよ?へへ」とか言い出したり、伊達に恐怖で国を治めていた訳ではない模様。
人妖を見下している面も見え隠れする結構怖い神様である。

ちなみに服のリアルな模様は、「鳥獣戯画」とのこと。
市女笠にカエルを模した目玉が付いたような特徴的な帽子は、数あるZUN帽の中でもトップクラスのインパクトを誇り
非想天則では脱いだ帽子の中から一部の技やカードを出す描写もある。

+ミシャグジ様
古くは縄文時代より人々から崇められている神様である。
様付けで呼ばないと某ゲーム会社の様に祟られますよ。
というか単体でこの度MUGEN入りなさったので詳しい説明はこちらへ。

ミシャグジ様はヘビの神様であるという説の方が強く、
祟り神として扱われる事が多いが同時に子孫繁栄も司っており、ヘビの姿は男性器の暗喩でもある。ちなみに御柱も同様。

『東方Project』におけるカエル扱いは、原作者が蛇に見立てられる注連縄や蛙を生け贄にする神事から、
勝者側にヘビ、敗者の洩矢神側にカエルを当てはめた(一応洩矢神が蛙の神だという伝承はある)。

諏訪子のスペルにもその名前が登場しており、多数の派生を持つ。
『風神録』で放ったスペルカード『祟符「ミシャグジさま」』は延々と同じように交差弾を放ち続ける弾幕であり、
攻撃を加えれば加えるほど弾数も増え、残り時間が少なくなると発狂してとんでもない速度になる。
派手さはないが、まるで祟るようにじわりじわりとこちらの精神を削る嫌なスペルである。

『非想天則』ではコスト5の大技として『祟り神「赤口(ミシャグチ)さま」』が登場。
発生の遅いガード不能の射撃技で、ヒットすると巨大な白蛇が相手を取り囲み、暗転。
地上の相手にしか当たらず、グレイズは可能だし台風でもロックされないので当たらない。
一応確定連携がないことはないのだが、ぶっちゃけロマン技である。

『ダブルスポイラー』ではLevel11の最後で『土着神「御射軍神さま」』を披露した。
古刀を全方位に放つその姿はとても凛々しい。格好よいスペルカード名と合わせてまさにカリスマ。

どれも「さま」が付いていることに注目。付けないと祟られますいや本当に。

+二次創作での扱い
ファンからは、スペルカード『土着神「ケロちゃん風雨に負けず」』からとって「ケロちゃん」「ケロ子」(某薬局のカエルのマスコットとか、
撃たれると鳴く置物マネカンをやらされる魔法少女の相棒とかではない)、或いは「諏訪子様」等と呼ばれる。巷ではサンリオのカエルに準えて「すわっぴー」とも。
口癖は「あーうー」。「あぅ~」や「あぅあぅ」ではない(後者とは設定的に妙に共通点があるが…)、「あ~う」でもない。 もちろん 某首相 とも関係ない。
ゲーム本編では言葉に詰まって「あーうー まあ、私の神社だったんだけどねぇ」と
一回口走っただけなのだが、まあ東方二次創作ではよくあることである。

原作立ち絵の見た目からして子供っぽい感は否めないが、
神奈子や早苗との対比から完全な子供として描かれる事が多い。
巨乳美女に美乳美少女に貧乳美幼女と幅広いニーズにお応えですよお客さん!参拝しなきゃ損!

中身については見た目どおりの子供である場合と、
神奈子と同じく長く生きてきた神としての風格(カリスマ)を備えている場合と多々ある。

また「早苗は諏訪子の遠い子孫である」という設定に由来し、「子持ちの人妻」扱いされている。
子孫が居るという事は子供を生んだ事があり、子供が居るという事は旦那も居るということである。
もっとも、一夫一妻が当然の現代とは異なり、古代世界では「子供がいる=結婚している」ではないし、
そもそも日本の神は無機物を相手に子供を作ったりもするのだが、
諏訪子の場合は公式で詳細が明かされていないため、何ともいえない。
他のネタに比べれば地味ながらも"にわか"扱いされるかどうかの基準になる設定の一つにもなっている。
また、この手のネタでは対比として神奈子のほうが男性経験無しのような扱いを受けることもある。
ギャップ萌えという奴だろうか。良く分かります!

