マスターハンド

"HUHAHAHAHAHA…………!"

大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズにおける一人用モード「シンプル」でのラスボス

任天堂キャラのフィギュアがイメージの中で戦うという「この世界」の創造主であり「創造の化身」と言われる。
巨大な右手の姿で、イメージと現実世界の橋渡しをする。は作品ごとのナレーター*1が担当しているが、
収録されているのは登場時に発する笑い声とやられ声の2種類のみ。
幾多の戦いを勝ち抜き、イメージと現実の狭間「終点」に辿り付いたファイターと戦うことを最上の喜びとしており、
初代のオープニングでは机の上にキャラクターの人形をセッティングする彼(?)の姿が見られる。
また『DX』からは「破壊の化身」と称される左手の「 クレイジーハンド 」が登場。
その名の通り狂ったような動きをするため、どこか異様な雰囲気を醸しだしている。
ちなみに、キャラクター選択画面でプレイヤーが操作するのもハンドだが、これは「カーソルハンド」という別人(手?)らしい。

常時アーマーで掴みも無効、そしてスマブラでは異例の「HP」を持っており、HPを0にすることで撃破となる。
ただし、HP制のキャラでさらにアーマーがあるため連続ヒットする空中攻撃やスマッシュ技に非常に弱く、
ヨッシーの空中下攻撃、サムスやDXのガノンドロフの上スマッシュ攻撃などが
簡単に全段ヒットしてしまうので、そのような性質の技を持つキャラクターなら秒殺することも可能である。
攻撃方法は身体全体を使ってのビンタやパンチ、叩きつけ、握りつぶし、指先から放たれるレーザー、銃を模しての射撃など。
クレイジーハンドは難易度ノーマル以上かつノーコンティニューで総合5分50秒以内にマスターハンドの体力を150未満にすると乱入してくる。
『X』の場合、難易度むずかしい以上かつノーコンティニューで9分以内に終点まで辿りつけばマスターハンドと共に出現する。
右手より狂った動きでモーションが同じ技でも性能が異なり、更に相方が健在だと強力な合体技(パンチキャッチ、拍手等)を使ってくる。
また『DX』のイベント戦では最初から2体のハンドが登場している状態で戦う「最終決戦」が存在する。

+ 『for』におけるマスターハンド

+ 亜空の使者での活躍

そのアクションデザインの元になったと言われているのはスマブラシリーズと同じくHAL研究所が製作したアクションゲーム
『星のカービィ スーパーデラックス』のアクションモード「洞窟大作戦」のラスボス「魔人ワムバムロック」であると言われており、攻撃方法が非常に酷似している。
また『星のカービィ 鏡の大迷宮』にはマスターハンド自身が中ボスとして登場しており、ステージ9ではクレイジーハンドと共にボスとして登場する。
中ボスとして登場するマスターハンドは倒してカービィが吸い込むと、スマブラで使った必殺ワザが再現出来るコピー能力「スマブラ」が手に入る。

ちなみに『DX』にはマスターハンドを使用できる実機裏技が存在しており、プレイヤーが使えたりする。
各種攻撃にはちゃんとコマンドが割り当てられているので、技を選ぶ事も可能。
また、キャラの特性上HP制乱闘でない限り撃墜される事は無い。


MUGENにおけるマスターハンド

MUGENではN64Mario氏が製作している。
星のカービィ鏡の大迷宮の画像が使用されており、ライフが半分以下で一部の攻撃が強化されたりと、その完成度は高い。
しかし常時浮遊・常時スーパーアーマーなど仕様が特殊なため一般トーナメントに出ることが少ない上、
アーマーも弱いために小パン連打であっさりハメ殺されたりと微妙な強さなので凶悪キャラ系トナメの出番もごく稀。
とはいえ、MUGENMADにはそこそこ出演しているらしい。
マスターハンドの勇姿(というより、ハルカアチャモの頑張りが目立っている気が…) http://www.nicovideo.jp/watch/sm1145460
また、パワーゲージが常に0で固定されており、
タッグの相方がどんなに頑張っても増えることはないので、ゲージ依存のキャラだといつまでもチャージし続けたり、何もできずに倒されることもある。
他にも、投げ技を無効化する敵にステージ端まで運んで叩きつける技を当てると画面外にめり込んでフリーズする不具合も確認されている。

出場大会

更新停止中

出演ストーリー



*1
初代はジェフ・マニング氏、『DX』はディーン・ハリントン氏、『X』はパット・カシュマン氏、『for』はザンダー・モーブス氏。
ちなみにザンダー氏は「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii Uがスゴい50の理由」の英語版ナレーションも担当している(日本語版は杉田智和氏)。