ゴレムス

スクウェアエニックスのRPG『ドラゴンクエスト』シリーズに登場するモンスター。
種族名は「ゴーレム」。「ゴレムス」は、敵であるモンスターを仲間にすることが可能になった『ドラゴンクエストⅤ』での
1匹目の名前であり、それ以降でのゴーレムのデフォルトネームである。
ちなみにVでのゴーレムの2匹目からの名前はサンダー、オリオン、いしお(SFC)、ホンマ(PS2)、オヌマン(DS)である。

+ 「ゴーレム」について

仲間モンスターとしての性能は、攻撃力と防御力がやや高く(最大レベルまで育てれば攻撃力は最大まで上がる)、素早さが低いパワーキャラ。
だが、消費なしの全体攻撃である「いなづま」や、消費なしの自己回復である「めいそう」などの
強力な技も覚え、はやぶさの剣などの高性能な装備も可能なため後半戦では重宝する。
低いすばやさもほしうるうでわを装備することでカバーしたり、
素早さと引き換えに高い守備力と耐性を得る魔神の鎧を装備し、鉄壁の壁役としても良しと多様性がある。
呪文攻撃や炎・吹雪への耐性はさほど無いがレベル50まで成長する事、そして何よりも仲間になりやすい為、
最後までスタメンだった方も多いであろう。


MUGENにおけるゴレムス

Sylphyne氏が制作したものが存在していたが、2016年11月のniftyのアットホームページ終了によるリンク切れで現在入手不可。
投げ技を主体としたパワーキャラであるが、地震を起こしたり柱を呼び出したりと、
原作にはないもののイメージ的に使いそうな技をいろいろと搭載している。

ゲージ技として一回転投げと、原作にもある「いなづま」をもっている。
この「いなづま」は癖のある技だが、使用してからしばらくゴレムスが帯電して
通常技に削り能力や飛び道具打消し能力がつくというオマケ効果がつくようになっていて侮れない。
それでもスラりんの灼熱に比べると使いにくいものではあるが。

欠点はパワーキャラにも関わらず総じて技の威力が安いこと。もっとも威力の高い2ゲージ技でも3.5割ほどしか減らない。

ちなみに挑発ボタンをおすと足元に砂でいろんな小型建造物を作る。ためしてみよう。

クモ氏によるAIパッチが製作されていたが、Yahoo!ブリーフケース終了のため、入手不可。


出場大会


出演ストーリー