遥か昔、諏訪の国が神奈子に攻め入られる前は、ミシャグジさまの祟りを持って恐怖による信仰で国を治めていた
という外見に似合わない経歴から腹黒ドSキャラを務める事もある。
祟り神と言うのはあくまで信仰を無視したり蔑ろにするものに罰を与えるのであって、
普段から怖いだけの神ではないのだが、イメージから諏訪子にS属性が付いている時がある。
某パラレルワールドのパロディ

神様とは言え肉体を持ち普通に外の現代世界で暮らしていたと言う関係からか、
現代の文明の利器を色々と普通に利用しているとされる。

そのカエル帽子は完全に独立した別の気持ち悪いクリーチャーになっている事がある。
帽子が本体」と呼ばれる事も。或いはこれこそ「ケロちゃん」「ミシャグジ様」であるとか。
恐らく一番多い二次ネタである。
そうでなくとも帽子の目玉が表情豊かに彼女の気持ちを代弁していることは多い。

先述の通り諏訪子は妖怪ではなく神であり、かつ元からカエルを司っていた訳ではないが、
今ではすっかり自分自身がカエル化している。舌を伸ばして虫をキャッチしたりにんっしんっならぬさんっらんっしたり、更にはその卵に好きでもない雄の蛙達が赤ちゃんの素をかけてきたり
またカエル繋がりでチルノと絡む事も意外とあり、この場合カエルを凍らせて遊ぶのが趣味な彼女を制裁したり、
逆にカエルの仲間だからと凍らされそうになったり、はたまた普通に友達、下手したらそれ以上の仲だったり…と様々である。

東方Projectは全作品にボイスが無い(はいるが)ため、二次では様々な人が演じている。
有名どころでは「日本一ソフトウェア」でお馴染みの水橋かおり女史が演じたアニメがあり、別の作品では伊吹萃香河城にとりも演じている。
しかし、同じ名字のぱるぱる妖怪の役はしていない。

ところで、「何故先祖の彼女が金髪なのに子孫の早苗が緑の髪なのか」という議題が稀に挙がる事がある。
色々ファン妄想が提示され議論が白熱する中、いつも最終的に一番説得力があるとして話を終わらせる解答がある。
が混ざったんじゃね?」
…最初に考えた奴は天才である。

ちなみに、歴史に目を向けると諏訪は武田氏との関わりが深い(信濃諏訪氏を武田信玄が併呑した)ため、
毘沙門天の弟子である寅丸星との因縁が描かれるというケースもある。
特に『信長ゲボェ野望』等の歴史戦略SLG界隈においてよく見られるネタである。


「さてと、証拠隠滅、証拠隠滅

 こんな処でイジメてちゃ神様の威厳に関わるね」




+『東方非想天則』での性能
東方緋想天は時系列上東方風神録の後となったにもかかわらず登場しなかったが、
アペンドディスクの東方非想天則にて追加キャラ5人のうちの1人として相方をさしおいて参戦。
霊烏路空と同じくストーリーは無いが、東風谷早苗のストーリーにて登場。
ちなみに非想天則で出演したのには元ネタがある。それに関しては東方非想天則にて。
キャラの性能としては、どう見てもカエルです本当に(ry言いたくなるほどの挙動で、具体的には・・・

