ゴレムス

スクウェアエニックスのRPG『ドラゴンクエスト』シリーズに登場するモンスター。
種族名は「ゴーレム」。「ゴレムス」は、敵であるモンスターを仲間にすることが可能になった『ドラゴンクエストⅤ』での
1匹目の名前であり、それ以降でのゴーレムのデフォルトネームである。
ちなみにVでのゴーレムの2匹目からの名前はサンダー、オリオン、いしお(SFC)、ホンマ(PS2)、オヌマン(DS)である。

+「ゴーレム」について
デビュー作品はスライムと同じ 初代 。歴史のあるモンスターである。
ブロックを組み合わせて作った巨人のような姿をしている。

初代では、城塞都市メルキドを守護するモンスターとして登場した。
中ボス的扱いであり、攻撃力は登場する敵でラスボスの竜王に次ぐ高さ。
普通にプレイしていた場合のレベルでは、まともに戦ってはまず勝てないほどの強さである。
ただし、重要アイテム「妖精の笛」を使うと眠ってしまうため、その間に攻撃すれば勝てる。
報酬は経験値5ポイントと9ゴールドなので笛なしで戦うメリットは皆無。

また、「知られざる伝説」において、もともとはメルキドに入ろうとする魔物を倒していたが、
鬼面道士がメダパニ(錯乱呪文)をかけたため、入る者と出る者を無差別に攻撃するようになった、という設定がついた。
メダパニをかけられてなお敵にならないあたり、忠誠心の高さが伺える。

漫画「トルネコ一家の冒険記」にも似たような設定のゴーレムが登場した。
こちらでは石大工が命の石を与えて組上げた物で町に入ろうとする「魔物」を撃退するという命令を与えるはずが、間違えて通ろうとする者全てに攻撃するという命令を与えてしまって無差別に攻撃していた。
最終的にトルネコの封印の杖で怪力を封印されて命の石を取られた事で機能停止した、因みに石大工は町の人に軽口を言われながらフルボッコにされた。

以降のシリーズでは中ボスでこそなくなったものの、いくつかの作品に登場している。
しかし、『7』では久しぶりに(最初に戦う)中ボスとして登場している。


仲間モンスターとしての性能は、攻撃力と防御力がやや高く(最大レベルまで育てれば攻撃力は最大まで上がる)、素早さが低いパワーキャラ。
だが、消費なしの全体攻撃である「いなづま」や、消費なしの自己回復である「めいそう」などの
強力な技も覚え、はやぶさの剣などの高性能な装備も可能なため後半戦では重宝する。
低いすばやさもほしうるうでわを装備することでカバーしたり、
素早さと引き換えに高い守備力と耐性を得る魔神の鎧を装備し、鉄壁の壁役・回復役としても良しと多様性がある。
呪文攻撃や炎・吹雪への耐性はさほど無いがレベル50まで成長する事、そして何よりも仲間になりやすい為、
最後までスタメンだった方も多いであろう。


MUGENにおけるゴレムス

Sylphyne氏が制作したものが存在していたが、2016年11月のniftyのアットホームページ終了によるリンク切れで現在入手不可。
投げ技を主体としたパワーキャラであるが、地震を起こしたり柱を呼び出したりと、
原作にはないもののイメージ的に使いそうな技をいろいろと搭載している。

ゲージ技として一回転投げと、原作にもある「いなづま」をもっている。
この「いなづま」は癖のある技だが、使用してからしばらくゴレムスが帯電して
通常技に削り能力や飛び道具打消し能力がつくというオマケ効果がつくようになっていて侮れない。
それでもスラりんの灼熱に比べると使いにくいものではあるが。

欠点はパワーキャラにも関わらず総じて技の威力が安いこと。もっとも威力の高い2ゲージ技でも3.5割ほどしか減らない。

ちなみに挑発ボタンをおすと足元に砂でいろんな小型建造物を作る。ためしてみよう。

クモ氏によるAIパッチが製作されていたが、Yahoo!ブリーフケース終了のため、入手不可。


出場大会


出演ストーリー