  • ニュートラルモーションがカエル座り
  • 歩きがない(カエル飛びになり、その間は空中扱い そして遅い)
  • ダッシュ時に地面にもぐり一定距離移動する。そしてその際 ZUN帽だけが地上に出て移動する
  • 飛翔回数が無制限だが、方向転換時に慣性がかかる。(ヨッシーのふんばりジャンプのような感じ、見た目的にバルーンファイトが一番近いかも)
  • そのくせ空中ダッシュは2回までの普通の性能。
  • 下飛翔をすると飛翔をせずに地中に飛び込む。 そしてそのまま地中ダッシュに移行する。
  • ついでに、スマブラヨッシーの最強攻撃であるバタ足キックがある。
  • しゃがみ時にどこからともなく葉っぱを生やしてその上に載る。 無論カエル座りで。
  • そのせいでしゃがみ時のほうが通常時より高くなるというとんでもない仕様。(下段には喰らい判定も存在しない)
  • 基本的に対頭上攻撃のJ8Aが逆に対地上用攻撃になっている。(判定も木の部分が下段、一応頭上にも判定はあるが主にコンボ用)
  • 地上限定や空中限定のみならず地中限定スペルカードが存在する。
と枚挙に暇が無い。

その他にも黒い顔をしながら相手を祟って状態異常にしたり、おもむろに地中からシステムカードを発動したり、
手を合わせながらオーラを放出したり、自身の力を使ってを生やしたり、巨大な手を作って押しつぶしたり鉄の輪を回したり
分身して体当たりしたり、川を決壊させ鉄砲水を起こしたり
オールウェイズ冬眠して体力を回復したり、祟り神を呼び出して見せられないよ!な攻撃したり。
「使うプレイヤーの方が初見殺しで倒される」という冗談まで飛び交う始末。流石は土着神である。

第一印象では「極めれば化ける」と期待されていたが別にそんな事はなかった。
ver.1.03までは弱点が多すぎて、強力な固めや地上での火力だけではどう頑張っても補えないほどだったのだ。
特に接近自体が困難で遠距離戦も辛い衣玖パチュリー相手の相性はすこぶる悪かった。
衣玖に対しては、近づけば真空判定の袖+遠ざかれば速射6Cを徹底されると、回避性能の低い諏訪子はほぼ何もできない。運よく触れてもコンボが殆ど繋がらない。
こんな調子で適当にあしらわれてカードゲージを溜められ、かの悪名高い『龍魚「龍宮の使い遊泳弾」』を引かれたら最後、袖>遊泳弾+起き攻めで最悪8~9割吹き飛ぶ。
おかげでtenco!キャラ対キャラ統計の勝率上で、おおよそ衣玖:諏訪子=9.5:0.5という結果に至ってしまった。
パチュリー、特に風水パチェ(ウィンターエレメントとスプリングウィンドを積んだパチュリー)に対しては、相手のドーピングが完了した後に中距離程度まで離れると、
まともな移動を持たない諏訪子はあらゆる行動がスプリングウィンドに吹き飛ばされるので、「ウィンターエレメントで制圧しながらスプリングウィンド」を繰り返されて終了。
熟練の諏訪子使いでも無理ゲーと言わしめるほどの酷さだった。(尤も、風水を積んでいなくてもパチェ:諏訪子は勝率上では 9:1 レベルではあるが)
とりあえずSFⅡの待ちガイルザンギとかサムスピ零のナデシコッぐるじおレベルの詰みっぷりといえば大体納得してもらえるだろうか。
また上記ほどの詰みゲーではないが、対お空についても、
少しミスすれば3~4割持ってかれる火力、近~中距離の諏訪子に対して実質ガー不攻撃として使え且つ遠Aなどを一方的に潰せる空ガ不可超判定3A、対空を潰す強判定JA。
更に「固めている方が不利」とまで言わしめたゲーム中最強のガー反や暴れ4Aで強制的にターンを奪われ、遠距離では全ての射撃がC射一発でかき消されるなどと
なかなかの理不尽っぷりであったため、お空wikiの諏訪子対策のページでは全ての項目が「○○を振ればいい。大幅有利。」の 2文 で片づけられてしまったことも。
(これに対する諏訪子使いの反応は「悲しいけど事実だからしょうがない」)
結果、「蛙鍋」「理論上中堅」「ゲームに参加できていない」「唯一神」などの不名誉な呼称を頂くことに。
待ちや逃げばかりで長期戦になりがちなせいで、弱キャラと分かっているのに対戦でウザがられることもあるという二律背反的な素質まで持つ。

射撃をバラ撒いて牽制し、J8AやJ6Aなどの奇襲やグレイズ狩りで相手を転ばせてからが本番。
多くのキャラの固め能力が低下した今、その固め強度はトップクラス。
豊富な技数を生かしたその固めはまさに変幻自在。 但し、1.03までの諏訪子の固めは実は安定結界ポイントや抜けポイントがいくつもある「分からん殺し」だったりする。
鉄輪による固め継続可能なグレイズ狩りも強力で、
源符「諏訪清水」や土着神「手長足長さま」を低空で発動し暗転前に着地することで着地硬直を消す「諏訪キャン」という上級テクニックも。
その癖の強い性能を引き出しきって他キャラと互角に戦う諏訪子使いは「 修羅子 」と呼ばれて恐れられる。

Ver1.10で大幅な強化、変更がなされ、かなり強く、そして戦いやすくなった。
具体的には、多くの通常技、必殺技の発生が早くなったり色々強化された。
地中で行えることが増えた為、デッキタイプによっては本来のトリッキーな動きができるようになった。
ついに念願の出始め無敵スペカをゲット(それでも発生が少し遅いので見てからガード間に合ったりする。)
今までほぼ完全に死んでいた「大地の湖」や「祟られた大地」などが超強化された為、折角のデッキ制なのに入れたいカードを選べないということが少なくなった。
これでもまだ前述の特に不利とされるキャラ相手にはまだ辛い一面を持つが、以前よりは一気に食ってしまえる場合が増えているのでやはり強くなったと言っていい。
「極めれば化ける」というが本物となった彼女の時代がついに来た!

余談だが、諏訪子使いは「信者」「氏子」を自称し、仲間意識が強い。まあ1.03までは最弱だったから…。
諏訪子に折れて他のキャラを使うと祟られる」「相性が悪いからといって諦めると祟られる」などとまことしやかに語られる。
(前者は「 諏訪子の特殊な挙動に慣れてしまった結果、逆に他キャラを上手く動かせなくなる 」という形で本当に起こり得るから困る)
+諏訪子様のありがたいお言葉
         , -‐ 、, -─-- 、.,_         負けたら殺す
        ,.i (:::)!       `ヽ,. -、     コンボミスったら殺す
       ./ ゝ-‐'     _____  !. (::)    他キャラ使ったら殺す
     _,./__,,. -‐ ''"´ ̄ ̄`"'' .、`ヽ,ー:'     毎日使わないと殺す
  ,. ''"´ /´ / ;'  _;'_;'_ !  /!  ;`ヽ,ヽ、     スペカを外したら殺す
  '.、  .;'   ', i ´ハ_」_/|/ ! メ! ,!ヽ,. ヽ.    冬眠に攻撃を仕掛けた奴は殺す
    `Y    i Vレ'7´;' ,ハ 三 レ'_」ソノ., ',   ';   私のライフを1ドット以上削ったら殺す
   _ノ     i ,ハ i. '、_ソ =Ξ ;',ハY.ノ i   i    帽子を笑った奴は殺す
   `.>'    (__⊂⊃    Ξ  '、ソノ!イレ'  ノ    本体と言った奴は殺す
   ∠._   ノ  | |、   ,.-┐  ⊂!_)‐''"´      ロリと言った奴は殺す   
     レ'´ヽ、 ! iソ>,、.,,_  _,,. イ |ヽ.         貧乳と言った奴は殺す
         'ァ|  !>;`ヽ、「、,ハ.|  !ヘ)         私の視界に入った奴は殺す
         / !  !、::ヽ、.,___ノヽ. !  |           何もしなくても殺す
       ,:'  `ヽ! ';::::::::ヽ::`'; 'レヘ!            とりあえず殺す
       / _,,. -‐rァ-、::::::::::r‐''i7ヽ、            殺す
      ;' ァ'´   i,/ ̄`ヽ;:::`i、,| !  ';            殺すコロスころすブッ殺すムッコロス
最早祟り神を通り越し死神です本当n(ピチューン)


天候は「梅雨」。効果はダウン時に高くバウンドし、ダウン追い討ち可能になるというもの。
キャラによるが、梅雨専用コンボを組めばコンボダメージが上昇する場合が多い。
ただし、limit値や受身不能時間はそのままのためコンボがループすることはないし、
魔方陣が取れない受身不可技で締めているコンボの場合、相手に受身を取らせてしまうことがある。
諏訪子様本人との相性はあまり良いとは言えないが、
コンボに組み込んでも4割以上はほぼ確定なスペル赤口様を繋げられるルートの増大、
書き換えスキル「古の鉄輪」を使用しているデッキなら通称「鉄輪ループ」という
ノーゲージ最大5割を叩き出すコンボが狙える等、ロマン溢れる天候となっている。

早苗ストーリーのラストスペルの「幻想郷空中神戦」は、従来の縦STGを横視点でやるような展開になる。
空中なので足場は無いが、ダウン攻撃をくらうと復帰が遅れるというような描写になっている。
「すげぇあの神達、落ちながら戦ってる!」事からプレーヤーからZUN道と呼ばれたり。
+余談
諏訪子のドット絵は3Dモデルを作って2Dに落としてドットにするという手法で行われた。
昨今の大手格ゲーメーカーでは多用される手法だが(最近の有名どころではKOFXIIで、公式に作業手順が紹介されている)
同人サークルである黄昏フロンティアとしては異例。
これによりクオリティを維持しつつ工期を大幅短縮できたとか。

高クオリティで非常にぬるぬる動く。何故見えない。

また、上記のように諏訪子がとんでもない性能になったのは、
東方の原作者であるZUN氏(神主)のアイデアを、黄昏フロンティアが全て忠実に実装したかららしい。
後にZUN氏は「全部聞かなくてもいいのに(笑)」と言ったとか(無論、褒め言葉である)。


MUGENにおける洩矢諏訪子

『非想天則』発売前から手描きドットで二体(発売後に更に一体)製作されている。
原作からしてモーションが独特なせいか(はたまた神様だからか)、凶悪キャラもそれなりに多い。

手描きドット及びその改変

+しーぽん氏製作「洩矢諏訪子」
  • しーぽん氏製作「洩矢諏訪子」
チェンシロウの人ことしーぽん氏の二作目のキャラとして製作された。現在ver1.00が公開されており一応完成版とのこと。
大きさに比例してa打撃のリーチが短く、ティッシュジャンプなため相手に接近するのも一苦労である。
射撃の種類が多いため遠距離での戦いを得意とする反面、スペルカードが発動に時間が掛かるものが多いなどの理由で中距離戦は苦手。
試合中一回のみ使用できる3ゲージ消費のスペカ『祟符「ミシャグジさま」』は一定間隔で弾を発射し、固めや相手のコンボ・起き攻めを拒否できるなどして便利。
公開当初AIは搭載されていなかったが、8月に作者制作のAI(作者曰く「なんというノーガード戦法…なAI」)が搭載された。

+En氏製作「洩矢諏訪子」
  • En氏製作「洩矢諏訪子」
メルブラ風にアレンジされた諏訪子、通称:MB諏訪子。オリジナルドットが使われており、とても滑らかに動く。
蛙らしくハイジャンプが速さと高さで優れている。
帽子でガードしたり、帽子が伸びる技があったりして微妙にシュールである。ダウンすると帽子がたまに飛ぶ。
さらにこの帽子、ニュートラルポーズだと目玉がぐりぐり動き、ガードに使えば思わず目をつぶり、
超必のときは目から冷凍光線を放つ。そして伸びる。もはや諏訪子とは別の意思を持った存在と化してしまったようだ。
こちらはAIなしの状態も含めて4段階に調節できるAIが搭載されている。
現在はキャラ公開サイト廃業で入手不可。
Read meには「1 VS 1、2 VS 1専用。もしかしたらマズイことが起きるかも、です。」とあるが
En氏によるとタッグとは関係ないとのこと。
+!?

+猫月氏製作「洩矢八重」
  • 猫月氏製作「洩矢八重」
タタリの力を手に入れた洩矢諏訪子。設定上は洩矢諏訪子の子孫で、祟り神の力が強く出た結果らしい。
レイス氏のワラキアの夜のスプライトをEn氏が作成した洩矢諏訪子のスプライトにほぼ差し替えたもののため、AIもそのまま流用されている。
ボイスがFateの間桐桜のものであるが、一部ワラキアのボイスが混ざりこんでいる。

その後、氏本人によって全く新しいキャラとしてリリースされた。

差別化を図ったためか異様に大きい胸をしている。実にけしからんな!
AIは入っていないが、動画投稿同日にsight氏によるAIが公開された。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14847723

+Robo氏製作「洩矢諏訪子」
  • Robo氏製作「洩矢諏訪子」
にゃっこを製作された氏らしく細身でかわいらしい手描きキャラとして製作された六頭身の諏訪子。
鉄輪や槍を投げたり、帽子の目玉を飛び出したりして攻撃する。
画面を縦横無尽に暴れまわる鉄輪などの遠距離攻撃が強力なだけでなく、なんとかして接近しても
地面から突然ご立派な松茸が生えて吹っ飛ばされたり、バスケ紛いの空コンから体力を吸収する投げ
繋いだりと近距離でもなかなか凶悪な性能をしている。さすがはEXボスである。
3ゲージ超必の「赤い三連星」は空中ガード不能で補正もかからず、クリーンヒットすれば即死級の大ダメージ。
Silvan氏からAI搭載を含めた改変ファイルが公開されているほか、最近の更新で本体にも標準AIが搭載された。

+lunatic氏製作「グランドマスター諏訪子」
  • lunatic氏製作「グランドマスター諏訪子」
En氏のドットを改変した、凶悪アレンジの諏訪子。通称:GM諏訪子。
ちなみに氏曰く「祟り神のイメージ0で作ってた」らしい。
水をイメージした派手で美しいエフェクトが神々しさを感じさせる。
なお、強さは1・6・7・12P(最強カラー)>>2・5・8・11P>3・4・9・10Pとの事。
KOS-MOS氏によってボイスパッチが制作された。

+PandaciaLake氏及びnyorochi氏製作「Case-666」
  • PandaciaLake氏及びnyorochi氏製作「Case-666」
海外の製作者PandeciaLake氏と共同で作られた。GM諏訪子と同じくEn氏改変。
グランドマスター諏訪子とは対称的にドス黒くダークなイメージを強調している諏訪子。
アーマー貫通砲を始めとした様々な即死を搭載している上、かなり高い即死耐性を持っている。
強さ的にはグランドマスター諏訪子と同等かそれ以上の神上位レベル。
作者によると、神上位以上にはしない方針らしい。

+エメル氏製作「Vesta」
  • エメル氏製作「Vesta」
上記の2体と同じくEn氏の洩矢諏訪子改変。
火をイメージした少し控え目なエフェクトと、空中での機動力の高さが特徴。
12Pで混線解禁、および特殊なダメージ条件(「ぎりぎり汎用で倒されるレベルを想定」※readmeより)
作者によると上位神程度の強さ。諏訪子最強を目指しているとの事。

なお、Vestaとはローマ神話における、かまどの女神ヴェスタのこと。


非想天則ドット

+水影氏製作「洩矢諏訪子」
  • 水影氏製作「洩矢諏訪子」
非想天則準拠の諏訪子。テスト版のためスキカが未対応だが総じて再現度が高い。
現在はsekt氏によって代理公開されており、同氏による外部AIも公開されている。

+Ricepigeon氏製作「洩矢諏訪子」
  • Ricepigeon氏製作「洩矢諏訪子」
なぜか帽子が戦うキャラとなっている。defファイルのキャラ名も「Ebil_Het」になっている。
Evil」ではないらしい。ただの誤字かもしれないが。
最初の時点では非想天則ドットの諏訪子が現れているが、始まるとすぐに諏訪子本体が消えて帽子のみになる。
光線や電撃などを放つ攻撃が非常に強力で、浮遊している上に帽子自体の喰らい判定が小さいのでかなり強い。
AIは搭載されていないが、そもそも行動パターンが非常に少ないので不要かもしれない。
そして何故か有間都古の声で喋る(上記のドラマCDではレンの声だったり)。
現在は公開停止。

+deretun氏製作「洩矢諏訪子」
  • deretun氏製作「洩矢諏訪子」
非想天則ドットのアレンジ諏訪子。
帽子に逃げられたという設定で、全てのスプライトが帽子の無い状態になっている。
また原作と違い、歩こうとするとパタパタ歩き、さらにしゃがみ操作で普通に姿勢が低くなるなど、
操作系統がクセの無い感じにアレンジされている、かわいい。
そのため元ゲーとは違い、トリッキーな動きで相手を翻弄できるキャラになっている。

上記のEbil_Hetとタッグを組めば相性いいかもしれない……ような気がする。
その場合イントロで諏訪子が二人になるが、神様は分身出来るので問題無し。多分。
なんてことを言ってたら、12Pに「神様は無限に分けられるのよね~モード」が搭載された。
なお、「イントロで諏訪子が二人」自体は特殊イントロの実装により解決された……が、元が元だけにまだシュールだったり。

+soruzin氏製作「フォルトゥナ諏訪子(F_Suwako)」
  • soruzin氏製作「フォルトゥナ諏訪子(F_Suwako)」
バルバトス小町や、エルレイン紫といったテイルズ風改変でお馴染みの新作。
TOD2のフォルトゥナ風のアレンジとなっている。
時に(水柱に乗って)攻撃が届かない上空から晶術を撃ってくるのも原作通り。

+にんにく氏製作「諏訪大陸」
  • にんにく氏製作「諏訪大陸」
大陸移動、地震によるよろめき、溶岩の熱の三点で戦う、いわば大地の自然現象をコンセプトとした改変。
立ち、しゃがみ(蛙型の岩に乗る)、地中の3つの状態を攻撃しつつ行き来出来るという原作っぽい操作感を持つ。
またこれまで製作した台風鳥座チリーと同じくタッグでは一定時間で蘇生する。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19687069


他、前述のF_Suwakoを始めとした東方のテイルズアレンジキャラや靈異伝ライフバーに定評のあるsoruzin氏が幻想郷空中神戦ステージ(諏訪子ラストスペル専用ステージ)を再現している。
原作では常に落下状態でSTGの如く戦う仕様だったが、MUGENの仕様上ステージ側だけでは再現出来ない事に留意されたし。


出場大会

+一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
凍結
更新停止中
【GM諏訪子】
【洩矢八重】
【諏訪大陸】
【ヴェスタ】

出演ストーリー

+一覧
MUGEN STORIES INFINITY
~Restaurant Dolls~(En氏、本気の時はGM諏訪子)
SOS団と3人の姫君
S&S ~ようこそ、古明地探偵事務所~
Tea Party of Witches
Timekeepers
Transfer Avengers
暁家の悪魔(オマケ出演が多め。未戦闘。番外編「赤鋼家の猫」にも出て…いる?)
ウドン13
織姫座のバルログ
鬼穣子の昔話(GM諏訪子)
影気ままなストーリー
神奈子の野望(メインキャラ)
がんばレイセン!(En氏)
がんばレイセン!R2
こんな緋想天は嫌だ
サイキョー流珍道中
志貴と無限市物語
それは意味のない交差
血が嫌いな吸血鬼
とある吸血鬼の東方見聞録
豆腐屋 早苗さん
東方先代録(洩矢八重)
東方妖夢伝(洩矢八重)
半人半霊のこころ
むげコン!
(第1回)└ そうだ!カジノに行こう!
夢幻暁光奇譚
無限市吸血鬼事件(エロ神、
無限の果てに。
もこや営業中!
厄神さまのおしごと
宝石少女とツギハギのカミサマ
ラディッツがMUGENで幻想入り
ロックマンゼロが幻想郷の住人と戦うシリーズ
わたしたちのすわこさま(主役,En氏作)
香霖堂夜想曲

プレイヤー操作

ランダムセレクトでサバイバルは制覇できるのかー(「part43」MB諏訪子、「part86」グランドマスター諏訪子)